Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

Nothing's Carved In Stone

Skream! マガジン 2017年05月号掲載

Nothing's Carved In Stone

Official Site

2017.03.18 @Zepp Tokyo

荒金 良介

"今回は迷いがないというか。4人が振り切ってる"と、8thアルバム『Existence』取材時に村松 拓(Vo/Gt)は言っていた。その言葉を聞いただけで、Nothing's Carved In Stoneの現状はとてもいいんだなと感じたし、今回のツアーはそれを証明する内容だった。

最新作のリリースに伴う"Existence Tour"Zepp Tokyo 2デイズの2日目を観てきた。場内は観客でビッシリと埋め尽くされ、開演を今か今かと待ち望んでいる。18時を少し回ると、SEが流れ、ステージ背面には青と白のライトが煌々と光るなか、村松、生形真一(Gt)、日向秀和(Ba)、大喜多崇規(Dr)の4人がステージに登場。「Like a Shooting Star」で勢いよくスタートを切ると、ゴリゴリのひなっち(日向)のベース、切れ味鋭い生形のギターが飛び出し、観客のテンションは早くもマックスに。オニィ(大喜多)の激しいドラムを皮切りに「YOUTH City」に入ると、村松はエモーショナルな歌声を会場の四隅まで染み渡らせる。メンバー4人がフォワードでありながら、お互いの表情や動きを読み取り、豪快に突き進んでいくバンド・アンサンブルが心地いい。「November 15th」を挟んで、「Honor is Gone」をここでプレイ。インダストリアル・メタル風味のギターが特徴的で、最新作の中でも毛色の違うナンバーだ。個人的にライヴで聴くことを楽しみにしていた1曲でもあり、ヘヴィでダークな楽曲カラーはライヴでも格段に映えていた。また、村松が歌えばNothing's Carved In Stoneになることを改めて思い知らされる曲調だ。

「Rendaman」を経て、ポップ且つキャッチーな輝きを放つ「Our Morn」においては観客もジャンプしてノる姿をたくさん見かけた。それから村松がアコースティック・ギターに持ち替えると、「華やぐ街に向かう君」に移行。もともと弾き語り用に作っていた曲のようだが、バンド編成でもまったく違和感がない。 "踊りませんか?"と声を掛け、「Brotherhood」で会場の一体感を高めたのち、中盤にはスペシャル・ゲストにヒイズミマサユ機(Key)を迎え、「Diachronic」、「(as if it's) A Warning」の2曲を披露。Nothing's Carved In Stoneの楽曲を時にゴージャスに、時にスリリングに色づけする鍵盤の音色にうっとり聴き入ってしまった。

後半に入ると、村松はハンドマイクでステージを動き回るパフォーマンスも増え、時折ステップを踏んで踊る場面もあった。ステージ中央で楽器を持ち、マイクスタンドの前に立つフロントマンの姿も魅力的だ。ただ、村松がアクティヴにパフォーマンスすることで、会場の温度はさらに上がる印象も受けた。彼には人を惹きつける独特なオーラがあり、それがよりいっそう外へ解放され、観客にも伝わっているようだった。"最高のたまんない夜にしようぜ!"と呼び掛け、「Sing」では曲名どおりに"ウォーウォー"の大合唱を巻き起こし、右肩上がりに熱気は上昇! ダンス・フロアのごとき賑わいを見せる「Out of Control」、生形のギターが吠えまくる「Spirit Inspiration」、アンセム感のある「Overflowing」と畳み掛け、本編ラストは雄大な「BLUE SHADOW」で堂々と締めくくった。

アンコールでメンバー4人のお喋りタイムもあり、くだけた表情も垣間見せ、"「Adventures」ができたときに、ピアノ・アレンジどう? って、ひなっちが言ったんだよね。レコーディングもすごかった!"と村松が言うと、再びここでヒイズミマサユ機を迎え、「Adventures」をプレイし、大いに盛り上がった。そして、昨年に続き2年連続で日比谷野外大音楽堂にてワンマン公演を行うことも発表! ますますNothing's Carved In Stoneから目が離せない。


[Setlist]
1. Like a Shooting Star
2. YOUTH City
3. November 15th
4. Honor is Gone
5. Rendaman
6. Our Morn
7. 華やぐ街に向かう君
8. 村雨の中で
9. Brotherhood
10. Diachronic
11. (as if it's) A Warning
12. Prisoner Music
13. Milestone
14. In Future
15. Sing
16. Good-bye
17. Out of Control
18. Spirit Inspiration
19. Overflowing
20. BLUE SHADOW
en1. Assassin
en2. Adventures
en3. Isolation