Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夜の本気ダンス

2014年03月号掲載

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

Official Site

メンバー:鈴鹿 秋斗 (Dr/Cho) マイケル (Ba/Cho) 町田 建人 (Gt) 米田 貴紀 (Vo/Gt)

インタビュアー:天野 史彬

-じゃあ、米田さんとマイケルさんが洋楽志向を持ち込んでいく前、鈴鹿さんや町田さんが元々聴いてた邦楽ってどの辺だったんですか?

鈴鹿:銀杏BOYZとか......今やってる音楽とは全然かけ離れてるんですけど(笑)。ああいう青春パンクみたいなものを聴いてましたね。

-じゃあ、海外インディーに触れるのって新しい経験だったんじゃないですか?

鈴鹿:そうですね、新しい経験でした。

町田:僕も洋楽に関してはチラッと聴くだけだったから、米田くんが入って、奥深く聴くようになりましたね。車で流してくれる曲とかもカッコよかったりして。それでどんどん違う世界に興味が広がっていって。

-皆さん、普段から夜遊びしたり、踊りに行ったりはするんですか?

米田:いや、僕は元々ライヴハウスとかにもあまり行かずに、部屋でひとりで曲流しながら踊るような、孤独というか、閉塞された場所でダンス・ミュージックに触れてて。でも、最近はお客さんと一緒に分かち合えてきてるんで、変わってきてる部分はあるかもしれないですけど。

-ライヴ映像やMVを見ると、米田さん、凄いじゃないですか。動きまくるし、オーディエンスを盛り上げるし。閉塞した空間で孤独に音楽を聴いてた人とは思えないんですけど(笑)。

マイケル:閉じ込めてたぶんが出てるんじゃない(笑)?

鈴鹿:高校の頃にちゃうバンドやってた時、(米田のバンドを)何回も観に行ってるんですけど、その当時は大人しかったんですよ。このバンドに入る直前もそんな感じだったんですけど、入ったらいきなり変わって(笑)。たぶん、僕らが銀杏BOYZとかを聴いてるような感じやったんで、本来の自分を出しやすかったんじゃないですかね。

米田:そうですね。僕がこいつらに引き出されたというか。精神面に関しては、本来は僕も銀杏BOYZとかに影響されてるんですけどね。何事にも本気じゃないですか、彼らは。ああいうのからは凄く影響を受けてますね。

-頭の中だけで爆発してたものが、夜の本気ダンスに加入したことで外に出せるようになったってことですよね。でも、今、ステージ上で踊り狂って歌う自分を客観視した時に、本来の、閉塞した空間にいる自分とのズレや違和感を感じたりすることはないですか?

米田:あぁ~でも、人に言われますね。ライヴ終わった時とかに。

マイケル:ステージ上と裏で全然違うって(笑)。

鈴鹿:でも、ステージ上でやってることを普段もやられてたら絡みづらいですけどね(笑)。

-確かに(笑)。米田さん以外の皆さんは、普段は外で踊るタイプですか?それとも米田さんのように内面で踊るタイプ?

鈴鹿:でも僕も、家でひとりで音楽聴いてわー!ってなる、みたいな感じですけどね。

町田:僕もそうですね。

マイケル:僕は逆に、現場に行くことが大事やと思ってて。ライヴにもよく行くし、クラブにはあんまり行かないですけど、昔ちょっとダンスをやってたんで、ヒップホップとかも聴いてたし、ハウスとかテクノとかも聴くし。この間も激ロックのイヴェントに行きましたよ。全然違うジャンルのライヴでも"このバンド好きやな"って思ったら行くようにしてますね。