Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

GANG PARADE ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第2回】

2019年06月号掲載

GANG PARADE ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第2回】

GO TO THE BEDS

Official Site

Skream!をご覧の皆さん、こんにちは。GANG PARADEのユメノユアです。
新しい元号、令和の時代が始まり、新生活新学期、皆さんはどうお過ごしですか?私達ギャンパレはというと、4月17日にワーナーミュージック・ジャパンから『ブランニューパレード』をリリースしメジャーデビューをしました!そして、先日大阪と東京の野音ツアーを終えたばかり!東京公演では新メンバー「ナルハワールド」が加入し、10人体制での活動が始まりました!新時代のワクワク感とともに、10人で色々なことに挑戦していきたいと思っています。どうぞこれからもGANG PARADEをよろしくお願いします。
そんな今回は、新元号初ということで、「令和に聴きたい音楽」をテーマに16曲選曲しました。では、早速おすすめの曲を紹介していきます!

1曲目はパノラマパナマタウンさん「めちゃめちゃ生きてる」
このテーマで選曲を考えたときに最初に思い浮かんだのがこの曲でした。「Say yeah いつだってめちゃめちゃ生きてる」、「Say yeah 誰も俺らを止められないぜ」ってめちゃくちゃかっこよくないですか?!そんな風に私も生きてやりたいと思ったし、みんなもそうであってほしいなーなんて。ラップ部分の歌詞も共感できるところもありつつ言葉遊びも面白いので歌詞にも注目してみてください!この曲も収録されている『情熱とユーモア』の収録曲は全部かっこいいので他の曲も聞いてみてください。そして何よりパノパナさんはライブが楽しい。私もまた見に行きたいな~。

9曲目はmol-74さん「▷ (Saisei)」
繊細な歌詞とメロディ、歌に思わず目を瞑って聞き入ってしまいます。「再生の朝に」と最後の歌詞にあるように、新しい時代が始まる空気感を感じることができる一曲ではないでしょうか。私自身も常に"なりたい自分"を模索しながら、いつかそんな自分になれたらいいなという思いも重ねて選びました!

16曲目はGOOD ON THE REELさん「ハッピーエンド」
先日ライブを見に行かせていただいた時に、改めてこの曲の持つパワーが忘れられず、ライブから一週間たった今も頭の中でずーっと流れています。いつかまた時代が変わりゆくときに、みんなが令和が素敵な時代だったと言えたらいいな。そんな思いとともに、素敵な時代をこの手で作っていきたい。ハッピーエンドを待っているし、ハッピーエンドにするぞ!

今回ご紹介した曲は、「LINE MUSIC」で聴くことができます!ぜひお気に入りに登録して沢山聞いてください!そしてTwitter(@yua_GANG)でも様々な曲を紹介しています。よかったら #YuaPlaying で検索してね。次回はどんな曲を紹介しようかな~。お楽しみに!

1. めちゃめちゃ生きてる(パノラマパナマタウン)
2. My Direction(SHADOWS)
3. Hurry Up!!(BUZZ THE BEARS)
4. 輝きだして走ってく(サンボマスター)
5. 新しい文明開化(東京事変)
6. 令和(ゴールデンボンバー)
7. 24/7 What For(Newspeak)
8. ONLY BLOOD(BOOM BOOM SATELLITES)
9. ▷ (Saisei)(mol-74)
10. 黒い街(WOMCADOLE)
11. 青春脱出速度(神様、僕は気づいてしまった)
12. 時代のヒーロー(GLIM SPANKY)
13. あなたに出会えて(Rhythmic Toy World)
14. HOPE(a crowd of rebellion)
15. 魔法にかけられて(Halo at 四畳半)
16. ハッピーエンド(GOOD ON THE REEL)

GANG PARADE

"みんなの遊び場"をコンセプトに活動するアイドル・グループ。2014年の前身ユニット結成からメンバー・チェンジやグループ名の改名を経て、2019年4月17日にワーナーミュージック・ジャパン内の新レーベル"FUELED BY MENTAIKO"よりメジャー・デビュー・シングル『ブランニューパレード』をリリース。5月に自身最大規模となる野音ツアー"CHALLENGE the LIMIT TOUR"を行い、同ツアー東京公演より新メンバー、ナルハワールドが加入し10人体制となった。8月からは初主演舞台の開催が決定している。