Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

カノエラナ

Skream! マガジン 2020年01月号掲載

2019.12.04 @渋谷 WWW X

Reported by 吉羽 さおり Photo by 三上 信

2ndアルバム『盾と矛』のリリース日である12月4日、アルバム・ツアー"天歌統一 冬の陣"をスタートさせたカノエラナ。今回のツアーは、初日の渋谷WWW X公演がバンド・セット、その他公演が弾き語り、そして、追加公演の12月27日は、ゲスト・ミュージシャンに同じく佐賀県出身の栗山友里氏(YURI)(たんこぶちん/Gt)を迎えた、スペシャル編成で行われる。バンド・セットによるライヴは、3月にリリースした1stシングル『ダンストゥダンス』時の"カノエラナ 猪突猛進~ひとりじゃないよバンドツアー~"以来で、約9ヶ月ぶり。片山タカズミ(Dr)、木谷将タ(Ba)、弓木英梨乃(Gt)、ながしまみのり(Key)という手練れのメンバーを率いて、相反する感情が背中合わせとなった、リスナーの心情に沿って合わせ鏡のように変化する奥深いアルバム『盾と矛』の世界を、ステージで立体化していった。

『盾と矛』は、めくるめくカノエワールドが幅広いサウンドやアレンジで色づけされたアルバムだ。作/主演/演出 カノエラナによるリアルからシュール、ファンタジーなど、ジャンルを問わない物語が展開し、そのたびごとにヴォーカル、声のトーンや色味も変わる魅惑的な彼女の脳内舞台を楽しむアルバム世界が、目の前で生々しく幕を開けたような感覚である。キャバレー的な妖艶なサウンドによる「1113344449990」は、心地よくシャッフルするビートとグラマラスな鍵盤を纏って、そのヴォーカルはさらにアンニュイに響いた。MCでは"今日はひとりじゃないので、強気モードで"なんてことも語っていたのだが、強力なバンド・メンバーの力を得て、カノエラナワールドをわがままに濃厚に見せている。黒い秘密を暴露する「嘘とリコーダー」も、切迫感のあるアコギのカッティングと、ほとばしる感情を音に写したギターのフレーズやビートとのスリリングなアンサンブルで、観客の心を生々しくざわつかせるものとなっていた。一気にその曲の世界の核心を突きつける鋭さに、どきりとする。アーティスト、カノエラナの成長や進化を感じさせる瞬間だ。アルバム中でも奇天烈なポップ・ゾーンである(こちらのほうが彼女の素に近いものでもあるが)、「猫の逆襲」や「タピオカミルクティーのうた」は、ライヴでも陽性ムードが満点で、"にゃーごにゃーごにゃーご"のシンガロングや"タピタピタタタタッピ"、"タピオカミルクティー"のコール&レスポンスで盛り上がる。フレンドリーな歌に気持ち良くなっていると、うっかり引っかかれてしまうのがまた『盾と矛』というアルバムで、2ndシングルとしてリリースされた「セミ」のグロテスクな痛みや、曖昧でビターな大人の女性の心情がリアルな「最後の晩餐」が、じんわりと聴き手それぞれの古傷をえぐった。聴き手をポップな想像世界に飛び込ませる跳躍力のある曲や、微妙な心の揺らぎを鮮やかに描いて聴き手に時間旅行させる曲が次々と展開される。そんなライヴが楽しく、同時にその底の知れなさが魅力だ。

この日誕生日を迎えたカノエラナ。"おめでとう"コールがフロアから湧き起こるなか、佐賀に暮らす両親に感謝を述べるとともに、"東京に来て6年。佐賀弁は抜けないけれど、この6年は楽しいことや、う~ん......となったこと、いろんなものが詰まりに詰まっていてひと言では言えないけれど。こうして自分が育ってこれたのは、みなさんのおかげ"と観客にも感謝を伝えた。アンコールではサプライズでメンバーが「Happy Birthday To You」を奏で、追加公演で共に演奏する栗山氏がケーキを持って登場し、観客とともに祝うなど、晴れやかなステージに。"なんかファイナル感出てますね"とカノエは語っていたが、ここで得たパワーを燃料に、ツアーへと走り出していった。

  • 1