Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Goodbye holiday

2014年08月号掲載

Goodbye holiday

メンバー:児玉一真 (Vo/Gt) 福山匠 (Ba)

インタビュアー:奥村 小雪

キャッチーなメロディと澄んだヴォーカルで人気を博している広島発の4ピース・バンド、Goodbye holidayが3rdミニ・アルバム『FLAG』をリリースする。今作には、aiko、いきものがかり、back number、秦基博などを手掛ける島田昌典を音楽プロデューサーとして迎え制作された「スパイダー」含む全7曲を収録。Skream!では、さらに進化を遂げ、スケール・アップした彼らにインタビューを敢行。バンドの"今"を詰め込んだ渾身作について、児玉一真(Vo/Gt)、福山匠(Ba)の2人にじっくり話を訊いた。

-3rdミニ・アルバム『FLAG』がいよいよ8月13日にリリースされますね。Skream!でのインタビューは昨年、前作『はじまりの唄』がリリースされて以来となりますが、いつごろから今作の制作に入られたんでしょうか?

福山:曲を考え始めたのは半年前くらいですね。

児玉:レコーディングは3~4月頃だったかな。

-今作に収録されている7曲はすべて、前作のリリース後に作られた新曲ということなんでしょうか?

児玉:そうですね。全部新曲です。

-今作に収録されている7曲はすべて児玉さんが作詞作曲なさってるんですか?

児玉:作曲は7曲とも僕が。作詞は僕と福山の2人ですね。

福山:今作だとTrack.1「さらば」、Track.2「Flag」、Track.4「陽炎」の歌詞を僕が書きました。

-前回のインタビューの際に歌詞よりも曲が先に出来ることが多いという話を伺っていましたが、基本的に児玉さんが曲を持ってきて歌詞を考えるという形なんでしょうか?

児玉:基本そうですね。

-どちらが作詞するかというのはどのようにして決めるのですか?

福山:色々あるんですけど......「さらば」とかは、児玉が"曲ができた"って持ってきた時に、(歌詞を)書きたいなって思ったんですけど黙ってたんです。そしたら"書く?"って言ってくれたので書きました(笑)。

-結構雰囲気で決まるんですね(笑)。他の曲はどうですか?

児玉:「Flag」は、僕がもともと歌詞も書く予定だったんです。けど、色々考えすぎてたら書けなくなっちゃって。それで彼に振りました(笑)。

福山:このパターンが1番多いかもしれないです。"(福山に)振ることにしたよ"って言われて。業者に任すみたいな感じで(笑)。

児玉:俺の中では福山が最終兵器ですね(笑)。

-前作よりも1曲1曲の時間が短くなってきましたよね。

福山:アレンジの仕方が変わったからかな。今までは、1番があって、サビがあって、ちゃんと2番があって......って結構オーソドックスなやり方で作ってたんですよ。

児玉:今までなんとなく作ってた感があったんですけど、歌の中でも必要な部分と必要じゃない部分っていうのを考えるようになって。前作から一緒にアレンジとかをやってくれてるディレクターさんの意見とかも取り入れたり。そうしたら自然と短くなりましたね。

福山:コンパクトにした方が聴きやすいですし、やりやすいですしね。

-なるほど。前作は"はじまり"をテーマにしたというお話がありましたが、今作にも何かテーマがあるのでしょうか?

児玉:前作で"はじまり"をテーマにしてからまだ1年も経ってないんですが、ワンマンやツアーで得たものが色々あったし、自分たちで今できることをやって、次のステップにいけるような決意表明の1枚にしたいっていうのが今作の大きなテーマですね。

福山:最初はラヴ・ソング集にしようみたいな話もあったんですけど、(制作の)途中から。