Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

The Winking Owl

2016年05月号掲載

The Winking Owl

メンバー:Luiza(Vo) Yoma(Gt) Ranmalu(Ba) KenT(Dr)

インタビュアー:石角 友香

昨年11月に1stシングル『Open Up My Heart』をリリース、同月に敬愛するEVANESCENCEも出演した"OZZFEST JAPAN 2015"のオープニング・アクトとして登場したThe Winking Owlが、いよいよ1stフル・アルバム『BLOOMING』をリリース。世界基準のロック・サウンドと日本人の心に響く歌詞世界が高い次元で融合した本作についてメンバー全員にインタビュー。

-今作『BLOOMING』は1stシングル『Open Up My Heart』(2015年11月リリース)のリリース時には作り始めていたんですよね。

Yoma:そうですね。シングルの曲を作っていたときからある曲も今回のアルバムに入ってますし、シングルをリリースするころにはアルバムの制作に取り掛かってFいました。

-すごく"バンドになったな"という印象を受けました。

KenT:一体感は間違いなく当初より増しましたね。

-シングルのときはKenTさんが加入したばかりでしたからね。

Yoma:そうです。KenTが正式メンバーになってから初めて制作に関わった音源なので、"ここからだな"という気持ちはありましたね。そういう意気込みで挑んだので、今作はすごくいいものになりましたし、自信を持って"できました"って言えるような作品になりました。

-想像以上に王道を行くようなアルバムだったんですけど、メンバー全員でこのアルバムのヴィジョンについて話し合いましたか? それともYomaさんのイメージでしたか?

Yoma:コンセプトをみんなで話し合ったわけじゃないんですけど、初めてフル・アルバムを作ったのでいろんな挑戦がありました。音楽性に関しては今までの延長線上ではあるんですけど、フル・アルバムで12曲収録しているので、その中で自分たちらしさを出しつつも、どれだけいろんなThe Winking Owlの表情を見せられるかな?っていうところを意識して作りました。

-Luizaさんはアルバム収録曲すべての歌詞を書いたわけですが、産みの苦しみを経験したのでは?

Luiza:そうですね、まずはLINEのグループを退出しようと思うぐらい(笑)、追い詰められてる感がありましたね。

Ranmalu:メンバーやプロデューサーが入ってるLINEのグループです。

Luiza:一瞬迷いましたけど、後々めんどくさくなるのでやめました(笑)。

-(笑)それは締切で追い詰められるから?

Luiza:はい、そうです。あと、今までは1ヶ月に1曲のペースでしか書いてなかったんですけど、今回初めて3ヶ月の間に8曲分の歌詞を書いたんです。でも、追い詰められたのと同時にそれに向かって挑戦できたし、技術を磨けたこともあり、自分の能力が広がったかなというのは感じました。

-よりLuizaさんというヴォーカリストの存在感が際立ったし、どういうバンドなのかわかったというか。

Luiza:ホントですか? よかった。今回は日本語も多めにしたので。英語だけでなく、日本語の意味も最初から最後まで通して読んで、わかってもらえるような歌詞を意識したので、そういうところが伝わるといいなと思います。

-The Winking Owlというバンドは、"頑張っていこうぜ"ってメッセージだけじゃないというのはわかりましたが、どの歌詞が1番大変でしたか?

Luiza:「Bloom」(Track.3)が最後にできた歌詞なんですけど、その曲だけどうしても出てこなくて。ちょっとみんなを待たせることになってしまったんです。やっぱり、リード曲にもなる予定だったので、ちょっとプレッシャーもありつつ。でも、素直に自分が思った心情をストレートに書こうかなと開き直ったら言葉が出てきたという感じです。

-"Bloom"という曲のタイトルそのものは最初からあったんですか? アルバムのタイトルは"BLOOMING"ですけど。

Luiza:アルバムのタイトルが先に決まってて、あとからリード曲「Bloom」が決まりました。