Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

PAN

2018年02月号掲載

PAN

メンバー:ゴッチ(Gt) 川さん(Vo) ダイスケ(Ba) よこしん(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

PANの楽曲「想像だけで素晴らしいんだ」の映画化が決定! 2018年の春に公開予定のようで、それに伴いユニークなクラウドファンディングも実施中。本当に次は何をやるのか予想がつかないし、ここ最近のPANの動向にはドキドキワクワクさせられっぱなしだ。そして、3曲入りニュー・シングル『ザ・マジックアワー』をリリースすることも決定。今回は映画"想像だけで素晴らしいんだ -GO TO THE FUTURE-"とシリアス路線にフォーカスを絞った今作の楽曲について、メンバー4人に話を訊いた。

-今年春に公開される映画"想像だけで素晴らしいんだ -GO TO THE FUTURE-"のロケ地で取材となりましたが、現在(※取材日は2018年1月23日)撮影はどこまで進んでいるんですか?

川さん:まだ始まったばかりなので、なんとも言えないんですよ。雪もすごく降ってるんで、逆にいいものが撮れそうやなと。映画は僕らもやったことがないので、こんな撮影の仕方なんだって感覚ですね。今回は友達のバンドマンも出てくれるので、みんなが集まってくれるのも嬉しくて。楽しいですよ。自分たちのシーンはまだなので、演技するってどんな感じなのかなと思いますけどね。まぁ、照れてる場合でもないんで。

ゴッチ:自分たちの演技がバチッとハマるかもしれないですからね。

-今はほかの撮影シーンをメンバーで観たりとかしてるんですか?

川さん:この映画と並行して、「ザ・マジックアワー」のMVもここで撮ることになってるんですよ。ほかの撮影シーンを覗きつつ、こんな感じなんやなって。昔、自分たちのMVで演技したこともあったけど、まぁ、ヘタでしたからね(笑)。ただ、そこからは成長しているんじゃないかなと思ってます。

ゴッチ:音楽と映画はどこか被ることもあるのかなと思ったけど、新鮮なことが多いですね。僕はそんなにセリフは多くないけど、そのなかで自分をどれだけ表すことができるかなって。今は楽しみで仕方がないです。さっき四星球の演技を観てたんですけど、バンドマンってある意味器用やなと思いました。

川さん:演じることに慣れてましたね(笑)。

-四星球はちょっと特別じゃないですか?

ゴッチ:ははははは(笑)。

川さん:演じることに慣れてましたね(笑)。

-よこしんさんはどうですか?

よこしん:純粋に面白そうやなと思いますね。まだ演技のシーンは撮ってないんで、このあとどうなるのかなって。少しセリフもあるから、大丈夫かなって不安な気持ちもありますけど。

ダイスケ:映画に関わること自体、そう経験できることではないですからね。バンドをやって、こういう展開になるとは思ってなかったし。今回は映画で役を貰えているので、それは楽しみですね。

-そもそも映画を撮ろうとなった経緯は?

川さん:結成20周年のタイミングで「想像だけで素晴らしいんだ」という曲を作ったんですけど、この曲をいいと言ってくれる人が多くて。ちゃんとしたMVもなかったので、ここで何かしら映像で作ろうと思ったんです。でもただのMVを作るんだったら、そこにストーリーをつけて......みたいな形でどんどんアイディアが膨らんだんですよ。より多くの人にこの曲を知ってほしいという気持ちがありますからね。

-映画だと、これまで届かなかった層に届く可能性が広がりますよね。

川さん:そうですね。3年前に出した曲だから、改めていろんな人に知ってもらえたらいいなと思います。今回バンドマンに出てもらったのも、あの曲をいいなと言ってくれた人に声を掛けたところもあるんですよ。で、この役やったら、こいつやろ! って。もちろん、みんなが役者をやったこともないのは百も承知ですからね。それでもあの映画に出て良かった、と言ってもらえるようにしたいなと。

-そして、今まさにこの映画に関するクラウドファンディングで参加者を募ってますけど、いろんなプランがありましたね。

川さん:以前にもやったことがあるので、メンバー・プランに関してはひとりずつアイディアを出してもらいました。あと、映画を作ることなんてなかなかないから、この大きなプロジェクトに一緒に乗ってもらおうと。エキストラも募集しているので、みんなで作る楽しさを共有したいなと思ったんです。

-ちなみにメンバー・プランに関してひとりずつ内容を具体的に聞いてもいいですか?

ゴッチ:僕のプランに関しては料理ができるわけでもないので、何かに特化したものはないんですけど。ただ、喋るのは好きなので、僕の"ゴッチ プラン"を買ってくれた人にはツッコミチケットを配布しようと。

川さん:そこに特化してんねんな。もし満員電車で渡されたらどうするん?

ゴッチ:今、渡すんかいっ! って。

-面白いですね(笑)。それで1枚使い切ると。

ゴッチ:それが10枚セットになってます。

川さん:エレベーターの中で渡されたら、どうするん?

ゴッチ:喋りにくいわっ! って。

ダイスケ:それは電車も一緒やん。思ってること言うてるだけやん(笑)。

川さん:だから、渡す方のシチュエーションも大事やな。

-チケットを渡す側のセンスが問われると。

ゴッチ:そうなんです。僕はそれも楽しもうと思って。