Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KAKASHI

2018年12月号掲載

KAKASHI

メンバー:堀越 颯太(Vo/Gt) 齊藤 雅弘(Gt) 中屋敷 智裕(Ba/Cho) 関 佑介(Dr/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

-「愛しき日々よ」はバラードですけど。今年の"灯火祭"に向けて書いた曲なんですね?

堀越:去年の"灯火祭"の前にテーマ・ソングになる曲が欲しいなって作り始めた感じですね。"ねぇあの日のことを覚えてる?"っていうのは、自分にしかわからないことなんですけど、いろいろな人との大事なタイミングをちゃんと書いておきたかったんです。

中屋敷:最近やっとこの曲がライヴで浸透してきた感じがするんですよ。今まで「ドラマチック」が締めの曲だったんですけど、それとは違う雰囲気の出る締められる曲になったと思います。

-このミニ・アルバム、最後に向かうにつれてテンポが遅くなっていくんですよね。そのぶん曲に込めた想いもどんどん強くなっていく感じがして。

堀越:あ、本当だ。「ドブネズミ」でトップ・スピードから始まって。

中屋敷:自分たちでは気づいてなかった(笑)。

-その中で"美しい"っていう言葉がキーワードのような気がするんです。「ドブネズミ」では"「写真には写らない美しさ」が"っていう歌詞があって......。

堀越:THE BLUE HEARTSの「リンダリンダ」の歌詞ですね。昔聴いたときは意味がわからなかったんですけど、年を重ねてくるにつれて、どんどんわかってきたんですよ。

-人には、見てくれだけじゃないかっこ良さがあるっていうことですね。

堀越:そうですね。

-それが「愛しき日々よ」では、今度は自分の言葉で"風前の灯火のように儚く美しく燃えているんだ"って歌ってるんですよね。

堀越:これは、たぶん『ONE BY ONE』のツアーの終わりぐらいから、他の人の生き様に対してアンテナを張るようになったんですよね。その中で"美しいな"って思う瞬間が多かったんですよ。今まで自分のことに精一杯だったけど、周りに目を向けてみたら、みんな精一杯生きてたんですよね。そういう感覚を表現するときに"美しい"っていう言葉がハマったんだと思います。みんなそれぞれに美しく生きようとしてるんだっていうことがわかったし、それを見つけられた自分自身も美しく感じたんです。

-なるほど。今の言葉が、今作ができた理由のような感じですね。今日のインタビューを通じて、新しく発見できたことが多いんじゃないですか?

堀越:意外とまとまってるんだなぁと思いました。

-途中で、コンセプトがあるとかないとかで喧嘩しそうになったけども......(笑)。

堀越:マジですみませんでした(笑)!

-そんなものは決めていなくても、こんなにも筋の通った作品を作れていることが、改めてKAKASHIのかっこ良さだと思います。

堀越:うん、本当にそうですね。ありがとうございます。