Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

The Winking Owl

2016年05月号掲載

The Winking Owl

メンバー:Luiza(Vo) Yoma(Gt) Ranmalu(Ba) KenT(Dr)

インタビュアー:石角 友香

-リード曲ってこともあるかもしれないけど、わりとまっすぐで明るいサウンドですね。どういう部分で苦労しました?

Luiza:アルバム・タイトルを決めるときが苦労しましたね。自分は言葉を考えて乗せる役割なので、特にアルバムのタイトルって大切じゃないですか? しかも初のフル・アルバムですし。それにこの"The Winking Owl"がどういうバンドなのかが自分の中でまだしっくりきていなかったんです。もちろんインディーズからメジャーになって大先輩とも対バンをして、大きなステージに上がって......突き進んでいる感じはあるんですけど、どういうところが"The Winking Owl"なのか?ということが正直まだわからない時期だったんです。そんな中でも、進化している最中なんだなっていうのがぼんやり浮かんできたのと、他の楽曲で"探す"というワードがいくつかあったので、"進化していく"という言葉を乗せようと思ったんですけど、ちょうどいい言葉が見つからなくて。"Evolution=進化していく"もいいなと思ったんです。でも、それもよく見る言葉だなと。そこで思いついたのが"Bloom=開花する"という言葉だったんです。

-なるほど。

Luiza:"進化していく"って、"ただ突き進む"というニュアンスがあるじゃないですか? "前しか見てない"みたいな。"開花"は自分の良い部分が"自ら咲き始めてる"というイメージがかっこいいなと思いました。ちょうどThe Winking Owlも咲き始めてる瞬間っていうんですかね。バンドにも合ってるからいいなと思っていて。「Bloom」は、挫折について歌った歌詞なんですけど、"挫折"って、もうそこで止まってしまうようなイメージで、私も10代のときに挫折した経験があって"もう音楽やめよう"って1年間やらない時期があったんです。けどそのころの自分を振り返ってみると、挫折した自分がいなければ今こうやって活動してないなとか、音楽に対する思い入れも、挫折するのとしないのとでは違うと思うので、また全然違う景色が見れるんじゃないかなぁ?と思って。挫折したときも、また違う部分で開花して、レベル・アップして、そういう思いから"BLOOMING"と、"ing形"のタイトルにしました。そして曲の「Bloom」は固有名詞的な感じでつけて、アルバム・タイトルとリンクさせようと頑張りました。

-そんな経緯があったんですね。結構、塊でくるアルバムという印象があって、別にエモとかラウドを聴いてない人でもすんなり聴ける作品だなと思いました。

Yoma:うん、そうですね。ジャンルにこだわらずいろんな人に聴いてほしいという気持ちはあるので。

-予想してたよりポピュラーなものになりましたか?

Ranmalu:今作は前の作品と比べたら明るい曲が多くて、前のThe Winking Owlを知ってる人からしたら"あ、明るくなったな"ってイメージは持ってもらえると思うんです。今回は1stフル・アルバムなので、名刺代わりじゃないけど、性別とか年齢とか国籍とか関係なくいろんな人に聴いてほしいです。そういう意味でこういう音楽性になったということもあるし。曲がちょっとタフになったので、塊でドカっと聴こえたという感想は嬉しいですね。

Yoma:でも別に今までやってない音楽ジャンルを取り入れるとか、そういうことじゃなくて、自分たちの中にあるものでどれだけ幅を広げられるか?という感じの作り方をしました。

KenT:スケールはでかいですよね。いろんなタイプの曲があるけど、1曲1曲、大きなスケールをもとに広がってる感じで。やっぱりスケールがでかいと、大きなステージにも行けるんじゃないかっていう期待というか、この曲と一緒にこれからの未来に(笑)、期待できるなと。それを予言するかのようなスケールのでかい楽曲が揃ってると思います。

-全体として見たときにポピュラーなものにすることによって、似たジャンルのバンドの中でも際立つんじゃないかなと思いました。

KenT:ストレート且つシンプルで、すごく洗練されてクオリティが高い作品だと思います。

-改めて、アルバムの中で気に入ってる曲は?

Ranmalu:Track.9の「Walk」では楽器隊が凝ったことをしてて。楽器をやってる人が聴くと面白いと思います。ギターも変則チューニングだし。

Yoma:変則チューニングは初めての試みで、コード進行はシンプルだけど、コードの響きがちょっと変わってるという感じでやってるんですよね。

-なるほど。個人的にはTrack.5「Lust」が新鮮でした。Aメロの地声っぽい部分とか。

Luiza:ありがとうございます。私もすごく大好きです(笑)。このアルバムの中で1、2を争うぐらい好きです。女性はこの曲が好きなのかな?