Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KAQRIYOTERROR

2019年09月号掲載

KAQRIYOTERROR

メンバー:聖涙丸 季 心鞠游 ノア・ロンド DKI

インタビュアー:吉羽 さおり

やってきたことは間違ってなかったぞって思えた


-今回の1stシングル『lilithpride』もすごくかっこいい仕上がりですしね。これまでのKAQRIYOTERRORともまた違った面白さも加わりつつ、この表題曲の「lilithpride」は今の思いがより反映された曲にもなってます。

聖涙丸:リアリティがありますね。私たちのこれまで──ノアとDKIが入る前の苦労や大変だったときの気持ちも入った曲になっているんですよ。私はもともとこの曲がすごく好きだったんです。前のシングル、『The Forbidden Masturbating』(2019年1月リリース)の時点で音だけはすでに貰っていて、そのとき「lilithpride」がそのシングルに収録されるのかなって思っていたんですけど、違うよって言われて。じゃあ話がなくなっちゃったのかなって思いつつ、でも好きな曲だからずーっと聴いていたんです。そしたら今回シングルを出すよって言われたのがこの「lilithpride」で、"きたー!"ってめっちゃくちゃ嬉しくて。

-曲もしっかり身体に染み込んでいる状態ですね。曲調もラウドさもあり、R&B的な感じもありといろんなテイストが混じっていて、独特です。先ほどリアリティがあるということでしたが、歌詞の面では、自分たちではどんなところがよりグッときますか?

聖涙丸:これはすもちゃん(季)がいいところ歌ってるじゃん。言っちゃいなよ。

季:言っちゃいます(笑)。"Nothing is wrong."っていうパートを私が歌っているんですけど、ここの意味が"間違ってない"ということなんですよね。私と聖涙丸が入って1年経つんですけど、ここまでいろんな苦労もあったし、いろんな感情を味わってきたんです。それが「lilithpride」の歌詞を見たとき、やってきたことは間違ってなかったぞって思えたし、この5人体制でこれから進むぞっていう気持ちを込めて歌ってます。

心鞠游:だいぶ熱いよね。

聖涙丸:本当にやってきて良かったね。いっぱい泣いて、いっぱい笑ったもんね。

-ふたりはより感じたところでしょうね。

聖涙丸:はい、この歌詞がきたことで私も間違ってなかったと思えました。

季:ありがとう! っていう。これを歌えることが嬉しかったです。

心鞠游:季が言っていた部分が一番伝えたいことだと思うんですけど、私が歌っている"綺麗過ぎない、だからこそ一緒に創作 側から見たら野蛮化も"っていうパートもあって。私は昨年末に加入しているので、そんなに時間は経ってないですけど、短い期間に環境が変わったり、こうして新曲を作ったり、すごく濃い時間だったんです。きっと外から見たら、大変そうって思われているのかなとも思うんですけど、今が正しいし、この場所が楽しいって思うんですね。このパートを私が歌えるのも嬉しかったです。

-ノア・ロンドさんとDKIさんは、そういったグループの歴史を感じながらのレコーディングとなったと思うんですが、この曲をどう捉えましたか?

ノア・ロンド:3人が歩んできたKAQRIYOTERRORとしての活動が、曲にも含まれているのは私もわかったんですけど、それを新メンバーとして歌わせてもらえることがすごく嬉しくて。しかも私が歌わせてもらってるパートが"黙らない、諦めない。泣いたっていいじゃんもっと見て。"というところなんです。

聖涙丸:ここはKAQRIYOTERRORらしいところだよね。

ノア・ロンド:めちゃくちゃ強いんですよね。ちょっと泣かせにくるところもあって(笑)。そういうかっこいいパートをいただけたことに、最初は新メンバーなのにいいのかなって思ったんです。

季:いや、関係ないよ!

ノア・ロンド:最初は3人が歌ったほうが強いパートなのかなって思ったんですけど、何度も聴いていくと、これはKAQRIYOTERRORだけの歌詞でもないなって思えて。みんなに当てはまる歌詞だし、実際に私自身にも当てはまることだなって感じて、KAQRIYOTERRORのことも世間一般のこともすべて含めて、しっかりと感情を込めて歌えたらいいなと。

心鞠游:ここほんとにノアがかっこいいんですよ。

聖涙丸:私は、この"黙らない、諦めない。"という歌詞はすごく思い入れがあるんです。私と季が入る以前の幽世テロルArchitectのイメージが、泣いて怒って喜んで、泥水に這いつくばって、みたいなそういうイメージだったんですよ。それを私たちが受け継いでいるというのもあるんですけど、また入ったばかりのメンバーが歌ってくれたことで、がむしゃら感をどんどんバトンタッチしていく感覚があるというか。

ノア・ロンド:はい、一緒に泥水すすっていこうかっていう気持ちです。

聖涙丸:よろしく(笑)。でも上に行くからね。

-このスピリットを歌うことが大事なんですね。

聖涙丸:大事にしていこうっていうキー・ポイントですね。

-DKIさんはどうですか?

DKI:私も今、これまでも進んできた3人の中にいきなり飛び込んだ感じで、どうしようっていうのが最初はあったんです。でもAメロ部分の、5人がひとりひとりバトンタッチするように盛り上げていく感じがすごく好きですね。あと私が歌っている"新たな光に目が痛い"っていうパートでは、私自身もみんなの光になれたらって思ってます。

-みなさんが、歌うべきパートを歌った1曲ですね。この曲は歌割りが結構細かい感じじゃないですか?

聖涙丸:細かいかもしれないです。でも、幽世テロルArchitectとしてのデビュー・シングル『かごめかごめ / Hybrid TABOO』(2017年リリース)もめっちゃ歌割りが細かかったんです。だから、デビュー・シングルとKAQRIYOTERRORとしての1stシングルということで、ちょっと何か感じるものはありますね。