Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

GO TO THE BEDS ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第8回】

2020年06月号掲載

GO TO THE BEDS ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第8回】

GO TO THE BEDS

Official Site

Skream!をご覧の皆さん、こんにちわ。GO TO THE BEDSのユメノユアです。お家時間のプロになりつつある私は映画やアニメを見たり、過去にリリースされた音楽を改めて聞いたりして過ごしています。家にいるとなかなか気持ちのリフレッシュも難しいですよね。外で早く乾杯できる日常が来たらいいなーなんて思うわけです。今回はそんなちょっと気分を上げたいときにぴったりな「おうち時間に元気になれる曲」をテーマに選曲しました。

1曲目、Hi-STANDARD「BRAND NEW SUNSET」
4月22日、「PIZZA OF DEATH RECORDS サブスク解禁」のニュースを見て私は家で発狂しました。そんな読者の皆さんも多いのではないでしょうか?ハイスタの曲だけでもプレイリスト作りたいくらいですがそういうわけにもいかないので、1曲を紹介!この曲はどこか哀愁を感じながらも力強さも感じることができます。過去を飲み込んで新しい生活が始まる、また明日を頑張ろうと思える自分の応援ソングです。多くのバンドに影響を与えてきたハイスタ。その音楽を隅から隅まで気軽に楽しむことができるありがたい世界だなぁ。


8曲目、ミオヤマザキ「いまどうしてる?」
ミオヤマザキが、ファンのみんなのことを想って書いたという最新作。メンバーや応援してくれるみんな、関係者、友達、家族。直接人に会うことが難しい今の世界。みんなに早く会いたい。今を耐えた先に、きっとまだ見たことない素敵な世界があるんじゃないかな?と前向きになれました。しっとり落ち着くメロディーの中に強いメッセージ性のある歌詞。初めて聞いたとき涙が出ました。


15曲目、ircle「あふれだす」
ircleのライブでもよくやっている印象のあるこの歌。無音からはじまった瞬間のボーカルの河内さんの力強い歌声。まぁ1度聞いたら耳から離れない、そして胸に刺さる!ゲストにフレンズのおかもとえみさんが参加しているのもこの曲の聞きどころ。ちょっと頑張ったな自分と何かをした日に聞きたくなる1曲です。


いかがでしたか?ポップに元気な曲から、心に刺さる元気な曲まで色んなタイプの曲を詰め込んでみました。
今回紹介した曲は、紙面のQRコードから「LINE MUSIC」で聴くことができます。気になったアーティストの他の曲も聴いてみてね。そしてTwitter(@YUA_GO_TO)でも色々な曲を紹介しているのでよかったら#YuaPlayingで検索してみてください。次回の連載は2020年8月。夏フェスも開催中止が相次ぎ寂しいなーと思うのです。今年の夏はどんな夏になるんでしょうか。誰にもわからないけれど、音楽とともに強く生きていこう。

1. BRAND NEW SUNSET / Hi-STANDARD
2. Rising Down / SHANK
3. MAGIC / HAWAIIAN6
4. 癒着☆NIGHT / ヤバイTシャツ屋さん
5. SIX ON THE PACK / オメでたい頭でなにより
6. ルーマーをぶっ壊せ / This is LAST
7. 遠心 / マカロニえんぴつ
8. いまどうしてる? / ミオヤマザキ
9. Amulet Song / PELICAN FANCLUB
10. Hello,world! / BUMP OF CHICKEN
11. DATE DATE DATE / SULLIVAN's FUN CLUB
12. Sing along tonight / 感覚ピエロ
13. 転がる石になる / 東京少年倶楽部
14. サニー / リュックと添い寝ごはん
15. あふれだす / ircle

GO TO THE BEDS

ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソンの5人からなるアイドル・グループ。2020年3月、所属する音楽事務所 WACKが主催するオーディション合宿"WACK合同オーディション2020"最終日に事務所代表の渡辺淳之介より"GANG PARADE"をふたつに分ける形で結成がアナウンスされた。2020年7月22日には1stフル・アルバム『GO TO THE BEDS』をリリースする。