Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

GO TO THE BEDS ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第11回】

2020年12月号掲載

GO TO THE BEDS ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第11回】

GO TO THE BEDS

Official Site

Skream!をご覧の皆さん、こんにちわ。GO TO THE BEDSのユメノユアです。12月がやってきましたね、2020年も終わります。今年は世界的にも色々な変化がありました。私はグループが新しくなったり環境の変化の中で、音楽の在り方を考え、時に音楽に対して距離感を感じながら生活していました。それでもやはり音楽に人生を支えられている、生かされているなと再認識することもできました。皆さんはどんな2020年だったでしょうか?2021年が「今日より明日」の精神で明るい年になるように、これからも音楽の力を信じて「素敵な音楽がここにあるよ」と発信していこうと思います!

2020年ラストのプレイリストは「今年たくさん聴いた曲」。私ユメノユアが2020年に最も聴いた楽曲を15曲紹介します。

1曲目 突破口 / SUPER BEAVER
私の大好きな少年漫画「ハイキュー!!」の第4期(第2クール)のオープニング。ハイキュー!!は今年連載が終了しました。アニメのオープニングのワクワク感って何にも言い表せない。この曲を聴いたらキャラクターたちが頭の中で動き回る。そしてアニメとの相乗効果でパワーを与えてくれます。「今をやめない」冒頭から引き込まれるこの曲は、今の私のテーマソング!

7曲目 アンドロメダ / aiko
今年サブスク解禁したアーティストの中でもaikoさんの曲は1番聴いたと思います。aikoさんの表情豊かな歌声に心が癒される日々。たくさんの楽曲の中でも、この曲は初めて聴いた時に心がギュってなったのをよく覚えています。昔の私にとって、歌詞の中に知らない世界が広がっていて、さらに聴く人にとってその情景は違うのだろうなと思い、aikoさんの世界に魅了されました。こうして今も聴きたい時にすぐに聴けるのが嬉しいな。

15曲目 軌跡 / WOMCADOLE
WOMCADOLEは熱く魂を燃やしている。そんな個人的な彼らのイメージ通りの楽曲で聴いた時に「あー早くライブハウスで聴きたい」って思いました。何かのせいにしてしまうことや、逃げることは在る意味一つの選択肢ではあるけれど、それもすべて自分自身の人生であることを再認識させられる。それでも生きていること、それだけで戦っているわけで。人生について、人の命について私もたくさん考える毎日です。現在を生きるすべての人に聴いてほしい1曲です。

いかがでしたか?今年はSTAY HOMEでアニメをよく見ていたのでアニメの主題歌が多くなりました。今回紹介した曲は、紙面のQRコードから「LINE MUSIC」で聴くことができます。Twitter(@YUA_GO_TO)でも色々な曲を紹介しているのでよかったら#YuaPlayingで検索してみてください。

次回の連載は2021年2月。来年はもっと身近に、音楽を感じられる世界でありますように。GTTBも飛躍するぞ!良いお年を。

1. 突破口 / SUPER BEAVER
2. FLY HIGH!! / BURNOUT SYNDROMES
3. yumeutsutsu / 赤い公園
4. クラッカー・シャドー / 秋山黄色
5. 暗く黒く / ずっと真夜中でいいのに。
6. ブルーベリー・ナイツ / マカロニえんぴつ
7. アンドロメダ / aiko
8. Television Romance / Pale Waves
9. One Step Closer / Linkin Park
10. Parasite Eve / Bring Me The Horizon
11. BLACK & WHiTE / SiM
12. 廻廻奇譚 / Eve
13. SPARK-AGAIN / Aimer
14. 赤の同盟 / 東京事変
15. 軌跡 / WOMCADOLE

GO TO THE BEDS

ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソンの5人からなるアイドル・グループ。2020年3月、所属する音楽事務所 WACKが主催するオーディション合宿"WACK合同オーディション2020"最終日に事務所代表の渡辺淳之介より"GANG PARADE"をふたつに分ける形で結成がアナウンスされた。2020年7月に1stフル・アルバム発表。12月13日に名古屋市公会堂にてホール・ワンマン・ライヴ"ARE YOU SLEEPER?"の追加公演を開催予定。2021年1月13日には初EPをリリースする。