Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Chiho(H△G)× majiko

Chiho(H△G)× majiko

"初対面でお誘いしたのに、同じ熱量でやれたのが嬉しかった" 光と闇――ふたりのシンガーが表現したふたりの少女の物語

Base Ball Bear

Base Ball Bear

"0から1"の作業をリズム隊にやってもらうことで、肉体的なバンドの音作りができた

秋山黄色

秋山黄色

曲作りは特別なことではないので理由があってやるわけでもなかったし、やめる理由もなかった

Dear Chambers

Dear Chambers

当たり前のようにやっていた曲を入れただけ。でも、その曲がめちゃめちゃいいっていう自信はあります

the cibo

the cibo

神戸の3人組 the ciboが、バンドのこれまでとこれからを物語るフル・アルバムで全国デビュー

kobore

kobore

"今それが歌いたいから歌う"という感覚で曲を作っていきたい

TENDER TEMPER

TENDER TEMPER

3人に余裕があって、ある種自然に流れるままにできたアルバム

LASTGASP

LASTGASP

単なる原点回帰をしたかったわけではない

SEENA SHEEP SKIN

SEENA SHEEP SKIN

ファンタジーに見えて、実は人間の刺々してるところが表現されているものが好きです

ジラフポット × LONE

ジラフポット × LONE

奇跡のシンクロも詰め込んだスプリット盤を携え、ひとつになるツアーへ!

Brian the Sun

Brian the Sun

曲そのものにパワーがある2曲ができた

GANG PARADE

GANG PARADE

愚連隊の行進は続く――ギャンパレの最高傑作『LAST GANG PARADE』完成

Negative Campaign

Negative Campaign

社畜からの生還。ネガティヴなエネルギーを強引なまでの妄想力と飛び抜けたメロディ・センスで音楽へと昇華したバンドの底力を体感せよ

岡崎体育

岡崎体育

"ネタ曲なしで勝負しようと決意できた"――岡崎体育の新作『SAITAMA』の持つ真の魅力に迫る!

Poppin'Party

Poppin'Party

ポピパが歌わないと完成しない曲になっています

阿部真央

阿部真央

ベストの選曲をしてみて、改めてなぜ曲が好かれるか他人ごとみたいにわかる。客観的に"いい曲だな"って

Kaco

Kaco

誰かがちょっとでもキラッと光る心を取り戻してくれたり 、前を向いたりしてもらえたらいいな

ヒトリエ × Skream! × バイトル

ヒトリエ × Skream! × バイトル

今やっていることがどう今後の人生になっていくのかはわからない部分が多いけど、必死に取り組んでいくことで、自分が変わったなと思えることがある(wowaka)