Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

lego big morl

2009年07月号掲載

lego big morl

メンバー:カナタタケヒロ(Vo.Gt)、タナカヒロキ(Gt.)、ヤマモトシンタロウ(Bs.)、アサi?

インタビュアー:遠藤 孝行


-今言われたように、今回のシングルである「溢れる」は爽快感のあるストレートなロックナンバーになってますね。

アサカワ:今までのlego big morlのイメージを覆すストレートでフェス映えする曲を作ろうとしていたので、それが上手くいったかなと思ってます。

ヤマモト:僕はカップリングの「隣の少女と僕の始まり」が好きで。メロディもほんとにいいし、今回のシングルでいえば「溢れる」がポップなナンバーでこの曲は聴かせるタイプで、その対比がおもしろいかなと。たとえるなら昼間と夕方(笑)!違うか。

カナタ:今回のシングルはこの2曲でいこうと決めてましたね。「溢れる」でいうと今回の5月のワンマンで披露したんですけど、お客さんの反応も良くて。みんな拳を上げてくれる。僕らに足らないのは「拳」なので。ライヴで手応えを感じた曲ですね。

-なるほど。また「溢れる」はコーラスの「Hello」と言う言葉がが印象的ですね。この言葉に込められたメッセージはなんなんでしょうか?あとこの言葉を選んだ理由はなんでしょう?

カナタ:まず曲を作った最初の段階で仮歌詞で「Hello」で歌っていて、そのあと曲を仕上げていく時に違う言葉で歌う気もしなかったし、まあ色々言葉は試したりしたんですけど、ストレートというテーマもあって、ほんとにずっと「Hello」って言ってるんですよ、この曲はこれを求めてるんだろうと思って。

ヒロキ:最初のストレートで開けた曲というテーマに最終的に「Hello」がつながったんですよね。

-曲作りについてもお聞きしたいんですが。メロディと歌詞とどちらから作っていくんですか?

カナタ:完全にメロディーからです。曲作りに関しては基本的に僕が作ったメロディーをみんなで肉付けしていく感じですね。あと最近はギター・リフから作っていく事が多いですね。曲が出来る時は自転車に乗ってる時とか、風呂とか。あとは寝る前ですね。

ヒロキ:歌詞は僕が作ってるんですけど、本やなんでもいいんですけど、気になった言葉をメモに書きためて、それを曲に当てはめていく感じです。

-最後に今後のlego big morlの目標など、お願いします。

ヒロキ:今度やっと東京住むんで、頑張っていきたいなと思ってます。生活とか酷くなるとは思うんですけども。ハングリー精神を忘れずに。

アサカワ:今年はフェスにも出させてもらうので、名前を皆さんに覚えてもらうように頑張りたいなと。あとは曲作りです。

カナタ:カラオケで映えする曲を作りたいですね(笑)。この前カラオケで歌ったらちょっと地味だったので。凝縮された曲を作りたいです。

ヤマモト:ライヴをまた観たいと思ってもらえる様なバンドになりたいですね。やっぱり実際一回観ていいやって思うバンドもいるし、でも先輩のバンドとかで次のライヴでどんなことやるんだろうとかワクワクするバンドもたくさんいて。そういう風に言ってもらえるように頑張りたいですね。やはり僕らは基本ライヴバンドなので。