Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KAKASHI

2018年12月号掲載

KAKASHI

メンバー:堀越 颯太(Vo/Gt) 齊藤 雅弘(Gt) 中屋敷 智裕(Ba/Cho) 関 佑介(Dr/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

-そのうえで今作で堀越さんがやろうとしたのは、「ドブネズミ」で歌ってる劣等感だけじゃなくて、そこから一歩踏み出す意志を歌にしたことだと思いますけど?

堀越:そう、劣等感を歌ってるのは「ドブネズミ」ぐらいですね。今回は、そこから前を向けた部分も多いと思います。前回のインタビュー(※2018年1月号掲載)で"終わり"っていう歌詞が多いって言われたんですよ。客観的な意見を貰ったことで、自分でも"終わり"っていうことの意味を考え直したときに、終わるなら、そこで自分はどうするのか? みたいなこと、"終わり"に向かう道の中で、どう歩きたいのか? みたいなことを書くようにしたんです。

-その"どう歩きたいか"っていうのを、いろいろな角度から歌ってるのが、「変わらないもの」、「信じている」、「心向方向」っていう前半の3曲ですね。

堀越:その3曲で歌ってることは、自分が大事にしたいことなんですよね。自分の曲が戒めにもなるんですよ。自分の曲を結構聴くんですけど、それで気づかされることが多いというか。なんか......セーブポイントみたいな感じかなぁ(笑)。わかる?

中屋敷:記録してるんだね。

堀越:そうそう。いつでも戻れるためのセーブポイントみたいな感覚はありますね。

-今回の歌詞に関して、メンバーはどう感じていますか?

中屋敷:「ドブネズミ」には、ちょっと前の颯太がいるんですけど、それ以外の曲には、新しい颯太がいるなと思いましたね。

齊藤:一曲一曲、颯太が自分に対して歌ってることだなと思います。「ドブネズミ」は自分が気づいたことを歌ってて、「変わらないもの」は大切にしたいものを言い聞かせるように歌っている。で、「信じている」は願いみたいなものですよね。「心向方向」は、自分への戒めというか、"こうあらなきゃいけない"っていうのを歌ってて。だから気持ちの向け方は違うけど、人に向けた歌というより、自分自身に歌ってるんだと思います。

堀越:うん、本当にそうですね。

-さっき堀越さん、齋藤さんに対して"わかってないのか!?"って噛みついてたけど、こうやって話を聞くと、ちゃんと想いを汲んでくれてるじゃないですか。

堀越:そうですね(笑)。

-後半の「コーヒーとオイル」以降の曲は、斎藤さんから見て、どう感じましたか?

齊藤:「コーヒーとオイル」は......。

堀越:どう聴こえる? これの話したことないよね?

齊藤:この曲だけ、1月から9月の期間じゃないんですよね。

中屋敷:颯太を知る人には、めちゃくちゃわかる曲だよね。

堀越:そうだね。その期間と言えばその期間だけど、違うと言えば違うかな。

齊藤:あと「旅立つ夜に」は......これ言ってもいいのかな?

堀越:いいよ。

齊藤:大切な人との歌で。

堀越:うん。

齊藤:その人とのあり方みたいな歌だし、「愛しき日々よ」は"灯火祭"に寄せて。俺たちが歩いてきた道とか、地元とか、活動への日々を愛せるようにっていう歌ですね。

-なるほど。「コーヒーとオイル」は、すごく気になった歌なんですけど。身近な方が亡くなったことを書いたんですか?

堀越:13歳のときに亡くなった両親ですね。

-ご病気で?

堀越:お母さんが病気で、お父さんが自殺です。エグかったですよ。今だから軽い感じで話せてますけど。"コーヒー"っていうのは、お母さんがデミタスコーヒーのヘヴィ・ユーザーだったんですよね。で、"オイル"は、お父さんが車の整備士だったんです。

-これまでもご両親のことを歌にしたことはあったんですか?

堀越:「夢で逢えたら」(2017年リリースのデモ音源『薄明、灯る日々へ』収録曲)とか......。

中屋敷:「ドラマチック」(『ONE BY ONE』収録曲)もそうだね。

齊藤:「風の電話」(2014年リリースのデモ音源『一寸先をヒカリヘ』収録曲)も。

堀越:あ、それもそうだね。こういう歌って自分にしか歌えないなと思うんですよね。両親と過ごした年月よりも、自分ひとりで生きてる年月の方が長くなる寂しさを書きたかったんです。ただ、もうちょっと間口を広げて書いた方がいいのかなと思ったりもするんですよね。たぶん、"コーヒーって何?"、"オイルって何?"ってなっちゃうから。

-たしかにコーヒーとオイルは堀越さんの個人的な言葉だけど、両親が亡くなったあと、それでも自分は生き続けていくっていうのは、多くの人が経験することだし、とても普遍的なテーマだから、ちゃんと聴けば意味も伝わると思いますけどね。

堀越:そうだといいですね。

-ご両親のことは、ときどき歌いたくなるんですか?

堀越:そうですね。バンドが忙しすぎてあんまり墓参りも行けないんですけど。この間13回忌だったんですよ。節目になると歌いたくなりますね。