Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

つしまみれ

2014年02月号掲載

つしまみれ

メンバー:まり (Vo/Gt) やよい (Ba/Cho) みずえ (Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

-ストレートなラヴ・ソングがあるのはひとつ、財産ですよね。

みずえ:この曲に心打たれて涙流してくれる人もいるのでこういうつしまみれがあるっていうのもいいと思います。

まり:あたし「愛の夢」がいちばん気に入ってて。"もうひとりで生きていこう!"みたいな感じです(笑)。

-宣言ですか(笑)?

まり:ひとりでっていうか、"つしまみれで生きていこう"みたいな感じ。これは最近の心情ですね。毎日、後悔しないように生きていこうっていう。

-楽曲的にはどの辺が転機ですか?

まり:......自分が気に入ってるだけかも(笑)。でもシンプルな8ビートで、あんまりうるさくないロックの曲で聴かせられる爽やかなラヴ・ソングができたかなと思ったけど、ちょっと想いが強かったー、と思った(笑)。

みずえ:私は今に続く流れみたいな部分で、中村さんと出会った頃なんですけど、「ダーウィン」って曲がきっかけで。アレンジ自体を中村さんがいじってくれたみたいな話ではないんですけど。

まり:「ダーウィン」がカッコよかったんだよね。

みずえ:すごい迷いながら作ってはいて。録音してできあがったのを聴いたら"あ、ヤバイ曲できた"っていう感動があって。自分で演奏してても鳥肌が立つというか、涙が出るというのとは違うんですけど、心がグッとなる。そういう曲ができたなと思って。

まり:思った、思った。

みずえ:しかも自分たちの等身大の感情でもあって、サウンドも好きで。そういう部分で気に入ってる曲ではありますね。

-カテゴライズするとマス・ロック的な部分で圧倒される曲ですけど、つしまみれの場合、別にそこを目指してない感じがしてカッコいいです。

みずえ:ありがとうございます。あと、「エアコンのリモコン」も大きな曲だし、転機っちゃ転機ではありますね。それで大事すぎて、新しい自分たちの気持ちでもう1回録りたいなと思って。

-それで「エアコンのリモコン-2014年製」として収録したと。

まり:実は全部、録り直したいんだけど、そしたらファンの人にとってはつまらないものだよっていうアドバイスも受けました、そういえば(笑)。

-たしかに、ライヴで今のアレンジなら納得だけど、CDで再録されてるんなら新作聴きたくなりますもん。

まり:たしかにそうです。