Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

[Champagne]

Skream! マガジン 2012年05月号掲載

[ALEXANDROS](ex-[Champagne])

Official Site

2012.04.04 @渋谷CLUB QUATTRO

Reported by 沖 さやこ

日本の、それも10代のオーディエンスがここまで我を忘れて熱くなれるのか――それが率直な感想だった。でもどの時代も、音楽はそういうものだ。感受性豊かな若者たちは直感で“カッコイイ音楽”をキャッチし、のめり込み、それがムーヴメントとなる。THE BEATLESだって、SEX PISTOLSだって、OASISだってそうだった。若者たちはバンドの持つ“野心”を察知する才能を持っている。この夜は、その感性と[Champagne]の歯車が見事なまでに噛み合い、途轍もないスピードとエネルギーを生んでいた。終演後に見た、汗だくの若者たちのキラキラした笑顔は、バンドの勢いの象徴だろう。

サード・アルバム『Schwarzenegger』のレコ発ライヴとして東京と大阪で開催された“Premium V.I.P. Party”。今の[Champagne]には狭すぎるキャパシティゆえ、プレミアム感もグッと増す。場内が暗転しSE「Burger Queen」が流れると、ハンズ・クラップと大歓声が。メンバーが登場した途端モッシュが起こり拳が突き上がる。まずはラフなジャム・セッションを披露すると、ダイヴァーが出現。もう待ちきれない!というフロアに、まずは「She's Very」「Yeah Yeah Yeah」と、ファースト・アルバム『Where's My Potato?』の楽曲を立て続けにブチかます。強烈なサイダーを一気飲みするような刺激と爽快感。川上洋平(Vo&Gt)と白井眞輝(Gt&Cho)の透き通るギターは火を噴くように唸り、磯部寛之(Ba&Cho)と庄村聡泰(Dr)のリズムは硬派に鳴り響く。熱狂的なコール&レスポンス、一点の曇りもない高純度のサウンド。オーディエンスは貪欲に[Champagne]の音を得ようと、体を振り動かす。「For Freedom」ではハンズ・クラップが起こり、フックで合唱、ダイヴァーは乱舞。パンク・ロックよりも爆発力があるのではないだろうか。4人の音は同じ方向を指し、突き進む。[Champagne]の音は4人の音がピッタリ重なった瞬間が最高に気持ちいい。胸の中にまっすぐ飛び込んでくる。

“ハワイに行きたいかー!……今からハワイに連れてきまーす”という川上のMCから、「?」「My Blueberry Morning」とセカンド・アルバム『I Wanna Go To Hawaii.』の楽曲群を立て続けに披露。クールだけど熱い、そんなスリリングなスピード感。キャッチーでありつつ攻撃的な「Rocknrolla!」では磯部と白井がステージを暴れ回る。「Cat 2」はそれこそ高速ヘドバン級のハード・ロックが炸裂。フロアから叫び声が上がる。するとそこからKASABIAN来日公演のオープニング・アクト時でも披露したカヴァー「Club Foot」を投下。その後も川上がアコギでOASISの「Don't Look Back In Anger」を弾き語りする場面があった。

“生まれたての三男坊を可愛がって頂いても宜しいでしょうか? 少々ヤンチャなんでよろしくお願いします”と川上が語り『Schwarznegger』から5曲披露。「Kill Me If You Can」では川上がギターを置きマイク・スタンドを握り締め熱唱。こういうことは言いたくないけど、と前置きをして“みんなのために書いた曲です”と「Kids」へ。強靭な音にも関わらず柔らかさを感じるのは、彼らのファンに対する敬意と感謝だろう。「city」の美しさは格別で、その迫り来る刹那的な音像に胸が掻き毟られる。

アンコールでは「Kids」のPV撮影が開催され、プレミアムでV.I.P.なサプライズにパーティー感が高まる。ラスト「Supercalifragilisticexpialidocios」からUNDERWORLDの「Born Slippy」を披露すると磯部が“ごめん、このまま帰りたくねえ!”とPRIMAL SCREAMの「Accelerator」を放つ。4人の音は抜群のステップで踊り狂い、フロアのモッシュも最高潮。川上は“愛してるぜ!”と叫んでステージを後にした。

終演後、しばらくその場を動けなかった。ステージとフロアの、裸の感情がぶつかり合ったこの空気に触れていたかったのだ。我を忘れて瞬間を楽しむ。ロックって、ライヴってこういうもんだ――当たり前だけど大事なことを噛み締めた夜だった。