Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

GANG PARADE ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第6回】

2020年02月号掲載

GANG PARADE ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第6回】

GO TO THE BEDS

Official Site

Skream!をご覧の皆さん、こんにちは。GANG PARADEのユメノユアです。2020年も早いものでもう1ヶ月が過ぎてしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?GANG PARADEはつい先日、配信限定シングル「涙のステージ/FiX YOUR TEETH」をリリースしました!ヒャダインこと前山田健一さんとSCRAMBLESの松隈ケンタさんの最強コラボによって誕生した2曲。ぜひ聴いてね。2月に入り冬も終わりに近づき、季節は春を迎えようとしています。そんな第6回目の今回は「卒業ソング」をテーマに選曲しました。それではどんどん紹介していきます!

1曲目、ヒトリエ「ポラリス」
昨年ヴォーカルのwowakaさんがお亡くなりになりました。そのニュースは今でも鮮明に覚えていて。しばらく現実を受け入れることができなかった自分がいました。そんな中、2019年末のCOUNTDOWN JAPANで、3人でステージに立つ姿を見てきました。色んな感情が同時に生まれ、涙が止まらずライブを見ていました。そしてこの曲を聴いて私自身も「あーまだできる、やらなきゃ」と背中を押され。最近ずーっと聴いています。「誰も居ない道を行け」という歌詞にあるように、一歩踏み出す勇気をくれる歌です。私はこれからもヒトリエを聴き続けます。


6曲目、KALMA「クラスメート」
昨年12月に「KALMA」に改名し、ビクター内のレーベルからのメジャーデビューが決まった北海道の3ピースバンド。おめでたい!そしてメンバー全員2000年生まれというフレッシュさ。クラスメートという言葉は大人になるにつれて遠い存在になるように、彼らの音楽はまさに青春。等身大の卒業ソングをぜひ聴いてみてください。3月にはミニアルバムがリリースされるらしいので、今から楽しみです!


15曲目、BLUE ENCOUNT「はじまり」
全国高校サッカー選手権大会の応援歌にもなった曲。卒業というと、色んな形がありますが、やっぱり一番に思い浮かぶ卒業は学校です。最後の「これから別々の道を行こうとも/また笑顔で会えるように」というフレーズがお気に入り。ブルエンの曲はなんといっても歌詞が最高に胸に刺さるし、ライブもめちゃくちゃかっこよくて大好きです。この曲はぜひMVも合わせて見ることをオススメします。


今回紹介した曲は、紙面のQRコードから「LINE MUSIC」で聴くことができます。ぜひ聴いてみてね!そしてTwitter(@yua_GANG)でも色んな曲を紹介しているので、よかったら #YuaPlaying で検索してみてください。次回の連載は2020年4月。GANG PARADEは4月から「MY FIRST HALL TOUR」を全国6箇所7公演行います。チケット発売中なので、ぜひ遊びにきてね。次回もお楽しみに!

1. ポラリス / ヒトリエ
2. C.h.a.o.s.m.y.t.h. / ONE OK ROCK
3. BABY STEP / LAMP IN TERREN
4. キズナ / Aimer
5. 藍二乗 / ヨルシカ
6. クラスメート / KALMA
7. ディアマン / BUMP OF CHICKEN
8. ソラニン / ASIAN KUNG-FU GENERATION
9. キズナ / ORANGE RANGE
10. さよならの季節 / SHISHAMO
11. 未来は俺らの手の中 / climbgrow
12. Stand by You / ドラマストア
13. Yeah! Yeah! Yeah! / androp
14. ともに / WANIMA
15. はじまり / BLUE ENCOUNT

GANG PARADE

"みんなの遊び場"をコンセプトに活動する10人組アイドル・グループ。2014年の前身ユニット結成からメンバー・チェンジやグループ名の改名を経て、2019年4月にワーナーミュージック・ジャパン内の新レーベル"FUELED BY MENTAIKO"よりメジャー・デビュー。11月にはメジャー1stアルバムを発表した。2020年2月26日には、ライヴBlu-ray作品『PARADE GOES ON TOUR at 中野サンプラザ』をリリース予定。4月12日からは初の全国ホール・ツアー"MY FIRST HALL TOUR"を開催する。