Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

Newspeak

Skream! マガジン 2020年03月号掲載

2020.02.08 @渋谷CLUB QUATTRO

Reported by 吉羽 さおり Photo by Ryotaro Kawashima

昨年11月にリリースしたアルバム『No Man's Empire』を携えた全国ツアーの、ファイナルとなるワンマン・ライヴが東京 渋谷CLUB QUATTROで行われた。アルバム『No Man's Empire』はNewspeakというバンドのサウンド的な視野の広さ、深さ、音楽を楽しみ、新たな音に飛び込んでいく衝動といった思考とアクションとを作品に落とし込んだ作品だ。もともと4人が持つポテンシャルがいい形で引き出され、立体化した作品だろう。このライヴでのMCでRei(Vo/Key)は、今作の制作が、Survive Said The Prophetに同行して回った、47都道府県ツアー"Now more than ever Tour"の最中だったことに触れた。タフなスケジュールだったと言っていたが、この怒濤のライヴの中で感じたこと、得られたこと、めまぐるしい景色の変化やステージでの試行錯誤などを体感しながら、普段とは違った感覚をこじ開けられたり、思考回路が繋がっていったりするような感触もきっとあったに違いない。今作は何か清々しく、クリアになった感覚で音を掴み取っているのを感じる。それがリスナーを受け止めるような、タフで大きな器たる曲/サウンドとなっている。そういったアルバムだけに、このツアー、ライヴでどういうバンドの姿を見ることができるのかが楽しみでしかなかった。

そして、その期待を軽やかに超えるライヴとなったのが、この日のステージだ。この日のライヴ(に限らず今回のツアーもだが)を味わった人は、バンドが変わりゆく、そして、爆発していく胎動を存分に感じられたと思う。個人的に昨年、先述の47都道府県ツアーで、この同じ会場でNewspeakを観ているが、その印象は大きく変わっている。アルバム同様に「Feel Alive」で始まり、Reiが観客の大きな合唱を指揮するようにその声を響かせていく掴みから、いい気迫が漲っている。遊びがありながらも、どっしりと歩みを進めていくようなStevenのドラム、ファットなYoheyのベースと、サウンドの視界を隅々まで広げていく、ワイパーのような役目をするRyoyaのギター・フレーズ。このアンサンブルがしっかりとフロアを捉えていく。『No Man's Empire』の曲は特にライヴでの冴えが抜群で、前半に披露した、新しくも懐かしいシンセ・ポップと、骨太なロック・サウンドが溶け合ったタイトル曲「No Man's Empire」や、多彩なテイスト、ジャンルを歪に織り交ぜながら、エキゾチックにまとめ上げたダンス・チューン「Shanghai Disco」などは、バンドでよりフィジカルに練り上げられていて観客もヒートアップ。また、エモーショナルなメロディによる「What's Left In Your Mind」では抑えた演奏での表現で、静かに深く観客に問い掛けていく。中盤は新旧の曲を織り交ぜ、これまでの馴染みある曲もどんどんアップデートしながら、現在進行形のNewspeakを示していった。また、後半の「Lake」では、盟友であり今回のツアーでもゲスト出演していたSurvive Said The Prophetから、ベースのYudaiがステージに飛び入り、Yoheyからベースを受け取りプレイ。そして、勢いそのまま感情を解き放っていく3曲「Changing Shapes」、「Stay Young」、「See You Again」で、高い熱量で充実したツアーを締めくくった。アンコールでは、5月に代官山UNITで企画イベント"Weightless 2020_#01"を開催することを発表。思いを形にする自分たちの場を作り上げていく、新たなNewspeakが始まりそうだ。

  • 1