Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

忘れらんねえよ

2015年07月号掲載

忘れらんねえよ

忘れらんねえよ

Official Site

メンバー:柴田隆浩(Vo/Gt)

インタビュアー:石角 友香

-でも怖さと同時に笑えるんですよね、大方の曲が。

そうそう。そこから入るんだけど、"あ、こいつ泥水飲みながら、でも前向こうとしてんだな"とか、そのふたつの要素を表現したいってのはすごくある。狂おしいものだけでドーン!と行きたいとは思わないな。

-そしてリード・トラックの「寝てらんねえよ」は発明ですね。

うん。発明だと思う。これはうまくいったと思う。

-愚痴ですからね(笑)。

そうそう(笑)、愚痴だから。けど、1番最後の2行が気に入ってて......NARASAKIさんと、結構歌詞の話もしたんですよ。で、最初は別の言葉だったの。それを"なんだっていい全部やるよベイベー この世界のこと"って、最後だけ変えたんです。でもそれだと最後まで内面の話に終始してと、暗いまま終わるんじゃないか?と。それで"このクソみてえな世界を どうしたらいい教えてよ なんだっていい全部やるよベイベー"ってどうですか?ってNARASAKIさんに訊いたら、"これめちゃくちゃいい"と。この狂おしいサウンドの中で、でも、外を向くからよりどっちも際立つというか、外を向いてることの美しさが出るみたいな、うまく口で説明できないですけど(笑)。で、外を向けたんです、最後に。そこは良かったなと思う。

-ほとんど洒落にならないぐらい前半が具体的な後輩バンドへの妬みですから。

完全にキュウソのこと言ってますからね(笑)。

-(笑)具体的すぎるんで半分は笑えるじゃないですか?

そう。そこはこだわった。文句になったら全然面白くないから、笑えるようにした。要は"そういうふうに言ってる俺、超ださいっしょ?"っていう表現つうか、笑いにしてる。

-しかもその笑える内容を凄まじいテンションで表現してるから怖さがあって。

ああ、嬉しい! その、笑いの先にある怖さがそういうふうに伝わってるのはとっても嬉しい。

-でも1曲だけかわいい曲があって、Track.3「愛の無能」という。1番切ないヤツですね。

これもね、実は隠れて新機軸なんですよ。

-ていうか思いっきり新機軸じゃないですか(笑)。

そう。これね、NARASAKIさんの才能が爆発してる曲なんですけど、プログラミングもすべてNARASAKIさんです。俺らはもうもとの楽曲を提供したぐらいですね。

-キラッキラな感じに仕上がってますね。

ね? 最初1Aのしょうもない歌詞あるじゃないですか。

-ワインを右に回すか左に回すかと下ネタの対比のとこですね(笑)。

超自信あるんですけど、ここの歌詞(笑)。すげぇバカじゃないですか? それでサビで、そのどうしようもない人間の、モノローグというか独白があって、"俺に愛される才能をくれ"って、1Aと1サビでひとりの明確な人間を書ききれたと思って。"あ、この人間を描き出したかったんだよ。このどうしようもないヤツを"って。それで、NARASAKIさんが、夜の首都高をひたすら走ってて、いっぱい街の光がうわ~って流れていってる、でも無機質、みたいな音を作ってくれて。そこから2番のAメロの歌詞が出てきて。俺、東京に出てきて好きな子がいて、でもその好きな子が全然振り向いてくれなくて、"俺、ひとりだ""この大都会にひとりで立ち向かってんだな"って。3番のAとかモロそうなんですけど、"街の光 光"みたいな。その世界を想起して、サウンド聴いて。で、そっからバーッて速攻書いて。で、ちゃんと俺のあのときに思ってた内面の叫びみたいなところ?その、心が悲鳴を上げてる感じみたいなところまで全部書ききれて。だからバカなところからすごく内面の深いところまで全部行ききったから、結構歌詞は自信作だし、サウンドはクソ新しいから、これはね、やばい。"リードにした方がいいいんじゃないか説"もあったんですよ。けど、あまりにもアルバム全体の世界観じゃない。通底音では繋がってるから、アルバムの中に入れると繋がるんだけど、ピンで出したらそれはアルバム全体を表現したものにならないからってことで。