Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

つしまみれ

2014年02月号掲載

つしまみれ

メンバー:まり (Vo/Gt) やよい (Ba/Cho) みずえ (Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

-そして新曲の「スピーディーワンダー」が1曲目に入ってますね。

やよい:全部、その時の自分たちだなぁと思う曲ばかりなので、やっぱりこれが今の自分たちです!って曲を入れたかったし。特に初回限定盤に入ってる「スピーディーワンダー〜スローリーワンダーバージョン〜」の方が、今の自分たち、みたいなね(笑)。

-「スピーディーワンダー」の方は......。

まり:これってストレートなロック、でいいのかな?これ、なんなん(笑)?

-で、いいと思います(笑)。後半に行くほど"つしまみれ生涯バンド宣言"めいてきますよね?

まり:ちょっと重みがね?だんだん話が重くなる(笑)。

-途中のヴァースは世間に対する文句も多いし。

やよい:まさにそんな感じだもんな?今(笑)。イライラしてます、世の中に。ハハハ!

まり:"今も迷ってます""でもやり続けます"宣言って感じだよね。なんかねぇ、つしまみれ以外、やることないんで。マジで付き合う男とかは変わっていっても、つしまみれだけはあたしを見捨てないって思う(笑)。

-でも"つしまみれが大事なんだろうな"ってわかるんじゃないですか?

やよい:そうじゃないと許さない(笑)。

まり:つしまみれに興味ないんだったら、もうおまえとは一緒にいないって思う(笑)。

みずえ:あいたー......。

まり:そしたらもうね?「バカ元カレー」みたいに踏み台にして生きていきますって感じです、って思うなぁ(笑)。

-(笑) そして初回限定盤なんですが、新録が4曲、未発表CD-Rから2曲、大学時代の教室でのライヴ音源2曲ってすごいお得ですね。

まり:すごい時間かけちゃって。普通にアルバム録れちゃうじゃん?って感じだったよね?

みずえ:中村さんも超本気だし。

-「スピーディーワンダー〜スローリーワンダーバージョン〜」はテンポが違うだけじゃなくて、歌詞も違いますね。

まり:めっちゃ速いかゆっくりか"どっちかじゃないすか?"って話を中村さんとしてて。そしたらどっちも作りたくなって作ったんですけど、あたしたち的には限定盤の1曲目の「スローリーワンダーバージョン」の方がドA面だったんです。けど、他の人に聴かせるとね?

やよい:ハハハ。

まり:とか、車の中で聴くと、どう考えても速い方がノリがいいねって、ツアー中に確認しあって(笑)。「スローリー〜」がカヤの外に出されて。