Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ザ・コインロッカーズ

2019年06月号掲載

ザ・コインロッカーズ

ザ・コインロッカーズ

Official Site

メンバー:絹本 夏海(E.Gt) 松本 璃奈(Vo) 有働 優菜(Key) 森 ふた葉(Dr)

インタビュアー:宮﨑 大樹

-ちなみに、レコーディングの演奏も選抜メンバーのみなさんが参加しているんですか?

有働:CDに収録される音源は私たちが演奏しています。

-初のレコーディングという方がほとんどだと思いますけど、やってみてどうでした?

森:めっちゃ楽しかったです。"あ、自分プロ・ミュージシャンや"みたいな(笑)。ヘッドフォンをしてレコーディングするじゃないですか? それが夢だったんですよ。あとでレコーディング風景の動画も観たんですけど、"自分の演奏がCDになるんや、プロなんや"って、実感がまたじわじわと湧いてきました。

絹本:私は、先生が真横にいて、教えてもらいながらやっていました。"コードはこっちの方がいいんじゃない?"とか、その場でコードを変えながら演奏していて、初レコーディングは本当に大変でした。

有働:緊張はしましたね......。私も当日にフレーズが変わることが結構あったので、臨機応変に即興でやる力が大事なんだなと、そういう力を身につけていきたいなと思いました。

-ヴォーカルで意識したことはありました?

松本:私はもともと声が低いっていうのもあるんですけど、歌い方の癖として、歌がこもりやすいというか、声の方向が下に行きがちなんです。だから、まずは声のトーンを上げるために口角を上げたりとか、明るく引っ張るような感じを意識して歌ったりしました。

-空を見上げて歩いているような情景が浮かぶ曲なので、そういうヴォーカルの表現が生きていますよね。楽器隊のみなさんはどうでした?

森:結構早く終わったんですよ。練習の積み重ねがレコーディングで発揮できたかなって思っているんですけど、今後は1発テイクでOKが出るように、もっと練習して、安定したリズムが叩けるようになるまで練習していきたいなっていう目標は見つかりました。

有働:私もすんなりいった方ではあるんですけど、細かいフレーズが多いんですよ。そこで躓いてしまうことも多かったし、その場で足したフレーズもブルースっぽくて難しかったです。

絹本:家で練習してきたので弾けないコードとかはなかったんです。だけど、緊張もあって出しきれなかった部分があったので、レコーディングを機に、もっと頑張ろうって思えました。

-絹本さんはギターを始めてどれくらいでレコーディングだったんですか?

絹本:3~4ヶ月です。

森:CDになるもんな、それが。3~4ヶ月でCDデビューって、すごいよ。

-そのとおりですよね。そしてこの曲のミュージック・ビデオをロンドンで撮影したとのことで。

絹本:まずロンドンっていうことがすごすぎて。

有働:5日前とか、撮影の直前にロンドンに行くって聞いたんですよ。

森:"パスポートあるの?"って聞かれていたので、ウキウキはしていたんです(笑)。飛行機に13時間くらい乗ってね?

-撮影はいかがでした?

松本:ミュージック・ビデオは太陽が出ているときに撮影していたんですけど、ロンドンの空はまさに"憂鬱な空"って感じで。気候が変わりやすくて大変でした。

森:私はロンドンで何回も何回も自転車に乗ることになって(笑)。なかなかOKシーンが撮れなくて、いろんなところで自転車に乗らせてもらいました。

有働:自転車に乗るのは、本当は私だったんですよ。でもあまりに運動音痴で、自転車に乗る姿が様になってなさすぎて急遽交代することに(笑)。乗れないことはないんですけど――

森:よろよろでしたね(笑)。でも、日本にはないロンドンの風景や、オシャレさ、空気感が見どころになっていると思います。

-そんな「憂鬱な空が好きなんだ」を昨日"GirlsAward"で初披露、バンドとしても初ライヴだったわけですけど、率直に今振り返ってみてどうですか?

森:幸せって感じ(笑)。

有働:緊張はみんなしてなかったかな? ちょっとしたくらいですね。

-初ライヴでちょっとしか緊張しなかったんですね、すごい。

松本:合宿、MV撮影、練習ってずっと一緒にいたので、その安心感であんまり緊張しなかったように感じます。

森:ファミリー感というか、みんながいるからいい演奏ができるっていう感じだったのですごく楽しめました。

-初ライヴの会場が幕張メッセという。

松本:3万人の前で(笑)。

有働:お客さんの顔もしっかり見えていたんですけど、手拍子してくれる方とか、笑顔で観てくれる方もいて。それがすごい嬉しくて、楽しさに繋がりましたね。

-手応えも良かったと。

森:はい。ファンの方が増えてくださっているといいです。ね?

松本:うん。直後にドラマの放送もあったので、反響があると嬉しいです。

-自分たちの曲がドラマで流れるっていうのもなかなかできない経験ですもんね。実際ドラマもご覧になってます?

松本:はい。初回放送のエンディングでイントロが流れたときに、"うおぉぉ"って(笑)。ドラマを観ているときに、いつ流れるんだろうってずっとドキドキしていました。曲が流れて、自分の声が聴こえたときに"ついにこの日が来たんかぁ"みたいな。デビュー・シングルでドラマのタイアップってなかなかないことだと思うので、改めて感動しましたね。

-そんなデビュー・シングルを携えて、ライヴハウス・ツアー"ザ・コインロッカーズ SHOWCASE LIVE"がスタートします。約150公演ということで、何かと規格外なバンドで(笑)。

一同:(笑)

松本:初めてのライヴハウス・ツアーということで、"GirlsAward"で知ってくださった方にももちろん来ていただきたいし、たくさんの方に知っていただけるようなツアーにしたいなと思っています。

有働:私たちを知ってくれているお客さんやファンの方の前でライヴをするのは初めてになります。12月23日のZepp Tokyoに向けて成長していけるようなツアーにしたいです。

-バンドの目標はZepp Tokyoのソールド・アウトですもんね。

森:私たちを目当てに来てくださっている人だけでZepp Tokyoをいっぱいにできるくらいまで、積み重ねていきたいと思います。

-それぞれにソールド・アウトの公約が発表されていて。

森:ありますね(笑)。なんやったっけ?

絹本:"カエルを手の平に乗せて愛でます"。

松本:"ツナを1年間禁止にします!"。ツナが大好きなんです。

-公約って、ソールド・アウトしたらってことですか?

森:いえ、ソールド・アウトしなかったらですね。いわゆる罰ゲームなんです。

-そういうことなんですね。有働さんの"1週間コーヒーのみながら配信します!"っていうのが、ちょっとよくわからなくて(笑)。

有働:コーヒーがめちゃくちゃ苦手で(笑)。苦いのとか、香りもダメなんです。みんなで"スタバ行こう"とか言っても、あまりときめかなくて。だから、そうならないようにツアーで修行します。