Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

AliA

AliA

"自分たちが持っているものはこれだけ素晴らしいものなんだ"って気づける時間がたくさんあった

Gacharic Spin

Gacharic Spin

"最高最強"と名高い第5期本格始動となるニュー・アルバム完成!

Mr.Nuts

Mr.Nuts

自分が歌いたいことは"命"や"生きていく気持ち"

フィルフリーク

フィルフリーク

聴いてくれる人の日常に寄り添う音楽を鳴らしたい

majiko

majiko

その時その時じゃないと作れない曲があって、それを1曲たりともこぼさないように制作に励んでいますね

FOUR GET ME A NOTS

FOUR GET ME A NOTS

不屈のメロディック・パンクが帰還!鮮やかに心を燃やし続けるアルバム『KEEP THE FLAME』の完成

錯乱前戦

錯乱前戦

当時流行っていたものではなかったけど、かっこいいものに向かっていった

熊川みゆ

熊川みゆ

誰かに伝えられない、でも外に出したい"言葉にできないもの"があるとき、音楽を作りたくなるんです

神山羊

神山羊

自分がJ-POPをやることで世の中に面白いものを出していきたいと思ったのが、音楽を作るきっかけになった

ももすももす

ももすももす

自分が知っている言葉だらけの"平地の歌詞"ってあまり面白くない

SULLIVAN's FUN CLUB

SULLIVAN's FUN CLUB

札幌在住の2020年要注目バンド、SULLIVAN's FUN CLUB――大躍進の1年を経た"今"の4人の代表作

レルエ

レルエ

"客観性より主観性。やりたいことをソリッドにしていきたい"――レルエが思うこれからのポップスとは

リュックと添い寝ごはん

リュックと添い寝ごはん

どうなっていきたいのか迷ってる自分のまま――どんどん走っていくのもいいな、と思ってもいるんです

KANA-BOON

KANA-BOON

いろんなタイミングで自分たちの曲に救われてたんやなって、改めてわかりました

ビッケブランカ

ビッケブランカ

ポップなwizard、奇才はついに"Devil"に アーティスト、ビッケブランカはどこへ向かうのか

挫・人間

挫・人間

普段の俺たち、普段の俺を音楽にしたら、すごく挫・人間っぽいものができてしまった

鶯籠

鶯籠

東京 鶯谷発のライヴ・アイドル"鶯籠"がメジャーのフィールドへ――"数年後の自分や、来てくれている人にとって思い出深い曲になれば"

KAQRIYOTERROR

KAQRIYOTERROR

再新録アルバムで見せる、5人の個性も多彩なカルチャーも放り込まれたポップなカオス