Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

tonetone / RiNGO TONE / ムノーノ=モーゼス / レイラ / No color traffic light(O.A.)

Skream! マガジン 2019年07月号掲載

No color traffic light

Official Site

ムノーノ=モーゼス

Official Site

2019.06.16 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 三木 あゆみ

LIVEHOLIC 4周年イベントの第8日目。この日はジャンルやサウンドの異なる5組が下北沢に集まり、それぞれのロックを響かせた。


オープニング・アクトを務めたのは、茨城県水戸発の4人組ロック・バンド No color traffic light。"LIVEHOLIC 4周年おめでとう! 最後まで全力で! よろしく!"と、意気揚々と挨拶し、清涼感溢れる「隣のスタジオ」でライヴをスタートさせる。たった20分という時間の中で自分たちのすべてを出し切るため、ラストの「螢雪時代」まで全4曲をフル・パワーで駆け抜け、フレッシュなパフォーマンスで観る者を魅了した。


この日いい意味で異彩を放っていたのは、横浜の4ピース、レイラ。「アパートの中で」で始まると、消えてしまいそうなほどの微かなギターの音とポツリと呟くような有明(Gt/Vo)の歌声だけがフロアに響き、なんとも言えない静けさを漂わせた。続けて披露された疾走感のある「Emma」や、"出来るだけ早く忘れてね"というサビが印象的な「エンドロール」では、リアルで切なく、苦しくなってしまうような歌詞を、中性的な声を持つ有明が紡ぐ。ひりついたギター、力強いリズム隊も感情を爆発させ、自身の音楽を聴き手の胸の奥深くに突き刺していった。


ムノーノ=モーゼスは、バンドでの出演が困難になったとのことで、急遽、若月雄佑(Vo)による弾き語りでの出演となった。自らを"TUBEに続く夏バンド"と紹介していたが、その言葉の通り、「胸さわぎのシーサイド」や「シーブリーズ」など、海辺の風景が浮かぶようなナンバーを次々と披露していく。随所で登場する軽やかな口笛や、かき鳴らされるフォーク調のアコギの音、力強くも優しい伸びやかな歌声からは、明るさの中にどこかセンチメンタルな空気も感じられ、青春映画のワンシーンを覗いているような気分を味わわせてくれた。


続いて登場した双子擁する3ピース RiNGO TONEは、キャッチーで爽快な「新しい街」でスタート。笑顔を見せながらエネルギッシュに演奏する姿が眩しく、西野剛史(Gt/Vo)の深みのあるまっすぐな歌声も好調だ。バンドの強みであるコーラス・ワークも見せつけ、ベースとドラムは熱いグルーヴを生み出し、3人ならではのアンサンブルを繰り広げる。「ハートビート」や「バイパス」など憂いを含んだナンバーも披露し、ラストの「ねえ、リリィ」では、剛史がエモーショナルな表情で叫ぶように歌い上げた。


そして、この日のトリを務めたのは、tonetone。カラフルな照明に包まれ、「ギブミーサンシーユー」、「baby star」、「ルーシー」と3曲続けてポップで弾けるようなアッパー・チューンを畳み掛け、爽やかな笑顔で会場をグイグイと惹きつけていく。バラード・ナンバー「あいす」では、さっきまでの明るい雰囲気とは一変し、情感たっぷりに歌い上げる田村友昌(Vo/Gt)の切なげな表情も印象的だった。最後は、センチな歌詞ながら前向きで、背中を押してくれるような「小春」で締めくくった。


[Setlist]
■No color traffic light(O.A.)
1. 隣のスタジオ
2. 末恋
3. メランコリー
4. 螢雪時代

■レイラ
1. アパートの中で
2. Emma
3. SEASIDE
4. 最低
5. エンドロール
6. 戦争が起きたら
7. 透明少女

■ムノーノ=モーゼス
1. 胸さわぎのシーサイド
2. シーブリーズ
3. 消えない会話
4. EASY GO
5. スイートハート
6. ドキドキ(しちゃうね)
7. おやすみ僕の6連休

■RiNGO TONE
1. 新しい街
2. 君とアイロニー
3. あいつは雨のように
4. ハートビート
5. バイパス
6. ねえ、リリィ

■tonetone
1. ギブミーサンシーユー
2. baby star
3. ルーシー 4. ハッピー!
5. あいす
6. オールデイサンシャイン
7. 小春

  • 1