Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Japanese

Rebirth

新たにギタリストをメンバーに迎え、トリオから4人編成になったカフカが2枚同時リリースだったミニ・アルバムから6ヶ月、早くも完成させた4作目のアルバム。テーマは再生。前作から基本編成にこだわらない音作りに取り組みはじめた彼らが今回挑んだエレクトロなビートやシンセの導入は、海外のシーンに共鳴するインディー・ダンスなロック・サウンドをアピールしながら、それでもなおカフカらしいと言えるナイーヴな歌の数々に結実。震災以降の日本で毎日を生きることを歌ったと思しき全13曲(そこに1つの世界観というか物語を読み取ることも可能だ)。若干うつむき加減ながらも、"美しく醜い"世界を見据えたその眼差しからは再生を繰り返しながら20年後も自分でいたいと願う力強い意思が感じられる。(山口 智男)