Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

THE ORAL CIGARETTES

2016年01月号掲載

THE ORAL CIGARETTES

THE ORAL CIGARETTES

Official Site

メンバー:山中 拓也(Vo/Gt) 鈴木 重伸(Gt) あきらかにあきら(Ba/Cho) 中西 雅哉(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-この曲たちはいろんなことを乗り越えたTHE ORAL CIGARETTESによって、年明けのタイミングからライヴで磨かれていく可能性も高そうですね。今作は歌詞の面で言うと山中拓也ワールドが前作よりもかなり濃くなっているなと。歌詞の中の主人公の気持ちの高ぶりが陰も陽も溢れ出していて、全体的にタガがはずれている印象がありました。

中西:もともと拓也の歌詞にはこういう要素はあったし垣間見えてたんですけど、それをここまで思い切って出せてるのは楽曲やこれまでの経験による自信がついてきたからこそやと思います。だから前向きに暗い部分も出せるようになったのかな......というのはちょっと感じてますね。

-"私"と"君"、"僕"と"君"のようにふたつの関係を歌った楽曲が多いですが、Track.4「STAY ONE」だけは"私"と"僕"と"君"が出てくるところが特徴的で。

山中:あ、気づいてもらえた(笑)。この曲は3人登場人物を入れたくて。

-何度もリフレインする"ただ一人"という言葉も影響して"私と僕が同一人物なのかな? それとも3人とも違う人なのかな? それとも私と君が同一人物なのかな?"などなど、いろんな解釈ができる曲だと思いました。今作は女性視点の楽曲が多いですね。

山中:女の人と喋ると"あ、この人はこんなこと考えてんねや。自分の中にとり入れてみよ"って自分と対比して考えることが多いんですよね。女性ならではの視点もあるから面白いなーと思うことも多いし、女性と接することで気づくこともいろいろあるし。自分の中にないものをどんどんとり入れていきたいなとは普段から思ってるので、自然と女性目線になっていくんかなー......。でも女性目線になっちゃう理由はまだ自分でもはっきりわかってないんですよね。

-山中さんがフィクションの世界を描いていくのは書きたいテーマがあって書いていくのですか?

山中:んー、最初からストーリーを書いていくというよりは1フレーズから作っていくことが多いのかも。Aメロに歌詞を1行入れてみて歌ってみてバチッとハマったらそこから広げていく感じです。でも「通り過ぎた季節の空で」はインディーズ時代に出した「この季節に僕が唄う歌」」(2013年リリースの1stミニ・アルバム『オレンジの抜け殻、私が生きたアイの証』収録)の続編として書いたもので。「この季節に僕が唄う歌」だけでは書ききれなかった自分のストーリーを書いたものでもありますね。

-「通り過ぎた季節の空で」のようなバラード曲も柔らかいテイストの楽曲もサウンドの勢いやスピード感があって、ライヴ映えする楽曲が揃っていると思いました。だから欲張りな人間としては歌のことを考えたアプローチをさらに突き詰めた4人による正統派のバラードも聴いてみたいな、と思ったりもして。

山中:ああ、なるほど......。今回の取材でそんなことを言われたの初めてです(笑)。

-ははは。こんな図々しいこと言う人、なかなかいないですね。

山中:いや、でも沖さんがそうやって言ってくれるのはオーラルをちゃんと聴いてくれてるからやと思うし、これまで俺らが幅広くいろんな曲をやってこれたってことやろなとも思うから。嬉しいしありがたいです。

-『The BKW Show!!』が楽曲ごとにキャラクターが異なるカラフルなアルバムならば、『FIXION』は赤で統一されている印象もありました。あれだけの振れ幅を持った曲を作るバンドが、赤に寄せた作品を作ることは挑戦でもあり必要なことだとも思います。

山中:たしかに『The BKW Show!!』は"カラフル"で『FIXION』は"赤"だと思うんですけど、その"赤"の中で自分たちはここまでバラエティ出せますよ、というのが見せたかったというのは正直あるかな。"攻めのアルバム"と言うと"フェスで騒げる、ライヴで盛り上がる曲だ"と思われるかもしれないんですけど、『FIXION』はそうじゃない、オーラルにしかできない攻め方だと思います。盛り上がれる曲だけ詰めたアルバムは絶対に面白くないし、自分たちなりにひねった曲は入れたつもりだし。"バラエティに富んだいろんな赤"を入れられたアルバムになったと思います。

-リスナーのことを考えて作ったアルバムでもありますし、ライヴでどう育つのかも楽しみですね。1月4日のリベンジ・ワンマンで幕を開けた2016年のTHE ORAL CIGARETTESは強敵相手の全国10ヶ所の2マン・ツアーを終えてすぐに、ワンマン・ツアーがあり、そのファイナルとして地元奈良にある"なら100年会館"でホール・ワンマンを行います。

あきら:ずっとやりたかったんですよね、奈良でおっきいワンマン。初めてホールのステージにも立つし。

山中:奈良で1番でかいホールです。めっちゃ有名な人が奈良に来るときは、なら100年会館しかないから、そんなところでやれるんやー......という感覚もあります。感慨深いなあ。

-ワンマン・ツアーは東京から始まり埼玉、松本、名古屋、三重と面白いところを辿っていくなと思ったら、どうやら徐々に奈良に近づいていくという意味が込められていると。すごくTHE ORAL CIGARETTESらしいですね。

あきら:なんとかしてまさやんの地元にも行きたかったんですよ。オーラル初の三重ライヴです。

中西:名古屋のインストア・イベントにもたくさん三重から来てくれる人がおって、三重にもオーラル知ってくれてる人おんねや!とも思ったので(笑)。

山中:埼玉も松本もインディーズ時代にずっと出てたライヴハウスなんです。2マン・ツアーとワンマン・ツアーは自分たちの原点に戻ってライヴを思いっきりして、奈良のホール・ワンマンはその状態でホールというものをちゃんと体感したいと思ってます。ライヴハウスで培ってきたものをどこまで持っていけるか、どこから通用しないかがそこで勉強になると思うし。楽しみですね。

-ただ、本当にくれぐれもお身体には気をつけて。

山中:そうですよね(笑)。僕は臓器という臓器をほとんどやってるので......。まず肝臓と腎臓をやって、肺をやって、それでこの前は喉のポリープで、どんどん上がってきてるからこの調子やと次は脳――。

-ちょっと待って! 縁起でもない、冗談でもやめてください!

一同:はははは!

中西:喉の次はその上の歯かもしれへんよ? 総入れ歯になって歌ってて入れ歯ポーン飛んでマイクにカポーンてハマったりして(笑)。

山中:それはつらい(笑)! メンバー全員身体に気をつけてツアー回ります!!