Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ASCA

2019年11月号掲載

ASCA

インタビュアー:杉江 由紀

阿部真央さんとの対談がきっかけになって、「NO FAKE」が完成するに至りました


-その他にも今作『百歌繚乱』には、過去に配信限定で発表されている「偽物の恋にさようなら with 分島花音」や、作曲と編曲でPizuya's Cellさんが参加されている「アインソフオウル with Ayasa」など、たくさんの楽曲が収録されておりますけれど、ここからは主に未発表の新曲たちについてうかがっていきたいと思います。例えば、11曲目の「NO FAKE」の作詞と作曲を手掛けられているのは阿部真央さんですが、真央さんと言えば、以前に本誌にてASCAさんとの対談を掲載(※2018年6月号)させていただいたことが記憶に新しいです。もしや、この「NO FAKE」はあのときからの縁で実現したものだったりして?

その通りです! 何しろ、私にとって真央さんは神ですからね! 学生時代からずっと大好きですし、3枚目のシングルとして出した『凛』(2018年リリース)のときには、真央さんの「Don't leave me」をカバーさせていただたりもしたんですけど、今回のアルバムでは、あの対談がきっかけになって曲をオファーさせていただくことになりまして、「NO FAKE」が完成するに至りました。本当にありがとうございます(笑)。

-具体的には、その後どのようなプロセスを踏まれていくことになったのですか?

今年の1月に真央さんの10周年記念ライヴが武道館でありまして、それを観にいかせていただいたときに終演後ごあいさつをさせていただいたんですよ。そうしたら、ちょうどその頃に先行配信された「RESISTER」を真央さんが聴いてくださっていたらしくて、"新曲聴いたよ。すごくカッコいいね!"って言ってくださったんですね。その言葉についテンションが上がってしまって、そのまま勢いで"今度アルバムを出すので、ぜひ曲を作ってください!"ってお願いしてしまいました。

-「NO FAKE」は今作『百歌繚乱』の中でも、相当ロックな雰囲気の曲ですよね。

たぶん今までで一番ロックだし、バンド・サウンドが前に出た楽しい曲になっていると思います。真央さんからも"ASCAちゃんがライヴでやったときに思い切り盛り上がれるような曲、そしてファンのみんなも一緒になって、暴れられるような曲を作りました"っていう言葉をいただいてます!

-曲を受け取ったときのASCAさんは、どんな心境になられたのでしょうか。

いやー、感激してまずは泣きましたね(笑)。またひとつ夢が叶っちゃいました。私自身が、真央さんの作られているメッセージ性のこもった曲たちに何度も助けられてきていて、なかなか前向きになれなかったときにも、常に勇気をいただいて背中を押してきてもらっているだけに、この曲からもすごく強いパワーを感じたんですよ。

-曲調もさることながら、歌詞の中に並ぶ言葉たちも非常に力強いですものね。

そうなんです。もはや凶器なのでは? というくらいに強いです。

-鋭利なナイフは使い方を間違えれば危険なものですが、ここでのASCAさんはそれをうまく使いこなす=歌いこなすことで新たな境地を切り拓いているように感じますよ。

わぁ、そう言っていただけると嬉しいです! そもそもこの歌詞に関しては、あらかじめ真央さんとふたりで話す時間を作っていただくことができまして、そのときに真央さんから"ASCAちゃん、最近ムカついてることとか何かない?"って聞かれまして(笑)。まぁ生きいていたらそれなりには私も感じることがあるので、その気持ちを素直に話したんですよ。この歌詞は、そのエピソードも参考にしながら真央さん節を全開にして書いてくださいました。とは言っても、ストーリーそのものはフィクションなんですけどね。

-フィクションだからこその潔さというのもあるのかもしれません。"強引でぞんざいな愛と 決めつける奴、皆、敵(実際)"ですとか"おっかねぇぐらいが栄光 何も言わなくなるまで潰せ"といったくだりは特に圧巻にして痛快です。

