Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夜の本気ダンス

2014年11月号掲載

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

Official Site

メンバー:米田 貴紀 (Vo/Gt) 町田 建人 (Gt) 鈴鹿 秋斗 (Dr/ Cho) マイケル (Ba)

インタビュアー:天野 史彬

踊るってことは、身体を揺らすことだ。身体を揺らすってことは、自分を不安定にすることだ。自分を不安定にするってことは、不安を受け入れるということだ。つまり踊るってことは、生きるってこと、そのものだ――京都の4ピース、夜の本気ダンスが1stフル・アルバム『DANCE TIME』を完成させた。笑って怒って恋に落ちて傷ついて......ダンス・チューンだけじゃない、多彩な楽曲の揃ったこのアルバム1枚を通して彼らは、その身体と心を揺らし続ける。笑顔も涙も浮かべる。だってそれが生きるってことだから。本気でダンスするってことは、本気で人生を楽しむってことだから。

-アルバム『DANCE TIME』、ものすっごくいいです!

4人:ありがとうございます(笑)。

-ご自分たちでも手応えはあるんじゃないですか?

米田:そうですね。制作期間が結構長くて、途中で煮詰まったりもしたんですけど、全曲できて流れで聴いてみたときに"いい作品ができたな"と思いましたね。

-煮詰まっていたっていうのは、どんな部分で?

米田:昔からある曲も入ってるんですけど、そのノリを今の自分たちの中でどう出すかとか。サビを部分的にマイナー・チェンジしたり、試行錯誤したりしましたね。あと、個人的には歌詞の部分で、ギリギリまでできなくて。それは結構大変でしたね。

-じゃあ、まず音楽的な面から訊いていこうと思うんですけど、収録曲の全10曲、かなり幅広いですよね。前作ミニ・アルバムの『DANCE STEP』は全体的にガレージ・ロック感の強い作品だったと思うんですけど、今回はもっといろんな側面が見えてくる。この幅広さは意図的なものだったんですか?

米田:まぁフル・アルバムっていうことで曲数も多いので、いろんなヴァリエーションがあったほうがいいかなって考えて作ってはいましたね。

鈴鹿:前のアルバム自体が僕らの名刺代わりというか、既存の曲を中心に新曲も入ってるっていう感じだったので、好きなことをやったっていうよりかは、"僕らが夜の本気ダンスです"って自己紹介するような作品やったんです。それに比べれば、今回は新しい自分らのやりたいことを詰め込めたんじゃないかなと思います。

マイケル:ただ、今回のアルバムも前からある曲が結構入ってて、新しく作ったのは半分くらいやったりするんですよ。そういう面では、昔からいろんなことやってたなって気づけた部分もありますね。この1~2年って、バンドにとっていろんな機会があって、いろんな経験を得られた期間だったので、その経験を活かして、昔作った曲でも今の自分たちだったらどういうアプローチができるのかっていうのをすごく考えたし、その部分は結構出てるんじゃないかと思います。

-じゃあ、具体的に今回の収録曲の中で、昔からある曲だけど、今の自分たちならではのアプローチができたなっていう曲を1曲挙げるとすれば?

マイケル:個人的には「Bob Dance Bob」がそうかな。でも、「Bon Dance Bob」は僕が入る前からある曲なので、他の3人の方が思うところはあるかもしれないですね(笑)。

-そうおっしゃってますが、3人はどうですか?

町田:でも確かに「Bob Dance Bob」は、ベース・ラインが丸っきり変わってて。僕は今のほうが"らしさ"が出てて、好きやなって思いますね。

-確かに「Bob Dance Bob」はすごく爽やかなポップ・チューンで、今までのバンドのイメージを刷新する仕上がりになってますよね。

鈴鹿:あと「Circle Circle Circle」っていう曲はライヴで何回かしかやったことないんですけど、これも前からあった曲で。でも今回音源にしてみて、曲としてちゃんとできたというか。改めてライヴでやりたくなりましたね。レコーディングして楽器を録ったうえで、新しいメロディ・ラインとかも加えていって、このアルバムで「Circle Circle Circle」は完成できたんじゃないかなって思いますね。レコーディングを通して完成した感じはあります。

-前からある曲でも、いざレコーディングして形に残そうと思うと、今の夜の本気ダンスとして完成させなきゃいけない。そこに向き合ったわけですね。

米田:そこが結構難しかったですね。ライヴでは勢いでいけるところも、レコーディングではしっかりと合わせていかんとダメなので。そういうところは勉強になったというか、いい経験になりましたね。