Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

BiS

BiS

メンバー:イトー・ムセンシティ部 チャントモンキー ネオ・トゥリーズ トギー マナコ・チー・マナコ

インタビュアー:宮﨑 大樹

2010年に結成されたBiSは、全裸PVを始めとするアイドルとしては型破りなプロモーションで話題を集めるも、2014年の横浜アリーナ公演をもって解散。その後2016年に第2期BiSとして再始動したが、2019年5月に二度目の解散を迎えた。そして2019年6月11日、応募総数2,000人の中から選ばれた第3期BiSのメンバー写真(赤目&鼻血!)が公開され話題を呼んだ。Twitterフォロワー1万5,000人達成で素顔が公開されるWACK恒例の企画を達成し、8月4日に行われた"TOKYO IDOL FESTIVAL"にてシークレット・ゲストとして初パフォーマンスと、いよいよ盛り上がってきた第3期BiSであるが、そんな素顔公開とお披露目を行う前の、7月末時点の彼女たちに、約1万字のロング・インタビューで迫る。

-Skream!に初登場ということもありますし、まだまだミステリアスな部分も多いみなさんなので、まずはひとりずつを本人以外の方からご紹介いただいてもいいでしょうか。

トギー:他己紹介だ。トギーさんはどんな人かな?

マナコ:トギーはすごく前向きです。あと、めちゃくちゃ吠えるチワワみたいな感じですね(笑)。でも自分の意見をしっかり持っているなって思う。

イトー:いつも歌ってますね。トイレに行くと絶対に歌声が聞こえてくるんです。歌うためにトイレに行ってるんじゃないかってくらい(笑)。

-歌が好きなんですね。チャントさんはどうでしょう?

マナコ:モンちゃん(チャントモンキー)はしっかりしてる――と思いきや、抜けているところもありますね。そしてダンスを一番踊れます。あとは、よく食べますね。

トギー:"うまかっちゃん"を食べながらダイエットしようとしていて。めちゃくちゃなことをしようとする。

チャント:......おやつを控えようっていうダイエットです。

-(笑)ネオさんは?

イトー:ネオはいつも眠そうです。

トギー:人の話を聞くのが一番上手いですね。

ネオ:話すのが苦手っていうだけで(笑)。聞くほうが好きですね。

マナコ:大人しいのかなって思ったら結構ふざけるので、ギャップがあるなと思います。あと、いろんなことを知らないんです。言葉だったりとか、音楽だったら四分音符を知らなかったりとか。

ネオ:(小声で)わからないんです。

-(笑)これから勉強していくところですもんね。マナコさんは?

イトー:ママですね。お母さんみたいな。

トギー:(マナコの作った)料理がめちゃくちゃ美味しそう。

マナコ:作ってあげたことはないんですよ。

ネオ:言葉の引き出しが多いです。

トギー:だから賢そうな文章を書くときの添削係ですね。

-最後にティ部さんはどうでしょう?

マナコ:ティ部は"自分に自信がない"って言ってるんですけど、そのぶん人を褒めるのが得意です。なくなりがちな自信をいつもつけさせてくれます。あとは、忘れっぽい。

イトー:1個頭に入ったら1個抜けていくタイプなんですよ。

マナコ:さっき言っていたことを、始めてかのように言うっていう(笑)。

トギー:サル腕もすごく特徴的です。

イトー:身体が柔らかいんですよ。それがダンスで仇になって、みんなと同じように見えないんです。


きれいな部分を見せていくだけでは物足りない


-第3期BiSが始動して2ヶ月弱の期間が経ちましたが(※取材は7月末)、ここまでを振り返ってみてどうですか?

トギー:まだ2ヶ月っていう実感がなくて。顔合わせをしたばっかりな気がしてます。

マナコ:お披露目(※8月4日に行われた"TOKYO IDOL FESTIVAL"にてシークレット・ゲストとして初パフォーマンス)まで2ヶ月あるって思ってたんですけど、もう片手で数えられるくらいしかなくて。めちゃくちゃ焦ってますね。ここまで濃い時間を過ごせたんですけど、そのぶん体感が早すぎて。

-ちなみにみなさんは、なぜBiSに入りたいと思ったんですか?