普段の私は"おっかねぇ"なんてまったく言ったことないんですけど(笑)、歌っているとこの歌詞はめちゃくちゃ清々しいし、気持ちいいんですよ。レコーディングも、歌に迷いが一切なかったせいか今までで一番スムーズに早く終わっちゃいましたし。とにかく、真央さんにいただいた曲を1stアルバムに入れることができたというのは、大変光栄だなと思っています。

-それから、「Unti-L 〈100S-R2〉 with mizuki」は新たにリアレンジを施した曲になるそうですけれど、こちらの作詞作曲、さらには編曲までを一手に手掛けていらっしゃるのがあの澤野弘之さんとなります。こちらはmizukiさんとのコラボレーションもあいまって、またなんとも聴き応えのある1曲となっておりますね。

私は以前から、澤野さんのプロジェクト SawanoHiroyuki[nZk]で歌われている、mizuki(UNIDOTS/Vo)さんのファンなんですよ。以前にはライヴにうかがったこともあって、そのときに感じたのは"自分とは真逆の歌声だな"ということだったんですね。例えるなら、私が激しく赤く燃える炎のような歌を表現するシンガーだとすると、mizukiさんは青い炎のように静かなんだけれど、熱量は高いっていうタイプの歌を表現される方と言いますか。それ以来いつか一緒に歌えたらいいなと思っていたなかで、今回は以前SawanoHiroyuki[nZk]:ASCA名義で、"機動戦士ガンダムUC"のBlu-ray BOXイメージ・ソングとして発表した「Unti-L」を、このアルバムのために澤野さんがリアレンジしてくださることが決まったものですから、"せっかくの機会なのでmizukiさんと一緒に歌いたいです"というお願いをして、この形が実現したということになります。

-なんでも、レコーディングでは別録りではなく、mizukiさんと共にスタジオに入られたそうではありませんか。

mizukiさんと一緒に澤野さんの曲を歌わせていただいたことで、今回は本来「Unti-L」という楽曲の持っている魅力を、より引き出すことができたような気がしますね。もともとは同じ曲ですけど、「Unti-L 〈100S-R2〉 with mizuki」は、このアルバムだからこそ形にできたものなんじゃないかと思います。


ほんとに普段の自分が感じていることを、ありのままに書いたものです


-さて。今作『百歌繚乱』にはその他にも「偽物の恋にさようなら with 分島花音」や、Pizuya's Cellとのコラボによる「アインソフオウル with Ayasa」、作詞作曲編曲にぼくのりりっくのぼうよみが参加されている「Suspected, Confused and Action」、最新シングル曲「雲雀」など様々なタイプの楽曲が収録されておりますが、それらすべてを締めくくる曲として最後に聴けるのが、ASCAさんの書かれた歌詞が印象的に響く「このメロディに乗せて」です。こちらはあえてデコラティヴな要素を排した等身大のピュアなバラードとして、すんなりと聴き手の胸に響いてくる仕上がりですね。

等身大っていうのは、当たってます(笑)。この詞を書いたり、それを歌っていったりするうえで何よりも心掛けたのは、"嘘がないものにしよう"っていうことだったんですよ。自分が今こうして歌えているのは、応援してくださっているみなさんの存在があってのことなわけですし、みなさんがいてくれたからこそ、自分にとってずっと夢だった1stアルバムを出すということもできたわけですからね。さっきの「セルフロンティア」も、聴き手に対してメッセージを伝えたいという気持ちで詞を書いたんですけど、あれはSakuさんとの共作でもあったので、自分ひとりだけの言葉でファンのみなさんに向けての詞を書いたのは、これが初めてになるんです。

