Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Crispy Camera Club

2019年08月号掲載

Crispy Camera Club

Crispy Camera Club

Official Site

メンバー:ミサト(Vo/Gt) 稲本裕太(Cho/Gt) 中根トモヒロ(Ba) りんすけ(Cho/Dr)

インタビュアー:秦 理絵

海外インディー・シーンの匂いを漂わせた京都発の男女混成バンド Crispy Camera Clubが、2ndミニ・アルバム『ROMA』を8月7日にリリースする。前作『SWAG』から約10ヶ月。新ギタリストに稲本裕太が加わり、4人編成となった彼らが鳴らすのは、THE BEATLESからスピッツまで、自分たちが影響を受けた古今東西のカルチャーを鋭敏な感性と音楽愛でサンプリングするように作り上げた瑞々しいポップ・ミュージック。ミュージシャンである以前に熱心なミュージック・ラバーである彼らだからこそ、楽器やコーラス、ミックスの細部までこだわったという今作で、彼らは最高にロマンチックな音楽の旅に出る。

-新メンバーとして、稲本裕太さんが加入しましたね。

中根:結構年が離れてるんですよ。7個上ぐらいなんです。

稲本:小学校もかぶってないぐらいの年の差ですね。

-Crispy Camera Clubには、これまでもサポートとして関わっていたんですよね?

稲本:前作のミニ・アルバム(2018年10月リリースの『SWAG』)のレコーディングからサポートをしてるので、一緒にやるようになってからは1年半ぐらいですね。

-加入に踏み切ったきっかけは何かあったんですか?

りんすけ:いずれ正式メンバーになってほしいなと思って、ずっとサポートをやってもらってたんです。だから迷ってたのは発表の時期だけなんですよ。今、(稲本は)東京に住んではって、私たちは関西にいるので、"どうしよう?"って思ってたんですけど、稲本君が"やりたい"って言ってくれたので。ぜひお願いしますって感じですね。

ミサト:稲本君はサポートのときからやってくれてることが、すでにサポートのレベルではなかったんです。レコーディングにも参加してくれてたので。

-稲本さんは、もともと別のバンドをやってたんですか?

稲本:ギター・ヴォーカルをやってました。それが休止してしまって、次はソロで何か始めようかなっていうタイミングだったんです。自分が歌わずにリード・ギターでバンドをやるのは初めてだし、曲を作らないっていうのも初めてですね。

-稲本さんから見て、ぜひCrispy Camera Clubと一緒にバンドをやりたいと思えた魅力はなんだったんですか?

稲本:今まで僕が経験したことない、バンドの楽しみ方をしてるのが面白かったんです。

-それ、もう少し詳しく説明できますか?

稲本:うーん......ここは僕のほうが知識を持ってるけど、でも、ここは僕には出せないなっていうのを、それぞれが持ってるんですよ。それが合わさったときにCrispy Camera Clubっぽさが出る瞬間があって。もっとこれを練り上げていきたいなと思ったんです。

-逆にメンバーから見て、稲本さんを新ギタリストに迎えたいと思ったポイントはどんなところだったんですか?

中根:音楽的なところで言うと、ずっと歌ってきた人だから、ギターを弾くにしても、歌心があるフレーズが多いんです。そういうのが僕らにハマってるなと思います。

ミサト:フレーズにインディー感もあるんですよね。

りんすけ:ギタリストとしての魅力ではないんですけど、歌えるっていうことが大きいんですよ。ミサトと稲本君の歌が絡んでるのがいいなと思ってて。まだ今作では、そこまで出せてないんですけど......。

-「BIG EASY」では、ミサトさんと稲本君が一緒に歌ってますよね。

りんすけ:そう。これからは、もっとふたりの歌とか、中根君や私のコーラスも増やして、4人が歌える曲が増えていったらいいなと思います。

-バンドとして、表現できることの選択肢が増えていきそうですね。

稲本:そうですね。言い訳っぽくなっちゃうかもしれないけど、今まで僕はギターをバッキングしかやってこなかったから、ギターは下手クソなんです。でも、上手い、下手じゃないところで貢献できるものがあるかなと思って、(Crispy Camera Clubに)参加することにしたんです。もちろん上手いことも大切だけど、それはいいバンドの一要素でしかない。それ以外のアレンジとかで自分らしさを出していきたいんです。

中根:そもそも僕らは技術的なことに頼るタイプじゃないんです。アイディアで曲を良くしていきたいから、そういう意味でも、稲本さんはハマったのかなと思います。

-Crispy Camera Clubと言えば、90年代のインディー・ロックを彷彿とさせるサウンドですけど、そこは稲本さんも好きな音楽性ではあるんですか?

稲本:もともと歌モノのキャッチーな音楽が好きなんです。バンドだと、PAVEMENTとかTHE SMITHS、AZTEC CAMERAとか。どっちかと言うと、アメリカの音楽の影響が大きいんですけど、UKも好きですね。

-正式メンバーになったことで、『ROMA』のレコーディングでは何か変わったことはありましたか?

稲本:もともと僕は『SWAG』のレコーディングをするにあたって、ギタリストがいなくて呼ばれたんですね。そのとき、ミサトさんはほんのり知ってたけど。他のふたりはスタジオで2、3回会っただけで、ほぼ初対面だったんです。サポート・メンバーだしまだそんなに距離が近いわけでもないし、自分の意見は言うべきじゃないと思って黙ってたぶん、今回は無限に自分の意見を言ったんですよ。

-どういうことを言ったんですか?

中根:主にミックスですね。実は、前作と今作は、やってることはそんなに変わってなくて、ミックスの違いが大きいんですよ。音のバランスに関して、(稲本は)すごいこだわりがあって。

りんすけ:すごかったよね(笑)。