Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チャットモンチー

2018年06月号掲載

チャットモンチー

チャットモンチー

Official Site

メンバー:橋本 絵莉子 福岡 晃子

インタビュアー:石角 友香

-そして「砂鉄」は高橋(久美子/ex-チャットモンチー)さんの歌詞ですが、これはお願いした感じですか?

福岡:そうです。もともと昔の曲をやろうっていうことになってたんですけど、くみこん(高橋)が歌詞を書いた曲でなんか良かった気がするのがある、って考えてて。でも、そのデモがどうしても見つからなかったんです。それで、じゃあもう新しく作ろうということになって、お願いしたっていう(笑)。

-見つかってたらそれを構築しようと?

福岡:たぶんそうなってたと思います。でも、新しい方がくみこんもいいと思うから、結果的に良かったんですけど。

橋本:歌詞はあって、絶対良かったからどうしても入れたいって言って始まったんですけど、デモがなくて。私も肝心なメロディが全然思い出せなくて。

福岡:はははは(笑)。

橋本:"あの曲入れたかったなぁ"って、くみこんが脱退してからもずーっと思ってた曲だったから、どうしても入れたかったんですけど、またお蔵入りに(笑)。くみこんに"歌詞を書いてほしい"ってお願いしたら"全然いいよ"って。くみこん的に「砂鉄」の方がかなり難産だったらしいです。で、"意識変えるためにもう1曲書いたので、両方送ります"みたいな感じで2曲分くれて。快く書いてくれました。

-ふたりへの手紙のように取れますが。

橋本:完全にそうだと思います。

-だから悩みに入ってしまったんですかね。

福岡:どうやって書いたらいいか、書き始めも悩んでて。"テーマなんかある?"って聞かれて、"ない。書きたいやつ書いて"って。

橋本:でもたしかに、自分の身に置き換えてみたら、脱退してて6年間一緒にいなくて、曲があるわけでもないのに、チャットモンチーの歌詞を書いてくださいって言われても、気持ちはあるけど、身体はもう6年間離れてたから悩むだろうなってすごい思って。「砂鉄」はメッセージ性があって、もうひとつはもう全然、普段のくみこんの歌詞で。だから、相当悩んで書いてくれたんやろうなって感じです。

-でも、思われたことを過不足なく、部分的には3人にしかわからないことも含まれているんだろうなと思いながら聴きました。ところでこの書き出し(笑)。"同じクラスだったら 友達にはなってないだろうな"という......。

福岡:これもう口癖みたいにしょっちゅう言ってたから(笑)。"えっちゃんとは絶対友達になってないと思うわ"って言ってたよな(笑)? この歌詞を見て"らしい!"って思いました、1行目から。

橋本:(笑)

-高橋さんは曲として残そうと思ったんですかね。

橋本:そうだと思う。

-そう考えると高橋さんの歌詞はチャットモンチーとしてのラスト・アルバムらしい歌詞なのかも。

橋本:くみこんの歌詞はお客さんに向けてという感じではないですからね。

-この曲に関してはあまりメカっぽさを感じないというか。

福岡:ギター以外はほぼ打ち込みなんですけど、どっちかといえば昔のチャットっぽさはあるかもしれないですね。

-でも、あくまで歌詞からのイメージですか?

福岡:やっぱり引っ張られはしますね、ワードとかに。私とえっちゃんでは絶対出てこない言葉がいっぱい入ってるから。


「びろうど」を仕上げられたとき、アルバムをちゃんと作れそうやなって思った。ここからまた始まるっていうか、なんかできそうって思えた曲かも


-力強いし、聴いていて嬉しくなりました。で、最後の「びろうど」はある意味驚きました。橋本さんのお子さんの声から始まるので。スタジオに来たんですか?

橋本:彼は......来ました。

-はははは!

橋本:来ました(笑)。しっかりしたところで歌ってました。

-もうお母さんの仕事をわかってる?

橋本:仕事はもうわかってますね。きっとみんなそういうもんだと、彼はまだ思ってると思います。

-この曲は息子さんに向けてですか? "青い血"というのがミソだなと思ったんですが。

橋本:そうですね。お葬式を経験したときがあって、亡くなってる人の血がまだ青かったんですよ。冷たいのを当ててるから腐敗とかがないときだと思うんですけど、たしかに怪我とかそういうのをしないかぎり、赤くは見えないなと。毛細血管は赤いけど、紫とか青とか、生きてる人って(血が)青く見えるなってことを考えて。

-なるほど。静脈は青く見えますね。

橋本:元気だったら青く見えるのかなって。それを見たときは発見でしたね。

-ある命が終わるけど、また命があってって感じがしました。

橋本:これはあっこちゃんの家で作ったね。

福岡:うん、作ったね。

橋本:いざアルバムを作りましょう! ってなったとき、最後の曲とか、構想を全然考えてなくて。以前に、"アルバム作りますか"ってなりそうだったときにこの曲の原形は作ってたんです。今回この曲を仕上げれたとき、アルバムをちゃんと作れそうやなって思いました。ここからまた始まるっていうか、なんかできそうって思えた曲かも。

-そして"誕生"というアルバム・タイトルはすべての曲ができてから考えたんですか?

福岡:そうです。最後、えっちゃんが考えました。

-すごく"らしい"ですね。

福岡:そうですね。なんか湿っぽくないやつがいい感じで。ポジティヴなものはいっぱい出てたんですけど、"誕生"が一番しっくりきた感じですね。

-おふたりは7月の"完結"を迎えてもそれぞれの形で音楽は続けていかれるんですよね?

福岡:そう、ですね。

-迫ってますけど、私(笑)。

橋本:はははは(笑)。

福岡:ですけど、とにかく完結するまではあんまり何も考えてないというか、何も決まってないし、何も考えられてないというか。

-猛ダッシュという感じでもないですか? 今は。

福岡:そうですね......でも普通のアルバム・プロモーションとは全然違いますから、猛ダッシュっていうか白目むきそうですね(笑)。ここから、考えることの量がすごいですから。あと、ライヴのリハもやりつつですし。結構大変ですけど、伝えることを伝えないといけないんで、頑張ります。

-そうですね。考えることもやることもたくさんありますね。

福岡:直接ライヴで伝えられることがもう数回しかないので、それはかなり頑張らないと、とは思ってます。