Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

EARNIE FROGs

2016年05月号掲載

EARNIE FROGs

メンバー:三木 正明(Gt/Vo) 尾形 悠妃(Ba/Vo) 寺尾 広大(Gt/Cho) 磯貝 祐香(Dr/Cho)

インタビュアー:沖 さやこ

名古屋を中心に活動している男女ツイン・ヴォーカルの4人組ロック・バンド EARNIE FROGsが、約3年半ぶりの全国流通盤『SURVIVE』をリリースする。この期間、バンドは大きな変遷と成長を迎えていた。メンバー不仲(!)による活動休止を経て再スタートを切り、まさしく"生き残った"バンドだからこそ、バンドの底力が漲った作品である。ライヴ会場とTOWER RECORDSでリリースされた3枚のシングル表題曲を含む全6曲。バンドの歴史を追いながらその全貌をひもといた。

-EARNIE FROGsはリーダーの寺尾さんを中心に2010年7月に結成されたそうですね。

寺尾:僕と尾形が同じ中学校で、ちゃんみき(三木)とは同じ高校でした。"面白いヴォーカルがふたりいるからあとはドラムだな"と思って、僕と同じ専門学校に通っていたゆかちん(磯貝)に声をかけました。

三木:高校時代に遊びで、ちょっとだけ尾形と寺尾と僕ともうひとりでACIDMANやthe pillowsのコピーをしていて、その流れで2010年に結成しました。もともと4人ともロックやギター・ロックが好きで、なおかつ闇を抱えているので(笑)、そういうものがバンドのエネルギーや曲を作る原動力になっているという音楽性の軸はそのときから変わっていないと思いますね。

-コンスタントに自主制作盤をライヴ会場で発表しながら2012年11月に1stアルバム『blue bell』で全国デビューしたのち、2013年8月から12月までメンバー不仲により活動休止ということですが......これは一体何が?

寺尾:まず僕とちゃんみきが険悪なムードになって、そのあとゆかちんもちゃんみきに不満を持つようになって。

三木:四六時中顔を突き合わせていると、人間の深いところまで見えてきちゃうじゃないですか。それで、良いところと嫌なところの、嫌なところだけを感じて過ごすようになってきちゃったんですよね。ライヴはたくさん決まってるから、ライヴと練習の日だけ会う、という事務的な日が続いて......。

磯貝:私は劣等感が強かったので、ずっと"仲良し3人組の中にひとりだけポツンと入った"という意識があって。だから言いたいことも言わずにずっと過ごしてたんですよね。でも当時ちゃんみきの行動すべてが私の怒りに触れて(笑)、面と向かって"嫌い"って言ってしまいました。

寺尾:それで"このままだとまずい"と思ったのでライヴ活動を一旦休止して、スタジオに入る回数を増やしたんですよね。でもスタジオでやっていたのは練習ではなく、ひたすら楽器で遊ぶということで。

磯貝:普段やらないコピーをやってみたり、4人でコーラスを入れてハモってみたり。

三木:それが思っていた以上に楽しくて、メンバーのすごいところやいいところもたくさん見えるようになって。それで"またライヴやろうか"という話になって、また曲ができるようになったんですよね。

寺尾:そのタイミングでできたのが「uncircle」(Track.1)です。

-そうだったんですね。「uncircle」は切ないメロディとスピード感のあるバンド・サウンドによるメリハリのあるアレンジが光る曲だと思いました。バンドが不安定な状況の中、曲が完成できたということは、バンドにとっても大きな指針になりますよね。

三木:それまでは"人間誰しも抱えている闇の部分を見せつけなきゃ、それを歌わなきゃ"と思っていたんですけど、"闇を抱えているからこそ前に進んでいきたい"という思いが強くなって。バンドをクビになるかも、解散するかも、音楽を辞めるかも......そういう状況でギュッとなってしまった心から生まれてきたのが「uncircle」だったんです。明け方に自転車をこいでいたら、サビのメロディと歌詞が一緒にパッと浮かんできて。"あ、これは絶対に今やらないといけない曲なんだろうな"と。その気持ちを追いかけながら作りました。意志力の高い曲になってるんじゃないかなぁ......と思います。

寺尾:最初にちゃんみきがこの曲をバンドに持ってきて演奏したときに、曲が持ってるエネルギーや、曲が発する"こっちに進みたいんだ!"というパワーがめちゃくちゃ強くて、それに振り回されるような感じがして必死でした。これだけの曲だから何かを変える力があるんだろうな......と思いながら演奏してましたね。

三木:2年かかってようやく操縦できるようになったよね(笑)。YouTubeにMVもアップされている限定リリースのシングル(2014年リリースの4thシングル『uncircle』)はこのアルバムに入れるにあたって録り直してるんです。

-「uncircle」ができあがったあとに"TREASURE05X"のオープニング・アクトとして出演、"TANK! the AUDITION 2014"で優勝し、"イナズマロック フェス 2014"への出演が決定。本当にバンドのモードを一変させた起死回生の1曲になりましたね。

三木:ほんと、この曲ができてなかったら解散してますね(笑)。本当にスレスレでギリギリな状況だったからこそ生まれてきた曲だな......と思います。「uncircle」ができあがったときにも強いものを感じたんですけど、「Astroarts」(Track.3)もそれに近いものがありましたね。