Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

あみのころみ卒業前インタビュー

あみのころみ卒業前インタビュー

めろん畑a go go

Official Site

メンバー:あみのころみ

インタビュアー:宮﨑 大樹

めろん畑a go go、The Grateful a MogAAAzの兼任メンバーとして活動してきた"あみころ"こと"あみのころみ"が、"あみのころみ生誕祭2022(仮)"をもってグループを卒業することが発表された。あくまでも前向きな卒業だという彼女は、なぜ卒業を決意したのか、メンバーやファンに向けての想い、現在の心境など、話を訊いた。

-卒業発表しちゃいましたね。

そうなんですよ。見ていただきましたか?

-見ましたよ。ビックリしました。

私もビックリです(笑)。

-(笑)こうして話している雰囲気もそうだし、発表したときのコメントもそうですけど、本当に前向きな感じなんですね。

本当にそれです。何かが嫌でとかではなくて。前々からずっと考えていて、人生プランにおいての感じですね。人生計画、めちゃくちゃしているんです。でも、ゴリポ(GOLLIPOP RECORD)に入ったら、考えていた人生プラン以上に"続けたいな"とか、"どんな形でも表に出ていたいな"みたいな気持ちが強くなっていて。でも、兼任だから何もできないんですよ。本当にすべてを犠牲にしてきていて。"どっちかだけでも続ける"とか、"活動休止でいいんじゃないか"とか、いろいろな選択肢はあったんですけど、今さらどっちかだけを選択するほうが難しくて。モガーズ(The Grateful a MogAAAz)だけやるとか、めろん(めろん畑a go go)だけやるとかはなかったんですよね。だから"どっちも卒業します"って、わりとすぐに決断しました。

-どちらのグループに対しても、未練みたいなものは特になかったんですか?

実際にやめたら出てきたりするとは思います。でも、今のところはまったくないですね。"何かがうらやましい"とか、"誰かがうらやましい"とか、"こうなりたい"とかもないです。だから、ある意味やり切ったのかなという感じ。アイドルとしては、11年くらいやっているので(笑)。ゴリポの前のグループが解散になったときに、もうアイドルはいいかなと思って、お芝居をやっていた時代とかもあったんですけど、またアイドルをやっちゃいました(笑)。やって正解だったんですけどね。"もういいか、あとひと踏ん張り、もういいか、あとひと踏ん張り"が、たぶん3回くらいあったので。後悔とか、未練はないかもしれないです。

-"あとひと踏ん張り"と思えたのは、やっぱり楽しかったからですか?

楽しかったし、活動がない生活というのが考えられなかったんですよね。いろんな仕事をしていたんですけど、ぶっちゃけ違う仕事をしているほうがお金は儲かるし、ここまでの大変さもないじゃないですか(笑)? でも、(アイドルを)やっていたい気持ちのほうが大きかったです。

-人生プランを立てるうえで、どこかで区切りをつけようと考えるようになったのは、いつからだったんですか?

中学生とか高校生くらいからざっくりはありましたよ。私は神経質だし、"計画通りいかないともう嫌だ"みたいな感じなので。でも、真剣に考えたのはここ1年くらいかもしれないです。"今は楽しいけど、3年後の自分の人生はどうなっているんだろうな"とか。それで木下(盛隆/プロデューサー)さんに卒業や、今後の将来のことについて相談したときに、背中を押してくれるような嬉しいお言葉をいただけたので、そういうのもあって、卒業も怖くないと思ったんですよね。ここにいれば、グループじゃなくても、何かしらできるんじゃないかと。それで背中を押されたというか。

-心強いですね。プロデューサーが背中を押してくれるというのは。

そうですね。"グループをやめる=事務所もやめないといけない"とか思うじゃないですか? でも"いろいろやりようがあるでしょう"とか、思っていたよりもいい言葉を返してくれたので、"なんだ、そういう選択肢があったのか"みたいな。今すぐとかじゃないですけど、追々のことを話したときに、そう言ってくれたのは大きかったですね。

-いい会社ですね。

いい会社です、本当に。誰にでもそのとき(やめるとき)ってやってくると思うんですよ。全員が全員ずっと20代ではないし、今の環境のままじゃない。だから"それでもやっていきたい"と思ったときの道筋を作りたいんです。あんまり偉そうなことは言えないですけど、"グループを外れても、居場所はある"って言えるようにしたい。

-プロデューサーの反応は好意的だったみたいですが、メンバーに卒業の意志を伝えたときは、どんなリアクションだったんですか?

雰囲気を醸し出してもいなかったので、ビックリですよね。でもめろんは"まだ誰も行ってない道を行ってくれてありがとう"みたいなことを言ってくれて、モガーズはみんな泣いていました。伝えたのが年始くらいだったので"あと半年以上もあるぞ"っていう口実(笑)? があったので、ビックリはしたと思うけど、ワンクッション置けた感じはありましたね。

-あみころさんが、アイドルをやっていて良かったと思うことってなんですか?

ありきたりかもしれないですけど、大きいライヴができたときとか、アルバムとか本とかが形になったときですかね。形になって届けられるのは嬉しいです。あと、兼任で良かったなとは思います。

-兼任はだいぶ大変そうでしたけど(笑)。

(笑)"兼任じゃなかったらもっとできたんじゃないか"とか思うし、そう言われるけど、兼任だったから逆にここまでできたのはあったかな。

-それはなぜですか?

私って、だらだら長くできない人間だと思っていて。2倍速でぎゅっとした濃厚さではあったんですよ。"同じ速度で365日24時間進むのに、2個のことができるなんてラッキーすぎないか"と思っていて。あと、同じ交通費を払って会場に行って、1ステージしかできないのと、2ステージできるのだったら、1秒でも多くステージにいるほうがラッキーじゃないですか? そう言い聞かせているとかもありましたけど(笑)、他のグループに対する嫉妬が一切ないのも、やっぱりどっちもやらせてもらっていたことがあると思うんですよね。"めろんでできないことがモガーズでできるじゃん"とか、その逆も。そういう意味では、どっちもやっているからこそ、バランスが取れていたのかなと思います。ただ、めちゃくちゃ大変でした(笑)。大変だったけど、兼任で良かったということだけは言えます。