Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KAQRIYOTERROR

2019年09月号掲載

KAQRIYOTERROR

メンバー:聖涙丸 季 心鞠游 ノア・ロンド DKI

インタビュアー:吉羽 さおり

-まさにKAQRIYOTERRORとしてスタートする思いが込められた1曲です。もう1曲の「SOS」はどうですか?

ノア・ロンド:これは「lilithpride」とは真逆の内容でもありつつですね。

聖涙丸:"現代鎮魂歌"と歌っているんですけど、人生に疲れているとか、仕事とか学校とかで心を失ってしまうことって、きっとみんなあると思うんです。最後のほうでは"大体どん底"、"ただ笑ってたいのに、さ。"って歌っているんですけど、私はこの曲はマイナスで終わってるのではなくて、希望があると考えていて。"ただ笑ってたいのに、さ。"とかって、まだ諦めてないんですよね。私は「SOS」から「lilithpride」に繋がるのではないかって思ってます。

季:「lilithpride」で言う"まだ見ぬ自分に誇りを。"だね。

聖涙丸:そうそう。だから、すごく熱い曲。誰にでもあるネガティヴさは、みんなわかるところじゃないかなって思います。

DKI:一見ネガティヴに見えるんですけど、"はい、死のうとはせず、ちゃんと生きてみたいです。"、"生きて希望見つけたい。"って、そういう希望は捨てない曲になっていていいなと思います。

心鞠游:たしかに。歌詞を見ていてもわかるなってことが多いんです。"誰か責めていたい"とか、そういう気持ちあるもんね。自分が悪いと思っていても、八つ当たりしたいときとかあるじゃないですか。"足りないまだ全然足りてない"とかもたくさん言われたことありますしね。実際に社長にも"足りてないからまだここにいるんじゃないか"って言われたりもしたので(笑)。そういうときにこの「SOS」の歌詞を貰って"ですよね"って痛感しました。ちゃんとそれぞれに合っているパートがくるんですよね。

ノア・ロンド:みんなが歌うところで"「我々は異端だ。」"ってあるんですけど、私自身昔から"変わってる子"っていうレッテルを貼られて生きてきた感じがあったので、感情移入しやすい曲だなって思いました。もともとネガティヴ人間で、でも強さもあるし。人間って、ネガティヴさも強さも兼ね備えて生きていると思うので、気持ちが入ります。私のパートで"心配事 だいたい的中"ってあるんですけど、心配事ってたいてい当たっちゃうんですよね......。

季:あるあるだよね。

ノア・ロンド:でも、2曲合わせて、そういうことを乗り越えられるようなシングルになっているんじゃないかなって。

-その"「我々は異端だ。」"っていうのは、5人とも当てはまっちゃう感じですか。

季:そうですね。

心鞠游:季とノアは、見るからにじゃない?

ノア・ロンド:見た目のこと!?

心鞠游:(笑)でも、5人は共通点があるなって思いますね。

DKI:全員、異端(笑)。

ノア・ロンド:まだ会ってからそんなに時間が経ってないけど、こんなに波長が合うのはそういうことだと思うんです。

心鞠游:ふたりは溶け込むのが本当に早かった。

-ノア・ロンドさんとDKIさんはどんなキャラクターですか?

聖涙丸:DKIはふわふわしてるかな。

心鞠游:ふわっとしてるけど、ちゃんと意志を持ってるんだろうなっていうのが見えてきました。何も考えてないように見えるんですけど、そんなことなくて。

DKI:はははは(笑)。

心鞠游:言うときは言うんです。でも8割ふわっとしてます(笑)。

聖涙丸:DKIは見た目が尖っている感じで、ツノがあるとかね。でも結構、ニコってしてくれるんですよ。

季:その笑顔がかわいい。

聖涙丸:そのギャップにやられてほしいですね。

心鞠游:みんなに見てもらいたいです。まだいろいろ隠し持ってるはずなので、それがどんどん出てくると思います。

聖涙丸:ノアはDKIとは真逆で、クール。なんか聖涙丸と季が同時加入した頃を思い出したよね。私たちも真逆のふたりだって言われていたんです。

太陽と月みたいな(笑)。季がニコニコっとした太陽で、私は冷静っていう感じで。

季:だからふたりが加入となったとき、自分たちのことを思い出しちゃいましたね。レッスンのときも改めて頑張ろうって思いました。

-では、こうして新体制となってここからの目標を聞かせてください。

聖涙丸:これは毎回言っているんですけど、ライヴをひとつひとつ大事にしてちゃんとソールド・アウトさせたいなと思っていて。前回のツアー("幽世テロルArchitect 全国7都市ワンマンツアー「逢舞ヶ時TOUR」")もソールド・アウトすることを目標にしていたんですけど、全部がそうはならなかったんですよね。

心鞠游:次のツアー(2019年11月に開催する""KAQRIYOTERROR 東名阪ワンマンツアー「QIXI」")は全公演ソールドさせたいです。それがまずひとつの目標ですね。

聖涙丸:あとKAQRIYOTERRORでは最近特に、毎回違うことをやろうというのがあって。

心鞠游:これまでの定期公演に代わって新しく"Circus"というライヴ企画をスタートしたんです。全国いろんなところに行けるグループになるということで"Circus"と名付けたんですけど。すでに何ヶ所かやっているんですが、毎回新しい試みでやろうと思っているので、これからまだまだいろんなことをやっていく予定です。

-ここからは5人となって企みのブレーンが増えるから、また楽しみですね。

ノア・ロンド:KAQRIYOTERRORらしさもありつつ、自分が新しく取り込んでいけるライヴ感も大事にしたいですね。やっぱり同じコドモメンタル(※所属レーベル)の中でも被らない、唯一無二のステージを作っていけたらいいなと思ってます。

DKI:明日がお披露目のステージ(2019年8月21日に開催した"KAQRIYOTERROR緊急ワンマン"/※取材日は8月20日)ということで、今ドキドキで、今日練習していても、足りない、全然足りないなって感じて悔しいんですけど。

聖涙丸:お!

DKI:でもきっとライヴではお客さんの熱気もあると思うので、そこにも負けないように頑張りたいと思います。

-5人でのKAQRIYOTERRORならではのものというと、どんなところですか?

聖涙丸:私の中では"祭り"かなと思ってます。

心鞠游:見た目が圧倒的に賑やかになりましたしね。

DKI:身長差もすごくあるので(笑)。

心鞠游:コドモメンタルの中で私が一番小さくて、DKIが一番大きいんです(笑)。最小と最大で最高のグループになりましたよ。

聖涙丸:それによってのKAQRIYOTERRORならではのおどろおどろしさもあるので、ファースト・インパクトでまずKAQRIYOTERRORらしさが出ると思います。ステージももっと気持ち悪く、でもかっこいいものになっていくんじゃないかなと。まずはリリース・イベントやツアーが始まって、ここから"Circus"も各地でたくさんやろうと思っているので、5人になって準備が整ったぶん、どんどんいきたいと思います。