Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

黒猫チェルシー

2016年02月号掲載

黒猫チェルシー

黒猫チェルシー

Official Site

メンバー:渡辺 大知(Vo) 澤 竜次(Gt) 宮田 岳(Ba) 岡本 啓佑(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-渡辺さんは楽曲ごとにヴォーカル・スタイルを変えるけれど、この曲はすごく等身大の気持ちが出ているとも思いました。

渡辺:"レコーディングだから"という気合いの入れ方ではなくて、歌を作りたくなったら作って、人の曲でも歌いたくなったら歌って......という生活の中で、その延長線上の気持ちで"ポン"と歌えたらなというのはありました。ライヴで歌うときの感覚と近いかな。でもレコーディングなので何テイクか録音をして。その中から澤が1番いいものを選んでくれて。

澤:メロディに対する歌詞のシンプルさやストレートさは、僕らの曲の中でもかなり色濃く出ているものになったと思いますね。自分たちが持っている1番優しいところを、より素直に歌うようになったからこそ説得力が増したというか。それが曲の力強さに繋がっているなとはすごく思いますね。......やっぱり照れずに歌詞を書いたことが、歌い方にも影響してるんだろうなと。

-ああ、たしかにそうですね。

澤:OKテイクにしたヴォーカルは、聴いててスッと入ってきたんですよね。

渡辺:......ずっと俺は変なことがしたくてしょうがなかったんですよ。でも変なことをするなら変なことでやりきらないとつまらないし。ストレートに刺さるものに、と考えたら、ちょっとでも"こうしてやろう、ああしてやろう"みたいな変な欲が出ると"うっ"と拒否反応が出るというか。シンプルでストレートなものを作りたいと思った時点で余分な考えを捨てて。でも歌う前に"こんな感じに力を込めれば......"とパッと思ったりもしたので、正直それを捨てるのには時間がかかりました。曲によりけりなんですけど、今回はそっちに振り切りました。考えるけど考えないというか。

-1サビの頭の"ああ"にぞくっとしたんですよ。この感嘆詞にいろんな意味が詰まっているとも思いましたし、ものすごい説得力や深みがあって。

渡辺:澤に1番いい"ああ"を選んでもらいました(笑)。歌詞の1文字1文字めちゃくちゃこだわって作ったし、こだわることはすごく大事なことだし、僕の美意識はちゃんと歌詞に込められたと思っているんですけど、"そのこだわりは俺以外の人にとっては別に大したことじゃない"、"みんなにとってそれはどうでもいいことだ"ということをちゃんと理解したうえで作れたところがあって。歌入れもその意識でやれたのでよかったと思いますね。

-渡辺さんは先ほど"未練や女々しさもネガティヴではなくポジティヴに捉えたかった"とおっしゃっていましたが、そのメンタリティはTrack.2「Teenage Hero」やTrack.3「アンラッキーガール」にも通ずるところがあると思いました。

渡辺:「アンラッキーガール」に関しては、"アンラッキー"という言葉がポジティヴに響くものが聴きたかったんですよね。ツイてない側だから歌える歌になって欲しいとも思ったんです。だめだめな人に歌ってあげる、届けてあげるというより、俺みたいなだめだめなやつに歌って欲しい歌(笑)。説明するのが難しいんですけど、自分はそういう歌が欲しいなと思ったんですよね。

-自分が欲しい歌を作るというのは、制作面でも素直になっているということでしょうか?

渡辺:んー、"素直"か......。本当にこの3曲はとにかくいい曲を作りたい一心で作ったんです。ひねくれたものを作ろうと思えば作れるんですよ。でも今回はいい曲を作ろうと思って作ったので、変にひねくれることなく作れた。ラフにやることや遊びを楽しめるようになったと思いますね。ラフにやるために悩むというか(笑)。

-ははは。では今までの黒猫チェルシーとは悩むポイントがまったく違いますね。

渡辺:それはあると思いますね。今は何をするべきか見えている状態でどっちがいいかを選択して、それを推敲していく作業というか。迷走みたいな、迷っている状態ではいないので。4人全員が力をつけたから、さっき啓ちゃん(岡本)が言ったように役割分担もできるようになった。だから"俺は自分のことをやらなきゃ"と集中できるようにもなって。そういう意味でこの3年半の間で余裕もできたし、自信もついた。

-そういったバンドの充実度がそのまま曲になっているのが『グッバイ』だと思います。ロック・バンドが大事にしないといけない骨の部分を抽出したというか、シンプルでストレートなバラードというのは今という時代では置き忘れがちな方向性の音楽かなとも思いますし。基本に立ち返れたような、大事なものを思い出させてくれる曲だと思います。......ただ、3年半ぶりのオリジナル作品が『グッバイ』というのも(笑)。

渡辺:ははは。"さよなら"があるということは"出会い"があるということですから!

-そうですね(笑)。リスナーとしてもこれからまた見たことのない黒猫チェルシーと出会えるのかなと楽しみです。

渡辺:今も次に向けて曲を作っていて。その作業がとにかく楽しいんです(笑)。"『グッバイ』を作って次どうしよう?"という悩みがない。"次出すならこれでしょ"、"その次はこれでしょ!"と楽しめてるんですよね。

澤:テンポが速いものもあれば、今まで僕らが得意としている持ち味が出たものもあるし、黒猫でやったことがないような曲調のものもあるし。......この感じでアルバムを作ったらすげえいいものになるんだろうな。ダントツでいいアルバムができるだろうというのは今の時点でもすごく感じてますね。