Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

GOING UNDER GROUND

2012年11月号掲載

GOING UNDER GROUND

GOING UNDER GROUND

Official Site

メンバー:松本素生 (Vo/Gt)

インタビュアー:吉羽 さおり


―なるほど。一回ボツにしたときの曲っていうのはここには残ってないんですか。

残ってますよ。“コーンフレークダイアリー”と“Shining”と、あとはシングルだった“愛なんて”と、“1998~土曜日の夜、日曜日の朝~”はそのときから残ってる曲ですね。

―ああ。なんとなく匂いはあったんですね、そのボツとなった作品にも。

そうですね。気持ちがマイナスになるものとかはみんなそうだと思うけど、今そんなに必要ないし、聴きたくないなみたいのはあるじゃないですか。それはもう生理的なところで。そういう匂いがするなみたいな曲はライヴでやってもノレないから自ずとはずれていくし。

―かといって、押せ押せの曲でもないっていうのが今作だと思うんですよね。アレンジもそうですが、いいレイドバック感があって。ある年代にとってはすごく懐かしいなという雰囲気が匂う、80年代感、シティ感が流れていて。

家で聴いていて聴けるアルバムにしたかったんですよね。それも自分で、すげえ年をとったなと思ったんですけど(笑)。それこそ中学校とか高校の頃は、一晩かけてパンクのレコードとか聴いてても燃えてるくらいだったのが、30歳くらいになると哀しいかなずっと聴けないんですよね。単純にそういうことを考えたときに、自分のリビングのステレオの脇に置いてあるCDとかも段々、自分の好みだと思うんだけど、歌があって、なお且つ聴いていてそんなに押しつけがましくなくてっていうものになっていて。そこは忠実にしたかな、アルバム作るときに。曲順もそうだし、ミックスの感じもそうだし。まずは、自分で聴けるもの、聴きたい音にしたかったっていうのがいちばんですかね。そこに、1年7カ月かかったっていうか。でもほんとにそれでいいんだっけ?とか、みんな思うじゃないですか。これで正解だっけ?とか。でもその、1回、1回正解を出すことって、俺たちのバンドにとっては意味があることかなとか。単純にこれからも転がり続けていこうって4人ががっちり組んだときに、1枚、1枚で正解を出さなきゃいけないのが必要かなっていう。それも、わりと話をして。段々と4人が一丸となっていったっていうのがあって。それで、一丸となったところに丈さんから『Roots &Routes』っていうタイトルが出てきて。ああなるほどっていうところで、どんどん決まっていった感じですかね、おおざっぱに言うと。

―そこから音の匂いや温度感もフィットするものが出てきた。

まあ、どうしようもないアレンジもありましたけどね。これはいかんなあ、いよいよ辞めなきゃダメだぞっていうのもいっぱいあったし(笑)。すげえいい曲できたと思ったら、AKB48 の曲とそっくりだったりとか。全然ありましたよ。ほんとそれはショックだった。別にAKBが悪いとかじゃなくて、自分がそんなにも感化されてたんだっていうところでショックでしたね。これは絶対きただろうって持って行ったのに、AKBだねこれって言われたとき、鼻血出そうなくらい恥ずかしかったですよね。マジで?!って、Youtube開いて聴いてみたりして……今日は帰るわって(笑)。あとは今回、丈さんが自分のスタジオを作ったから、それがでかかったのもありましたね。家も近所だから、ぷらっと行って。基本そこで作業はしてましたね。外のスタジオにも録りに行きましたけど。最終調整はそのスタジオで全部やって、っていう感じでしたね。

―自分たちのスタジオができると時間に制限なく作業もできるし、やれることが増えますよね。

どっちもどっちだと思いますけどね。バンドにとっていちばんいいのは、超うまくて1テイクですべて録れてっていうのがいちばんいいんじゃないですかね。だから、丈さんは丈さんでそこは自分の仕事場だから、たとえば“シナリオライター”っていう曲は最初は弾き語りの牧歌的な曲だったんですけど、丈さんが「ちょっと大まかなアレンジをざっくりやってみていい?」って言って、翌日スタジオに行ったらこういう感じになっていて。いいじゃんみたいなことだったり。そういうのが多かったかな、今回は。だから、込める曲にはものすごくこだわりを込めたりしたんですけど、そうじゃない曲もあって。それは、込めたからと言っていいものになるかって言ったらならないものもあるっていう。そういうところも結構新しいのかもしれない。友達とかにマスタリング前のものをいろいろ聴かせたらみんな、前作と全然ちがうねって言っていて。それはもちろんいい意味で言ってくれているんですけど。そういうところですかね。なんか、汗かいてないとライヴやってる気がしない感じってあるじゃないですか。バンドで若いころだと。もう、冷房とか切っちゃっていいんでとか(笑)。むかしはそれでテンション上げてできたんですけど、それだと単純に自分のテンションが上がってるだけで、残すものと考えたときにテイク的には全然よくねえぜっていうところですかね。