Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

lego big morl

2009年07月号掲載

lego big morl

メンバー:カナタタケヒロ(Vo.Gt)、タナカヒロキ(Gt.)、ヤマモトシンタロウ(Bs.)、アサi?

インタビュアー:遠藤 孝行

昨年の今頃は観客が10人にも満たなかったバンドが、今年の5月のワンマンツアーでは軒並みソールドアウト。ドラマ「赤い糸」での挿入歌としての大抜擢はあったものの、ライヴバンドとしての実力と地道な努力がこの結果に結びついたのだろう。lego big morl。3年前に結成されたとは思えないほどの曲の完成度と存在感。変幻自在のリズムと伸びやかなボーカル。今後もっとも注目を浴びるバンドの一つになるのは間違いない。今回発売される渾身の2ndシングル「溢れる」を中心に、メンバーの過去や、曲作りまで。メンバー全員に語ってもらいました。

-まず最初に、バンド結成時の話をお聞きしたいんですが。高校の同級生で大阪出身のカナタさん(Vo&Gt)、タナカさん(Gt)、ヤマモトさん(Ba)3人と熊本出身のアサカワさん(Dr)が出会って結成されたそうですが、出会いはどのような形だったのでしょうか?

アサカワヒロ(以下:アサカワ):熊本から大阪の専門学校に出てきて、最初はそれぞれバンドをやっていて対バンをしたりはしていたんですけど、3人とはそんなに親しいわけでは無かったんです。その後、同時期にバンドが解散しまして、でも、まだ音楽をバンドをやりたいと気持ちがあって、それでカナタに「一緒にバンドをやろう」と電話をかけたんです。

カナタタケヒロ(以下:カナタ):電話をもらった時はびっくりしました。前にいたバンドのジャンルが「オルタナ」と「パンク」というくらい違っていたので。でも対バンでお互いのライヴは知っていたので、結構すんなり決まりましたね。

アサカワ:僕は前のバンドでやれなかった事が、この3人となら出来ると思って。

-高校の同級生の3人にドラムのアサカワさんが加わってバンドがスタートするわけですが、結成時は目標とするバンドなど、サウンドに対する具体的なイメージなどありましたか?

カナタ:今はもう大御所さんですけど、その当時はインディーズ・シーンを引っ張っていた、ACIDMANとかSTRAIGHTENER、THE BAND APARTを目標にしてました。

-さて、2006年の結成から3年というスピードで1stアルバムはオリコン・デイリー・チャート10位にランクインするなど、大きなステップアップを果たしてます。この3年で大きな変化があったと思うんですが、振り返ってみてどのような3年でしたか?

カナタ:人との繋がりが本当に増えましたね。このメンバーだからだと思うんですが、恵まれているというか、運もあったし、大切な出会いがたくさんあったと思います。それが、年々増えてきていて、人との繋がりの大事さをすごく感じますね。

ヤマモトシンタロウ(以下:ヤマモト):僕らlego big morlを始めてから、やることほとんどが初めての体験で、レコーディングする事も、大阪から出てくる事も、ましてやテレビやラジオに出ることも初めてで。この3年で毎年大きな転機があって、本当に濃密な3年間でした。

-そして今回2ndシングル「溢れる」リリースが決定しました。おめでとうございます。まず今回のシングルの手応えはどうですか?

カナタ:手応えは・・あります(笑)。

タナカヒロキ(以下:ヒロキ):手応えは勿論あるんですけど、今回のシングルは「裏切り」というテーマがあって、今年1月に出た1stフルアルバムに入ってる曲は細かい部分をこだわった所があって、今回それとは一味違うストレートな曲になったので、そういう意味でも「やったった感」はありますね。