イトー:2~3年くらい前からアイドルになりたい気持ちがあったんですけど、自信のなさが一番の理由でなかなか勇気が出なかったんです。でも絶対に諦めきれなくて。アイドルって元気を与えてくれるじゃないですか? 私はアイドルから十分に元気を貰ってきたので、今度は自分がそっちの立場になりたいって強く感じていて、"アイドルにならないと死ねないな"くらいの気持ちでした。アイドルになるんだったらカッコ良くて面白いグループが良くて......私の中で、面白いっていうことが大事なんですよ。人の印象に残ること、驚かせることが好きだったので、ここしかないなって思いました。

チャント:私はアイドルになりたいという気持ちはもともとなかったんです。アイドルはただただかわいいものだと思っていたんですけど、BiSを見たときにカッコいいと思って。かわいいと思える人は周りにもいっぱいいても、カッコいいって思える人はなかなかいなかったんですよね。そこから"カッコいい"が憧れになっていて、進路に迷っているときにオーディションを知って受けることにしました。

-トギーさん、マナコさんはどうしてBiSのオーディションを受けたんでしょう?

トギー:BiSが"世界を変えたい"と言っていたのを聞いたときに、めちゃくちゃカッコイイなと思って、私もそっち側になりたくなったんです。ヒーローみたいなものに憧れがあったんですけど、"世界を変えたい"という言葉をそういう意味で捉えたんですよ。人の人生を変えるとか、"明日も生きようかな"っていう気持ちにさせてくれることが、世界を変えるって言えるんじゃないかなと私は思っていて。そういう人に勇気を与えられる人間に憧れていました。

マナコ:私は、いじめられることもなければ家庭環境も複雑ではない、すごく平凡な人生を送ってきていたんですよ。このままだと死んだときに何も残らないなっていう気持ちがあって、死ぬのがずっと怖かったんです。一方でテレビとかもすごく好きで、テレビの向こう側の世界に漠然とした憧れがありました。何かになりたいっていう想いがありつつも、歌手とか女優とかアイドルとか、具体的にはなりたいものがなくて悶々としていて。そうしているうちに将来について考える時期が来て、そのタイミングで今回のオーディションを知ったんです。BiSのことは第1期BiSが解散する直前から知っていて、そこからずっと好きだったんですけど、飛び込んでみたら何かが変わるんじゃないかって思って受けたのがきっかけですね。

-ネオさんはどうですか?

ネオ:私は何かに興味を持つことがあまりなかったんですけど、音楽だけは唯一好きだったんです。そのなかでWACKのことを知ったら音楽がさらに好きになっていって、音楽に関わる活動をしたいなと思うようになりました。そうしてWACKのオーディションがあるたびに応募していって、今回のBiSのオーディションに受かったんです。

-ということは今年のオーディションより前にも受けてたんですか?

ネオ:去年と今年の合宿オーディション、今回のBiSのオーディションを受けてます。

-WACKへのこだわりが感じられますね。ネオさん以外にも、みなさんWACKのオーディションで落選した経験があるんですよね。みなさんにとってWACKの魅力はどんなところにあるんでしょう?

ネオ:音楽を聴くこと自体がすごく好きだったんですけど、WACKのグループの曲はカラオケで歌いたいと思う曲がたくさんあって。他のグループは聴くのが好き、WACKの曲は歌うのが好きっていう感じで、自分の中では違いがありましたね。

トギー:楽曲も好きですし、プロモーション? が他とは違う、なかなか思いつかないようなことをしていてすごいなっていうのはBiSに入る前から思ってました。

イトー:私が感じたのは、周りのスタッフさんからのWACKだったりBiSだったりに対する愛の強さで。これは入らないとわからないことでしたね。

-ではその中で、BiSの魅力はなんだと思いますか?

マナコ:うーん......汗臭さが見えるところですかね。例えばEMPiREさんだと美しくてクールな感じがすると思っているんですけど、BiSで言えば100kmマラソンとかのハードなことをして、それを美しくこなすんじゃなくて大変なところを見せていくというか、汗のにおいを感じさせるところがいいなと思います。

トギー:メンバー間でケンカをしたときに、BiSはそれを見せるんですよ。見ていてビックリしたけど、すごいことだなって思います。

マナコ:うん。曝け出せるのがすごい。

-第3期BiSもそうでありたいと思っているんですか?

トギー:きれいな部分を見せていくだけでは物足りないと私は思っていますし、ファンの方も隠してほしくないのかなって。