Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Newspeak

2019年11月号掲載

Newspeak

メンバー:Rei(Vo/Key) Ryoya(Gt) Yohey(Ba) Steven(Dr)

インタビュアー:TAISHI IWAMI

-「What's Left In Your Mind」の音や演奏も面白いですね。こういうローファイでチルな曲は今までのNewspeakにはなかった。ヴォーカルやベースが少しずれていいグルーヴを生んでいるのは、グリッドに沿って規則的にずらしているのか、フリーで演奏したのか。

Rei:ワンコーラス目のサビまではフリー、2コーラス目の頭7小節はグリッドで、そのあとの1小節はBPMを5くらい落として......。そんな感じですごく細かいんです。全体的にハイな曲が多いから、どこかにチルできるベッドルーム感のある曲が欲しくて、僕が家で弾き語りで作った曲の雰囲気をそのまま残しました。

-そこにYoheyさんのベースやRyoyaさんのギターがすごくハマっています。こういう音の隙間を上手く使った演奏が可能になったことも、バンドが成長した証なのかなと。

Yohey:そこは、ぶっちゃけるとReiが持ってきた段階でベースも入ってたんで、それを弾きなおしてもあの味は出ないから、僕は弾いてないんです。僕とSteven、ふたりのエンジニアで作業すると、どうしても作られたベッドルーム感になっちゃう。だからあえてラフな感じでパッケージにしました。

Rei:2年間やってきたから、Yoheyだったらどんなベースにするか、とか考えてはないんですけど(笑)、自然と影響を受けてるところもあるよね?

Yohey:そうだね。僕みたいなベースを弾いたRei、それを許容した僕。そういう意味ではお互い成長したと思います。

-私の読みが見事に外れたいい話(笑)。1曲目の「Feel Alive」で、この作品がとてつもなくビッグになりそうな予感がして高まった気持ちのまま、Tonyのミックスによる2曲目の「Wide Bright Eyes」で踊って、そのままいいテンションを保ちつつ、この「What's Left In Your Mind」がいい転換になって後半へ。すごくいい展開だと思いました。

Rei:「Feel Alive」は、47都道府県ツアーを象徴している曲で、移動中に音楽だけのことを考えてる瞬間があって、すごく生きてる実感が湧いたんです。パッと気持ちが開けた感じ。"やっと自分の生きていきたい世界決まったのかも! わ~い"って、感じ(笑)。

-真面目なのか無邪気なのか(笑)。そして後半は、Reiさんが"Newspeakらしさ"だとおっしゃっていたシリアスとユーモアの"ユーモア"が爆発します。Danielが手掛けた「Stay Young」も、Yoheyさんはベースを弾いてない。

Yohey:3曲目のタイトル曲と「Stay Young」は、Moogの音が大好きなんで、ベースを弾かずシンセ・ベースを使いました。こういう曲と、生の楽器だけで構成されている曲の、グルーヴの対比とか、いろんなところで面白さが出ているアルバムですね。

-「Shanghai Disco」は、とにかく楽しそうで。

Rei:実は仮タイトルだったんですけど、みんなそこに引っ張られたフレーズを出してきたから、もうそのままいこうって。

Steven:Reiのノリだけで作ったようなメロがめちゃくちゃ良かった。最高に遊び心があるよね。

Yohey:Stevenは、アルバムのことを振り返ると、この曲の話しかしないくらい好きなんですよ。

-海外の人が日本のことを描写したら全員ちょんまげでした、みたいな上海感(笑)。

Steven:そうそう(笑)!

Rei:中国人の友達に聴かせたら"全然、中国でも上海でもない!"って言ってましたから(笑)。

Steven:ベース・ラインもギター・フレーズもドラムも、超シンプルなんだけど完璧。ほんとに大好き!

-遊び心となると、8曲目の「Perfect Trouble」のギター・ソロもすごく好きです。

Ryoya:あれは......、弾いてることは単純なんですけど音がクレイジーで(笑)。

Yohey:ここは完全に狙ってますね。ギターの音ですべてを持っていきたくて。

Rei:ああいうところって、僕が何かしら鍵盤を弾くんですけど、珍しく弾いてないですから(笑)。

-そして締めの「See You Again」は、そんなユーモアとはまた別軸の独特の世界観が。

Ryoya:これはReiと出会ったころに聴かせてくれた曲で、めちゃくちゃ好きなんです。でも、バンドの1枚目として出すにはポップじゃないかなとか、いろいろ考えてたら時間が経っちゃって。今回やっと世に出せて、本当に嬉しいです。

-どんなところが好きなんですか?

Ryoya:雰囲気ですね。デカい。とにかくデカい。

-アルバムも最後にきて、この大きなうねりのある曲を聴いた方々にどんな世界が見えるのか。反応がすごく気になります。

Rei:ここまで重ねてきたことを壊しはしないけど、理解されようとか、こういうことを伝えようとか、まったく考えずに作った曲がデカくなっちゃった感じですね。当時住んでた実家で作ったんですけど、最初のフレーズを弾いてたら姉ちゃんが、"この世の終わりみたいな曲作ってんな"って(笑)。

-私は、そのある意味いびつなフィナーレに痺れました。

Rei:最初から最後まで、シリアスさとユーモアがいい塩梅で入ってると思います。

-"真剣に遊ぶ"って、よく言いますけどまさしく。そして締めるところは締める。

Rei:全部ひっくるめて、すごく人間味のあるアルバムになったと思うんで、よろしくお願いします!