Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

[Champagne]|SUMMER SONIC 2011

[ALEXANDROS](ex-[Champagne])

Official Site

2011.08.13 @QVCマリンフィールド&幕張メッセ

Reported by 石井 理紗子

SEの「Burger Queen」が鳴り響く中、“SUMMER SONIC!”と川上(Vo)が帰国子女らしい完璧な発音で叫ぶ。のんびりしていた会場の空気ががらりと変わり、人の波が一気にステージに押し寄せ熱気に包まれた。夏フェスと言えばイベント柄、ラフな服装のバンドが多いのだが、全員真っ黒な衣装、川上に至っては黒いジャケットまできちんと着こみ、あくまでもいつも通りの彼らだ。そして日本最大級の夏フェスのステージにも臆することなく、“我々が世界の[Champagne]だー!”と堂々と言い放ったのだからさすがである。
始まったのは怒れる代表曲の「For Freedom」。まだ午前中で目が醒めきらずぼんやりしていたのだが、そんなことを許さない衝動的な爆音をくらって一気に頭が覚醒する。そして異国情緒溢れるロック・ナンバーの「Rocknrolla!」。シンプルで一緒に口ずさみやすいサビは、初めて聴く人にも馴染みやすいのだろう。バンドが演奏している間にも後ろからどんどん人が増える。まだ早い時間のステージとは思えないほど観客でいっぱいになったフロアに新曲「言え」、手拍子と共に「Cat 2」が披露され、ヘヴィなサウンドだけではない彼らの魅力が発揮される。大きなステージは演奏の粗が目立ち易いが、「Don’t Fuck With Yoohei」では [Champagne]のしっかりとした演奏力と説得力が感じられた。
最後を締めくくったのは現代のティーンズを代表するかのような歌詞が印象的な「City」。初めて[Champagne]を観た人には少し意外さを感じさせるナンバーだろう。[Champagne]というバンドの魅力は本当に奥が深く、30分では十分に伝えきれないと思う。だが、スクリーンに大写しにされたメンバーと観客の笑顔、そしてスキップをしながら去る 庄村(Dr)の姿が、間違いなく素晴らしいライヴだったことを物語っていた。

  • 1