Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

とけた電球

2018年12月号掲載

とけた電球

メンバー:岩瀬 賢明(Vo/Gt) 境 直哉(Key) 高城 有輝(Dr)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

ポップだがひと筋縄ではいかないサウンド、オーセンティックなメロディ・センス、自身の恋愛観を飾らず綴った歌詞などが持ち味のバンド、とけた電球。新体制初のリリースとなるEP『STAY REMEMBER』で彼らは"メンバー全員が作詞作曲に携わる"という大きな挑戦に踏み出た。収録曲の中にはこれまでになかったタイプの楽曲もあるが、作者の人柄が滲み出たような温かさは健在。その結果、"新しい、けど初対面な感じはしない"という絶妙な温度感の作品が生まれたのだ。このバンド特有の人間臭さはそもそもどこから来ているのだろう。メンバー3人に話を訊いた。

-今回の作品はどういうきっかけで制作が始まったんですか?

境:最初に「覚えてないや」という曲があって――というかその曲を出したいからCDを作ろうっていう感じだったんですよ。なので、そこを中心に他の曲を作っていったっていう流れですね。

-「覚えてないや」という曲に対してそれほどの可能性を感じたと。

岩瀬:僕としては別に"作ってやったぜ!"みたいな感じはなかったし、数ある曲の中のひとつだったんですけど......。

境:でも僕は初めてこの曲を聴いたときのことをすごく憶えていて。今まで僕らの曲を聴いてこなかった人にも届きそうな曲なのかなっていう印象がありましたね。だからMVを作って、広く発信するのに向いてる曲なのかなと。

高城:僕は単純に、今まで岩瀬が書いてきた曲とはちょっと違うなぁっていう印象がありましたね。例えば「いらない」(2015年リリースの1stアルバム『最初の恋のように』収録曲)とか、これまでは陰と陽で言う"陰"の要素があるような曲が多かったと思うんですけど、「覚えてないや」に関してはかなりストレートな歌だなと感じて。そういう意味でかなり間口の広い歌なのかなと思いました。

境:なので、J-POPの先輩方の曲をいろいろ聴いたり分析したりしながら、アレンジを組み立てていきました。

-境さんが作詞作曲した「ロードムービー」もポップな仕上がりですよね。

境:そうですね。例えば今までの僕らだったら、バラードか、1曲目に収録されている「新鮮な身体」のような曲をリード曲に選んでいたと思うんですけど、今回は最初から「覚えてないや」がリードとして中心にあったので、こちらとしても作りやすかったというか。僕のもともとの趣味というか、やりたいように作ったものがバンドの方向性とも重なっていたので、すごく前向きに作れたのかなと思います。


僕、ミスコンの女子大生になりたいんですよ。若くてかわいくて人前にも出られるなんて、すごいじゃないですか


-1曲目の「新鮮な身体」は岩瀬さん、高城さんの共作曲です。

高城:僕がスタジオで"こんな感じのビートで曲を作りたい"とみんなに伝えて、そこに、岩瀬がストックしていたコード進行を組み合わせていって。それが最初のきっかけでしたね。アルバムの中でもちょっと毛色の違う曲ができたかなと思ってます。

岩瀬:歌詞は基本的には僕が作ってて、テーマも僕が決めてたんですけど、うまい言葉が見つからないときに"もうわかんないから高城が作って"って頼んだりはしました。その中にいいフレーズがあったから、それを抜いて入れ込んで、そのあとまた僕が続きを作っていって......みたいな感じでしたね。

-ちなみに高城さん発案のフレーズはどれですか?

岩瀬:2番にある"能無しのショーウィンドウ"っていうところですね。

-そこなんですね。かなりパンチが効いてるじゃないですか。

高城:いや、メッセージ性というよりかは、ちょっと変な言葉を入れたかったというか、語感で遊ぶようなことを意識して作った部分で。

-そうなんですね。自分たちのいるバンド界隈というか、シーンに対するフラストレーションを表現した曲なのかと思ってました。

岩瀬:いや、そんなこと言えないです、おこがましいです(笑)。この曲は......僕、ミスコンに出るような女子大生になりたいっていう気持ちがあるんですよ。ああいう女の子のことは好きじゃないんですけど――

高城:でも、ちょっと憧れがあるんだよね。

岩瀬:そう。若くてかわいくて人前にも出られるなんて、すごいじゃないですか。僕もそういう生まれ持ったものが欲しかったなって。来世では1回そういう人になって、その気持ちを味わってみたいですね。

-要するに注目されたい、愛されたいということですか?

岩瀬:そうですね。そのふた言にまとめられると相当あれですけど(笑)。