Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

GO TO THE BEDS ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第9回】

2020年08月号掲載

GO TO THE BEDS ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第9回】

GO TO THE BEDS

Official Site

Skream!をご覧の皆さん、こんにちわ。GO TO THE BEDSのユメノユアです。さてさて、先日私たちはファーストフルアルバムをリリースしました。ロックでかっこいい渾身の1枚!私も作詞をしてみたり、今の気持ちがギュッと詰まった作品です。そして、8月1日に恐らくお披露目ライブをしてるはず......(この記事を書いているのは7月末)いよいよ始動したGO TO THE BEDS、これからよろしくお願いします。そしてお楽しみに~。今回は「夏といえば!」をテーマに選曲しました。夏は花火や海、イベントが多いからか、恋愛ソングの曲が多いことに選曲しながら気づきました。そして好きな曲は女性ボーカルの曲が多めでした!フェスのない例年とは違う夏ですが、最近ハマっている洋楽も選んだのでぜひ聴いてみてください。

1曲目 夏恋センセイション / マカロニえんぴつ
最近よく聴いているバンド「マカロニえんぴつ」。聞くだけで夏の情景が浮かんでくるナンバー。Vo./Gt.はっとりさんの紡ぐ歌詞が耳に残る!恋愛ソングを妄想で書いてみようと幾度もチャレンジするもうまい言葉が紡げない私にとっては、大尊敬です。頭に残るフレーズが書けるようになりたいなー。「このあとどっかで休みましょう」で終わるエンディングが特にお気に入りです。


10曲目 風吹けば恋 / チャットモンチー
某CMでこの曲を初めて聴いたあの日からずっと大好きで、快晴の日によく歩きながら口ずさんでいます。そしてその時期が夏だったので、私の中で「夏といえば!」この曲は外せません。かわいくてなんだか恋って、青春っていいなーなんて思うわけです。懐かしい気持ちになれるし、素直な気持ちは大人になっても忘れたくない!


13曲目 One More Time / Pale Waves
Pale Wavesが大好きすぎて毎日聴いています。Vo.Heather Baron-Gracieがカッコよすぎて「生まれ変わったらイギリス生まれのGIRLになりたい。」って思うくらい好き。ぜひ合わせてMVもみてほしいな。惚れる。UKロックってなんだか耳馴染みがいいの。そして、14曲目のHaimもなのですが、最近の私は洋楽の女性Vo.に心を奪われがちな傾向にあります。心にすーっと入ってくる歌い方が最高なのよ!


いかがでしたか?気になるアーティストの音楽があれば是非他の曲も聴いてみてくださいね。
また、今回紹介した曲は、紙面のQRコードから「LINE MUSIC」で聴くことができます。Twitter(@YUA_GO_TO)でも色々な曲を紹介しているのでよかったら#YuaPlayingで検索してみてください。
次回の連載は10月。秋には少しでも音楽のある、ライブのある生活が戻ってきていますように。私も早くライブがしたいし、ライブハウスに行きたい!!

1. 夏恋センセイション / マカロニえんぴつ
2. ただ君に晴れ / ヨルシカ
3. 君の知らない物語 / supercell
4. DAYDREAM / JUDY AND MARY
5. ナイトタイマー / SIX LOUNGE
6. ソラニン / ASIAN KUNG-FU GENERATION
7. トライアングルサマー / フレデリック
8. SUMMER PLANNING / ハンブレッダーズ
9. 夏空 / Galileo Galilei
10. 風吹けば恋 / チャットモンチー
11. 妄想サマー / SHISHAMO
12. new world / THIS IS JAPAN
13. One More Time / Pale Waves
14. Summer Girl / Haim
15. 花火 / aiko

GO TO THE BEDS

ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソンの5人からなるアイドル・グループ。2020年3月、所属する音楽事務所 WACKが主催するオーディション合宿"WACK合同オーディション2020"最終日に事務所代表の渡辺淳之介より"GANG PARADE"をふたつに分ける形で結成がアナウンスされた。2020年7月22日には1stフル・アルバム『GO TO THE BEDS』をリリースした。