-ASCAさんの辿ってきた過去と今現在、そして未来に向けた想いがここには描かれているのでしょうね。

はい。歌詞の中に、"あの日冷たく見えた東京タワー今は優しく映るから"っていう部分があるんですけど......これは自分が地元から東京に通っていた昔のことと今を対比させて書いたものなんですよ。当時の私からすると、東京っていう街や東京タワーの存在っていうのは、すごく遠くて冷たいものに見えていたんですよね。なんか、あの高い東京タワーから"あなたは歌でなんてやっていけませんよ。早くお帰りなさい"って見下ろされてる感じがしてたんです。

-半ば被害妄想に近いものを感じていらしたのですねぇ。

ほんとあの頃はだいぶ被害妄想を感じてました(苦笑)。でも、それが今は違うんですよ。この歌詞を今回書いていたときにちょうど東京タワーの近くで仕事があって、ちょっと久しぶりに東京タワーを見たんです。そうしたら、もうまったく冷たくは感じなくて。というか、私にとっての東京タワーって東京の象徴そのものでもあって、なんだかんだ言って大好きなんですよね。わりと定期的にTwitterに上げたりしているので、きっとファンのみなさんはこの歌詞を見たら"あぁ"って思ってくださるはずです。

-ASCAさんにとっての東京タワーは東京の象徴であると同時に、ご自身にとってひとつのバロメーターでもあるのかもしれません。

それはあると思います。あれだけ冷たく見えたのが、今は優しく見えるっていうのは、おそらく自分の心が成長したからなんですよね。この歌詞を書いて、そのことに改めて気づけました。ただ、ほんとに普段の自分が感じていることを、ありのままに書いたものなので、それこそ"凛"っていうタイトルの曲もあるくらいで、"凛とした強い女性の歌を歌いたい!"って散々いろいろ言って来た流れもあるだけに、ここにきて「このメロディに乗せて」をみなさんにこうして聴いていただくというのは、ちょっとだけ恥ずかしくもあります(笑)。

-それこそ凛とした強い女性像を描いた歌や、様々な情景を描いた楽曲たちが多々あるなかで、結果的にこのアルバムは「このメロディに乗せて」の存在を受けることで、しみじみと落ち着いた気持ちで聴き終われるところが素敵ですね。

そう感じていただけたなら良かったです。アルバムの前半では代表曲だったり、これまで出してきたシングルの表題曲だったりを並べていって、中盤に入っているデビュー曲の「KOE」までが、私の中では第1章というイメージなんですよ。「Suspected, Confused and Action」からが第2章で、「このメロディに乗せて」で終わるというこの構成にも自分なりにこだわりましたね。だから、みなさんには最後までぜひ全編を通して聴いていただきたいです! "これがASCAだぞ"って言い切れる作品ですし、どこに出しても自信を持てる作品になりました。みなさん、どうぞよろしくお願いします!

-なお、今作『百歌繚乱』のリリースに伴い12月には東名阪でのツアー"ASCA LIVE TOUR 2019 -百歌繚乱-"も行います。ASCAさんとしては、各地にてどのような空間を生み出していきたいとお考えですか?

何しろ、私にとっては初めての東名阪ツアーですからね。ファイナルでは地元で初めてのワンマンをもやることになりますし、ここは阿部真央さんの書いてくださった「NO FAKE」の歌詞から引用して、"起き上がらなくなるまで殴れ"っていうくらいの、ワイルドで力強いライヴをガンガンやっていきたいと思ってます(笑)。たぶんそう思わなくても、私は8割くらいの力加減で歌うっていうことができないんですよ。歌うとなったら常に全力どころかスタッフさんたちから、"ちょっと力が入りすぎだよ?"って言われるくらいの感じになってしまうことが多いんです。でも、今度のツアーはそのくらいでもいいかなって思っていて。この2年間、たくさんのことを経験してきて蓄積してきたパワーを思い切りすべてぶつけたいですね。ツアーに向けて心身を鍛えたくて今ちょうど筋トレもしているところなので、みなさんも覚悟して......じゃなくて(笑)、ぜひ楽しみにして来てください!