Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

GO TO THE BEDS ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第10回】

2020年10月号掲載

GO TO THE BEDS ユメノユアの"ROCK ON!#YuaPlaying"【第10回】

GO TO THE BEDS

Official Site

Skream!をご覧の皆さん、こんにちわ。GO TO THE BEDSのユメノユアです。あっという間に今年も後3ヶ月。「人生の中でも記憶に残る一年だったなぁ」と思いを馳せる中、GO TO THE BEDSは先日初めてのワンマンライブを行いました!始動から約半年、目の前にお客さんがいる感動をあの日から毎日思い出しています。でもやっぱり、ライブハウスで汗だくになったり、自分もバンドのライブを生で見たいな。今回は「ベッドの中で聞きたい曲」をテーマに選曲しました。私も最近はこのプレイリストを聴いて眠っています。「こんな時代だからこそ、目を瞑った先の景色が少しでも暖かいものであって欲しいな」という気持ちを込めました。

1曲目 今日も生きたね / THE NOVEMBERS
私はいつも寝る前にその日の振り返りをするのですが、夜だしどうしても落ち込んでしまったり、ネガティブになりがちです。でも、本当は生きてることだけで素晴らしいし、命は美しい。一日の終わりに、せめて自分で「よく生きたね」と褒めてあげることも大切なのだと気づかせてくれる曲です。

6曲目 天国 / Brian the Sun
先日、活動休止を発表したBrian the Sun。私が学生時代から活動されていて、好きなアニメの主題歌も担当していたりとずっと聴いてきたバンドの1つ。天国を聴くと心が暖かくなる、オレンジ色の景色が目に浮かびます。寝る前にほっこりできる曲です。活動休止ではありますが、彼らが作ってきた沢山の曲たちを聴いていつかの帰りを待っていたいな。

15曲目 One more time,One more chance / 山崎まさよし
私の大好きな新海誠さんの監督作品、「秒速5センチメートル」の主題歌として再リリースされた1曲。新海監督の主題歌や挿入歌は作品の世界観とマッチしていて最高。最近また秒速を見たのと、長年愛されている楽曲を聞いてもらいたくて、今回プレイリストに入れてみました。

16曲目 僕は今日も / Vaundy
今の私が「一日の最後に聞きたい曲」ナンバーワンです。音楽、歌、自分の存在に自問自答を繰り返す日々。大好きだったライブハウスという居場所が無くなったり、行けなかったり。目まぐるしく動く感情のなかで、この曲の持つパワーに救われています。いつかまた、今より良い環境で音楽と共存できる毎日が訪れますように。

いかがでしたか?今回紹介した曲は、紙面のQRコードから「LINE MUSIC」で聴くことができます。Twitter@YUA_GO_TOでも色々な曲を紹介しているのでよかったら#YuaPlayingで検索してみてください。

次回の連載は12月。2020年ラストの連載です。音楽は聴いてくれた人の心を優しく包み込んでくれます。ぜひ色々なアーティストの音楽をぜひ聴いてみてくださいね。おやすみなさい。

1. 今日も生きたね / THE NOVEMBERS
2. 流れ星 / スピッツ
3. 眠気 / オレンジスパイニクラブ
4. 怪獣の腕のなか / きのこ帝国
5. 月と獣 / Halo at 四畳半
6. 天国 / Brian the Sun
7. CLIMAX NIGHT / Yogee New Waves
8. NIGHTS / YAJICO GIRL
9. 寂しくて眠れない夜は / Aimer
10. ◁◁ (瞼) / mol-74
11. Parachute Flare / Newspeak
12. Midnight Cruise / WONK
13. 想いあい / the shes gone
14. 愛を両手に / ACIDMAN
15. One more time,One more chance / 山崎まさよし
16. 僕は今日も / Vaundy

GO TO THE BEDS

ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソンの5人からなるアイドル・グループ。2020年3月、所属する音楽事務所 WACKが主催するオーディション合宿"WACK合同オーディション2020"最終日に事務所代表の渡辺淳之介より"GANG PARADE"をふたつに分ける形で結成がアナウンスされた。2020年7月に1stフル・アルバムを発表。11月には初のホール・ワンマン・ライヴ"ARE YOU SLEEPER?"の追加公演を開催予定。2021年1月13日に初のEPをリリースする。