Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

めろん畑a go go

めろん畑a go go

めろん畑a go go

Official Site

メンバー:中村ソゼ 琉陀瓶ルン 崎村ゆふぃ 知世千世 あみのころみ

インタビュアー:宮﨑 大樹

めろん畑a go goがセルフ・タイトルのミニ・アルバム『めろん畑a go go』をリリースする。あみのころみの卒業も控えるこのタイミングでのセルフ・タイトルということで、グループにとって節目の作品になることだけは間違いなさそうだ。コロナ禍を含めた様々な変化や逆境と向き合い続ける5人に話を訊いた。


出会いと別れを繰り返して、でもグループは形として残って、歌も残る


-セルフ・タイトルのミニ・アルバム『めろん畑a go go』が完成しました。セルフ・タイトルの作品を出すときって、ベスト・アルバムで出したりとか、縁起悪いことを言いますけど、それが最後の作品になっちゃったりするじゃないですか?

一同:うっ(笑)。

ころみ:信じるか信じないかはあなた次第です。

-え......? なので、セルフ・タイトルのものをインタビューするときってちょっと怖いんです。

ルン:タイトルを聞いたとき、私も一瞬それを思いましたよ。

ゆふぃ:え、解散? 活休?

ルン:解散とかじゃないけど、"今がベストだ、もうこの5人を超えることはない"と思っているのかなぁ、みたいな。

ころみ:でも、私の卒業をプロデューサーに言う前に決まっていたはずじゃない? 本当に同時くらいなんですよ。卒業の相談をした時期と。

ソゼ:だからだと思うけどなぁ。

ころみ:ある程度は決まっていたとは思うけど、私のセンター曲とかはあとから決まったのかなぁと思った。このタイミングと、"めろん畑a go go"というタイトル、しかも「めろん畑a go go」という大事にしてきた曲を再録ということで、なんか......責任をちょっと感じました。それでもめろん(めろん畑a go go)は続いていくのに、いいのかな? って、なんかね、いろいろ思いましたよ。

ゆふぃ:めろんはストーリーを大事にしているので、そういう側面で見れば、すごくベストなタイミングでもあるのかなと思います。

-できあがったミニ・アルバムを聴いてみて、自分たちとしてはどんな作品になったと思いましたか?

ゆふぃ:ファンタジックな感じがしました。プロデューサーがヒーローものとか、ファンタジー、フィクションっぽい歌詞に重きを置いていて。そういうほうが面白いし、楽しいだろうという考えがあるので、こういう作品になったのかなと思います。

ルン:たぶんこれが一番売れるんだろうなって思いました。ただ最初は、カッコ良すぎちゃって"めろんっぽくないな"と感じたんです。曲が基本スマートというか。いつもだったら8曲あったら3曲ぐらいは"におい"がする。

千世:泥臭い感じ?

ルン:そう。今回はスマートだなぁって。

ゆふぃ:でも1曲目(「GO GO MELON THE VICTORY」)は、めろんっぽくない?

ルン:それはめろんっぽい。この1曲が全部吸っている感じ(笑)。

ソゼ:たしかに、「WIPE OUT IDOLS」とか、「LET'S VIBE」とか、「STILL HEAVY SITMAN」とかは全部おすまししている、まとめられている感じはします。

-作品が出るたびにキャッチコピーがつくじゃないですか? 今回のキャッチコピーは、"僕らは滅びない。きっと歌が残る。だからめろん畑で待つ。"というもので。歌詞の引用だからまだ大丈夫なんですけど、このキャッチコピーにもソワソワしました。

ソゼ:"終わるんだ"って思いますよね(笑)。

ゆふぃ:メンバー総入れ替え。ネクスト・シーズンみたいな(笑)?

-そんなことにはならないですよね?

ころみ:ならないです。ならないですよね? え、知らないだけ(笑)?

ゆふぃ:でも、(卒業したあとは)"#あみころ(あみのころみ)ロス"とか流行りそう(笑)。

ルン:このグループで、あみころの存在がちょっとデカくなりすぎているから。

ころみ:何それ嬉しい。ここ、書いておいてくださいね。色変えてデカい文字で。

ルン:やっぱ書かなくていいです(笑)。嘘です、勘違いでした(笑)。

ソゼ:ライヴごとにお花を渡そうとしてる人とか、歌を送ろうとする人とか、すごいんですよ。岐阜でライヴをしたんですけど、特典会が終わったあとに、"ちょっと待ったー!"って言われて、"お花かな?"とか思うじゃないですか。そうしたら"歌ってもいいですか?"って、お客さんのひとりがアンプとギターを持ってきてあみに歌を送って。

ルン:これさぁ、記事になったら喜んじゃってどんどん来ますよ(笑)。

ゆふぃ:カットカット(笑)。

ソゼ:今までのね、応援してきてくれたという歴史と関係性があってのアレなので。突然歌いに来られたら――

ルン:出禁になっちゃう。

-(笑)とにかく節目の作品になることは間違いないですよね。

ころみ:私にとってはどう考えても節目ですよ。節目と旅立ちと......。

ルン:私たちって"こんなに明るかったっけ?"と思いませんか? あみころがいるから明るいんだと思うんですよ。4人になったら、恐ろしい未来が見えるんです(笑)。仲はいいけど喋らなくはなると思うなぁ。

ゆふぃ:インタビューのときだけ召喚する?

ころみ:インタビューだけ来ようか?

-むしろインタビュアーになったらいいんじゃないですか?

ころみ:あ、いいですね、それワンチャン。

ルン:そしたら安心です。

ゆふぃ:(The Grateful a MogAAAzとの)兼任を続けてくれていたメンバーが卒業するという意味では、めろんとしても節目なのかなと思う。

ソゼ:同じメンバーで活動した中では、一番長いかなぁ。たぶん一番長いよね?

ころみ:そうだね、8月までだったら約2年半だもんね。

ルン:えぇ~、このあいだ入った気もするけどね。だって自分もこのあいだ入った気がするもん。

ソゼ:私もこのあいだ入った気がする(笑)。

ゆふぃ:それはヤバいよ(笑)。5年経ってるよ。

ころみ:こうやって時がどんどん過ぎていくんですよ。なんか早すぎちゃって。

ゆふぃ:そういうのって全部「めろん畑a go go」に集約されている気がするんだよね。出会いと別れの繰り返しがテーマの曲だと思うんです。アイドル・グループって全部そうじゃないですか? 出会いと別れを繰り返して、でもグループは形として残って、歌も残る。