Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

キミノオルフェ × 東市 篤憲

2018年07月号掲載

キミノオルフェ × 東市 篤憲

キミノオルフェ

Official Site

キミノオルフェ:
A4A:東市 篤憲(代表) 松永 つぐみ
インタビュアー:杉江 由紀 Photo by 上溝恭香

-それでは、今回はせっかくの機会ですので、ここからは蟻さんがこれまでに撮られてきた6本のMVについて、東市監督に少しずつコメントをいただいていきたいと思います。まずは、「バックパック」についてはいかかでしょうか?

東市:これが一番始めに撮ったやつですよね? これ、最初に撮ったものとしては相当クオリティ高いですよ。正直、びっくりしました。

蟻:わぁー! 嬉しい(笑)。

東市:キャストというか役者さんを使って演出してみるということが、この短い尺の中でもショート・ムービー的な感じでできていますからね。構成とストーリー、キャストの感情表現を出す、ということをすべて映像として上手く仕上げているなと思います。

蟻:このときは、撮る前に役者さんのオーディションをしたんですよ。何人かの中から、川口(和宥)君という方にお願いすることになったんですけど、その段階で、もともと用意してあった絵コンテを彼のイメージに合わせて描き直したんですよね。自分が想像していた以上に、曲の雰囲気に彼の存在感がマッチしてくれたので、さらにそこを生かせるように、絵コンテの方を合わせていきました。それが良かったのかな。そして、"かわいい男の子を撮る"っていうのが、たぶん私の中の性的な何かを震わせたんでしょう(笑)。

東市:へぇー、そうだったんだ。テンション上がったんだねぇ。たしかに、撮ってる人物に魅了されるっていうのはあるからね。わかる、わかる。

-撮る側と撮られる側の相性が、作品をより良いものにすることもあるということですね。では次に「光速スピードシューター」に関しては、監督はどのような印象をお持ちになりましたか?

東市:変わったメガネをかけた女の子が出てくるやつだっけ。

蟻:ちょっとギャグというかコメディ要素を入れてみたんです、これは。先生に片想いをしている地味な女の子が、"見返してやる!"みたいな気持ちからどんどんかわいくなっていく、みたいなストーリーになってます。

東市:蟻ちゃんが女の子を撮ったのは、これが初めてだったでしょ? 女性目線から女の子を撮った感じが、自分のポイントとはちょっと違ってそこが面白いなと思いました。

蟻:女の子を撮るときは、"この子のファンが観たときに、どこでどうキャーッ! って思うんだろう"みたいなことを想像しながら撮りましたね。ラストに、振り返ってウィンクしてペロッって舌を出すシーンとかも、"あんな表情をされたい!"ってきっと思うんじゃないかなと予想しながら、あれをやってもらいました。

-半ば、あざといくらいのとてもかわいい表情ですよね(笑)。

東市:たぶん俺だとここはいろいろ考えすぎちゃうと思いますね。それこそ、"ここまでやっちゃうとあざとすぎるかな?"とか(笑)。でも、蟻ちゃんが、自分の思うかわいい女の子像をここまで思いっきりストレートに撮ってるところが非常にいいです。

蟻:役者さんと仕事をする時は、撮影の前にカフェでお茶をしながらお話しをするようにしているんですよ。そうすると相手のキャラクターを知ることもできますし、私も相手がやりたくないことはしたくないので、相手がどんなことに挑戦したいのかということも聞きながら、具体的にどう撮っていけばいいのかを練っていくことができるような気がします。この「光速スピードシューター」に出てくれた女の子は、16歳だったんですけど、話したときにすごい新鮮でしたね。歌詞の中に"伝えられなかった言葉を"という一節があるんですけど、"言えないことってなんですか? 私はないです"って言われて(笑)。

東市:へぇー。それは面白いな。

蟻:あまりに純粋でまっすぐで、その言葉を聞いたときに私は自分の内面にある穢れや闇を強い光で照りつけられたような気持ちになっちゃって。いやー、自分もそういうピュアな気持ちで臨まなきゃなって思いましたね(苦笑)。