Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

snooty

snooty

snooty

メンバー:深原 ぽた(Gt/Vo) ユトリミサ(Ba) しおり(Dr)

インタビュアー:五十嵐 文章

福岡を拠点に活動する3ピース・バンド snooty。九州のバンド・シーンで頭角を現す彼女たちが、11月に1stミニ・アルバム『こぼれた』をデジタル・リリースした。"うぬぼれ"という意味を持つバンド名を掲げ、"人の何倍も自信のない自分たちにとってはこのくらいの気持ちを持って活動していきたい"と口にするその優しさと率直さは、確実に音楽の中にも息づいて聴く者の心を癒してくれる。今回、大きな一歩を踏み出した彼女たちに、メール・インタビューを敢行。アルバムに込めた想いや将来の目標などについて訊いた。

-今回Skream!初登場となりますので、まずはバンドのことについてうかがいたいです。バンド名の由来が気になっているのですが、なぜこの言葉をバンド名にしたのでしょうか。

深原:好きなゲーム実況者のゲーム実況動画に、"snooty"というイルカのキャラクターが出てきて単語の響きが忘れられず、"snooty"にしました。私も単語の意味を調べたのですが、"うぬぼれ"という意味も含まれていて、人の何倍も自信のない自分たちにとってはこのくらいの気持ちを持って活動していきたいと思い、"snooty"にバンド名を決定しました。

-1stミニ・アルバム『こぼれた』を聴かせていただきましたが、まず作風の幅広さにびっくりしました。シューゲイザーやドリーム・ポップのような幻想的で柔らかいサウンドかと思いきやギター・ロックっぽさや、フォーク・ソングのような素朴さもあって、曲によって表情がコロコロ変わるのが楽しいです。メンバーさんそれぞれの音楽の好みはバラバラだったりしますか?

深原:好きなアーティストとかは同じではないですが、好きな音とか好きな音楽の種類は似てると思います。

-作風の幅広さもさることながら、サウンドそれぞれの粒立ちがあって、メンバーさんそれぞれがとても個性的な印象を受けました。出会いのきっかけ、バンドの結成のきっかけなど聞いてもいいですか?

深原:全員大学のサークルで出会いました。深原とミサは大学卒業前に音楽の趣味が合致し、仲良くなって深原から"バンドやろう"と誘いました。しおりはドラムが叩けるので誘いました。

-メンバーさんそれぞれが影響を受けたアーティストも知りたいです。

深原:YUI、きのこ帝国、eastern youthです!

ミサ:チャットモンチーです!

しおり:ボカロ曲、SCANDAL、YUIです!

-今回リリースされたアルバムの収録曲についてですが、サウンドもさることながら歌詞の表現が素朴でありながら秀逸だなと感じました。特にリード曲「会いたい」の、"君の愛が情に変わって/心も手放してしまった"、"君の後ろ髪を 触る癖が/移ってしまって ため息ついて/また君を想ってる"というフレーズが絶妙で素敵です。作詞を担当された深原さんは、詞を書くうえでのお手本といいますか、ご自身の根源にあると感じるミュージシャンなどはいますか?

深原:ありがとうございます! 歌詞を書き始めた頃、きのこ帝国やyonigeをよく聴いていたのでもしかしたら影響を受けているかもしれません。

-実は個人的に「猫になりたい」の歌詞が一番好きです。率直すぎてクスッとしてしまいましたし、すごく気持ちがわかるなぁと思いました。"空にまで飛んで行けたらいいのにな"、"自由と友達になりたいんだ"といった表現に童謡のような穏やかさを感じます。制作のきっかけなど教えてもらえたら嬉しいです。

深原:社会人1年目のとき、仕事とバンドの両立に悩んでいるときに、室外機の上で眠る猫を見て作りました。猫には絶対になれないので、サビの"空にまで飛んで~"といった、絶対にできないことを書き、現実逃避を歌ってます。

-先に触れたように、素朴な感情を的確に表現されるのがとても上手だなと感じています。本や映画、詩など、音楽以外にもご自身が影響を受けたと感じているものがありましたら詳しく聞きたいです。

深原:映画やアニメはよく観ており、ハートフルなヒューマン系が特に好きなので、日常の中の素朴なことを歌詞にしたくなるのかもしれません。

-サウンド、歌詞だけでなく、ヴォーカルの深原さんの歌声がとてもいいな、と思います。地の声質もそうなのですが、表現力がとても豊かな方だなと感じていて。歌唱法に関して、影響を受けた歌手などはいますか?

深原:中学生の頃から趣味で弾き語りをしており、YUIさんが大好きだったので、YUIさん。あとは大学時代にきのこ帝国のコピー・バンドばかりやっていたので、佐藤千亜妃(Vo/Gt)さんの影響が大きいと思います。

-インパクトの強いイラストをあしらったアートワークも印象深いです。どなたが手掛けられているのですか? また、アートワークのコンセプトや制作のきっかけなども聞きたいと思います。

深原:ピ(!!)(@yahiro_pi)さんという、Twitterで出会って、ずっと応援してくれている絵描きさんです。ミニ・アルバムの曲を送り、曲の説明と、アルバム・タイトルの由来、色味やバイカラーの指定はこちらでしましたが、全体のデザインはピ(!!)さんが考えてます。見えない膜で包まれていても想いはこぼれるんだっていうことと、こぼれた想いの先には目を向けてほしいという気持ちが込められております。

-リード曲の「会いたい」はミュージック・ビデオも公開されていますね。映像の質感、ロケーション、メンバーさんの表情がとても素敵で、アルバム全体の雰囲気をよく表しているようです。ロケ地は地元 福岡だったりしますか?

深原:すべて福岡です! ですが、福岡出身の自分たちでも知らないロケ地が多かったです(笑)。

-最後の1曲「友達になろう」などを聴いていると、バンドの挨拶状のような印象も受けるアルバムでした。このアルバムに関して、どのような人に聴いてほしい、どのような人に届いてほしいなどはありますか?

深原:生きることに疲れている人に聴いてほしいです。

ミサ:新しいことに挑戦している人に聴いてほしいです。

しおり:日々頑張っている人に聴いてほしいです。

-日頃からバンドで活動していくにおいて、大切にしていることなどありますか?

深原:健康や体調管理、何ごとも挑戦する意識、ライヴを観に行くことを意識しています。

-バンドの将来像や目標など、"こんな存在になりたい"というようなヴィジョンをみなさんそれぞれに聞きたいです。

深原:映像作品のオープニングやエンディング、挿入歌などに携わりたいです。

ミサ:作詞、作曲をほかの各メンバーがしたり、いつもと違う楽器を取り入れたりして、もっと多くの人の生活に溶け込めるような多種多様な曲作りをしていきたいです。

しおり:深原と同じく、映像作品に携わりたいです。また、このメンバーでずっと音楽をやりたいです。

-最後になりますが、今後の活動の中で注目してほしいことやリスナーのみなさんに伝えておきたいことなどがあればお願いします。

深原:いつもsnootyを応援してくださりありがとうございます。これからたくさん活動していけるようにいい曲を作りますので、たくさんチェックしてくれると嬉しいです。

  • 1