Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

snooty

2021年06月号掲載

snooty

snooty

メンバー:深原 ぽた(Gt/Vo) ユトリミサ(Ba) しおり(Dr)

インタビュアー:稲垣 遥

昨年2020年11月に、1stミニ・アルバム『こぼれた』で配信デビューした福岡発の3ピース・バンド、snooty。明るいことばかりではない現実をつぶさに描きながらも、日常の幸せを望む素直な想いが確かに滲む、その凛とした音源は国内のみならず、海外の音楽好きにも届き、MVの視聴数も増加し続けている。そんな彼女たちが、4月より3ヶ月連続で新曲を配信中。その第1弾「空白」のリリース後の反響も凄まじいなか、3人にインタビューを敢行した。楽曲に表れた通りの、見える景色を受け止めながら前を向く、二心のない言葉が印象的だった。

-snootyは昨年11月の1stミニ・アルバム『こぼれた』が配信デビューでもあって、福岡を飛び出して全国的に聴いてもらえることになった作品だと思いますが、リリース後、手応えは感じられましたか?

深原:あんまりないんですけど、MVとかが自分が思ってるよりすごく再生されてて、特に海外の方からの反応が多いなとは実感しています。

ミサ:Instagramのストーリーで"聴いてるよ"とか、上げてくれてる友達が結構いて、今海外の方の話もあったんですけど、近くの人も聴いてるなぁってそういうところで感じました。

しおり:YouTubeももちろんですし、Instagramのフォロワーがすごく伸びて、映像を観た方がInstagramもチェックしてくださって、広がってるなぁっていうのは、ちょっとずつですけど、実感してます。

-今おっしゃった通り、MVを観ていて海外からのコメントの多さに驚いたんですが、何がきっかけだったんでしょうかね?

深原:コメント欄を見てても、Instagramっていう言葉がよく出てくるので、たぶん広告で気づいてくださった方がたくさんいるんだろうなぁって思います。

-あとは海外でも聴かれている"Pluto"のSpotifyのプレイリストに選ばれたというのもありますよね。

深原:はい。あとTikTokにも「会いたい」(『こぼれた』収録曲)が使われてるって聞いてびっくりしました。

-聴かれている実感が湧いて、重圧にはなったりしましたか? それとも嬉しいが勝ちました?

深原:嬉しいが勝ちますね。

ミサ:海外の方は言葉が伝わらなくても、"いいね"とか、"この音楽好き"とかいうコメントがあって、そういうのが伝わってるのは嬉しいなって思いますね。

-純粋に音を聴いて感じ取ってくれているってことですもんね。YouTubeには英語で歌詞を載せていますね。

深原:海外の方が思ったより観てくださってるってなって、歌詞の内容も全部なるべく理解していただきたいなと思って、英語の歌詞をつけ加えました。

-みなさんは前回Skream!でメール・インタビューしたときに、YUIや、チャットモンチーなど、国内アーティストをルーツとして挙げられていますが、海外のシーンを意識したり、聴いたりもしていますか?

深原:ありますね。でも、そこを意識してというよりかは、自然と海外の音楽も聴いてみようかなって気持ちが生まれて。きっかけは海外の方が聴いてくださるからっていうことではなくて、個人的に海外の音楽が好きな時期に入ってきてるっていうので今聴いてはいますけど。

-それを新しい音源に落とし込んだりするっていうのは?

深原:それは、今はないですね。

ミサ:私は人に薦められた音楽や、アーティストはとりあえず聴こうかなっていう気持ちになって。今までは好きなものばっかり聴いてたんですけど、知らなかったものにヒントがあるのかなって思って、海外の方が聴いてくれたところから変わってきたのはあります。

しおり:私はもともと洋楽とか聴かなかったんですけど、やっぱり英語でみなさんコメントをくださるので。友達は結構洋楽好きな人とかいたから、私もおすすめを聴いてみたりして。王道なところなんですけど、ちょっとは聴くようにはなりましたね。

-ミサさんやしおりさんは少なからず、聴かれているということが意識の変化にも繋がったんですね。

しおり:うん、そうだと思います。

-ルーツの話で言うと、ぽたさんは特にeastern youthを師と仰いでいるそうですけど、曲を聴いてからそれを知って、腑に落ちるところがあったんですよ。snootyの音楽もeastern youthの音楽もディストピア感が漂いながらも、それを自力で押し返そうというか、生き抜こうとしている精神力も息づいているなって。

深原:ありがとうございます。照れ臭いですね(笑)。eastern youth好きです。合う/合わないがあるので、全部をまねするわけではないけど、音の感じはちょっと参考にしてますね。

-ぽたさんの年齢からすると、eastern youthは大先輩になると思うので、単純に気になったんですが、好きになったきっかけはなんだったんですか?

深原:バンドの友達に"いいよ"って薦められて、聴いてみたらハマっちゃったという。

-どういうところが魅力だと思いました?

深原:雑草の中に生えてる花みたいな。強く生きてるなっていうのをすごく感じて。感覚でしかないんですけど、一音一音に魂が込められているところに私はやられましたね(笑)。

-それは、やっぱりsnootyにも通じていると思います。個人的にはそういう意味で、今の世の中で聴きたいような音楽のように感じたんですよ。手放しで明るくはなれなかったり、不安や寂しい気持ちみたいな側面も現実としてあったりしながらも、snootyの曲はそんななかですごく素直な言葉で日常の幸せを願っている感覚があって。

深原:あぁ、ありがとうございます。

-でも、歌唱としては、吉野(寿/eastern youth)さんとはまったく違うアウトプットの仕方ですね。

深原:歌い方とか、そういう面に関しては、私きのこ帝国とplentyが好きだったんですよね。ずっと聴いてたので、もしかすると参考にしている部分があるのかなと思います。

-では作品の話に移っていきますが、今回は3ヶ月連続でシングルが配信リリースになりますね。この3曲はもともとあった曲なんですか?

深原:2曲はもともとあった曲で、1曲は配信で出すってなってから作ったんですけど、「空白」がまったく新しい曲になります。

-この3曲を選ぶには何かテーマみたいなものはあったんですか?

ミサ:やりたい曲ですね。

深原:やりたい曲を挙げていって、この中でどれが一番聴いてほしいかってところから3曲選びました。自分がやりたいから、選んだんですけど、それが自然とリスナーさんの状況に繋がっていったところがあるかなって思ってます。

-「空白」以外の2曲はいつ頃作った曲なんですか?

しおり:1年くらい前じゃない?

深原:前作のときにはたぶんありましたね。でも、まだ練習不足じゃないですけど(笑)、出せる状態じゃなかったのかもしれないです。