Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

幽世テロルArchitect

2017年10月号掲載

幽世テロルArchitect

メンバー:のなめら 个喆 ヤマコマロ

インタビュアー:吉羽 さおり

-では改めて、1stシングルのレコーディングはいかがでしたか。「かごめかごめ」なんて、サウンドも激しいしスピード感もあって、歌を録るのも大変なのでは?

个喆:かなり激しい曲ですね。

のなめら:レコーディングの前日に曲がきたんです。そのときはまだ、マロが実際にどんな声なのかとか、声質もわからなくて。のなめが歌詞の振り分けをしているんですけど、どうしようかと大変だったんです。

ヤマコマロ:わからないのに、よくやってくれたよね。

个喆:ちょっと低い声なんじゃないかと予想してたんだよね。

のなめら:予想はしていたんです。だから、マロを中心にしようと思って実際録ってみたら、レコーディングめちゃめちゃうまいし!

ヤマコマロ:そんな。

のなめら:マロに最初にレコーディングをしてもらったんですけど、どうだった、レコーディング?

ヤマコマロ:もう、ハチャメチャなドキドキが止まらない状態で。でも意外と、こんなの自分で出せるんだなって、ちょっとびっくりしたんですよ。

のなめら:そうなんだ!

ヤマコマロ:想像できてなかったなと思って。

-歌のディレクションはあったんですか。

のなめら:場所によっていろいろありました。ラップは全部後ノリの感じでとか。

个喆:気だるく、とかね。

のなめら:ウィスパー・ヴォイスでは、吐息感を大事にとか。

-Twitterを見ると、ふたりのときから知っているファンの方が曲を聴いた感想を書いてくれているじゃないですか。ファンの方も驚いているし、幽世としてもかなり挑戦的な感じですかね。

のなめら:そうです。私たちふたりは、今までの歌い方はやめろって言われたんです。なんていうのかな......。

个喆:ゆるいというか、ちょっと伸ばし気味に歌っちゃうから。

のなめら:気合がない声なので。そこはすごく言われました。"もっとかっこいい歌い方で!"って。でも个喆が褒めてくれたんですよね。"のなめ、そんな歌い方できるんだ"って。

个喆:サビのところが、めっちゃかっこいいんですよ。本気で歌ってたから。

のなめら:自分にも、歌えるんだなって発見もありました。

-引き出されちゃった感じ?

个喆:たぶんそうですよね、すごい声出てたから、"えぇ!?"って思って(笑)。

のなめら:个喆は、ウィスパー・ヴォイスが良かった。

ヤマコマロ:私も好き。

个喆:恥ずかしい......頑張りますです。

-もともと、みなさんどんな音楽が好きで聴いてきたんですか。

个喆:つれづれさんとかのシャウトしている曲や、かっこいい曲が好きなんです。正直あまり音楽を知らなくて、つれづれで音楽を知ったんです。他のアイドルも好きだったんですけど、つれづれさんを好きになってからは、他はもういらないっていうくらいで。

のなめら:私はもともと音楽が好きで、特に電子音楽が好きなんです。テイ・トウワさんが好きで、音が好きなんですよね。歌がないので、自分で解釈するのが好きだし。でも、大森靖子さんも好きなんです。幽世と共通しているんじゃないかなと思うのが、"こんなこと言っていいんだ?"、"これを歌っちゃっていいんだ?"っていう歌詞があるところで、こういう音楽もあることを知ったきっかけが大森靖子さんだったんです。幽世も、歌詞を細かく見ると結構ヤバいことも言っているので。そこは共通していますね。"幽世、これ言っちゃうんだ"って思うような歌詞があったのは、ちょっと嬉しかったです。

-ヤマコマロさんは、どんな音楽が好きだったんですか。

ヤマコマロ:私は邦楽ロックをよく聴くんです。ギターをやっていたりしたんですけど。いろんな音楽の表現があるなかで、自分はどうやって表現したらいいかなと思っていて。それで......あまり考えなかったんですよね(笑)。あっ、これしかないなって幽世に応募したんです。


何かにとらわれたくないっていうのが、やっぱり一番ですかね。私たちはノー・タブーなので


-3人とも、キャラクターは全然違う者同士だと思うんですが、お互いどんな人ですか。

个喆:マロはあとから入ったんですけど、一番しっかりしてる。

ヤマコマロ:もう、ふたりが我が子のように、母性を出してます(笑)。ちゃんと見てないとって。

个喆:のなめも結構、考えてくれているんですよ。ここはこういう感じでとか、歌割りもしているし。

ヤマコマロ:ちゃんと考えてくれていて、リーダー的な存在だと思ってます。

-のなめらさんは、幽世をどういうふうにしていきたいと考えていることはあるんですか。

のなめら:何かにとらわれたくないっていうのが、やっぱり一番ですかね。

ヤマコマロ:ルールなんかないっていう、私たちはノー・タブーですからね。

-今回、その第一歩ができたと思いますか。

个喆:そう思います。