Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

HEADLAMP

2018年08月号掲載

HEADLAMP

メンバー:平井 一雅(Vo/Gt)

インタビュアー:秦 理絵

"君の人生だよ 君が指揮をとれ"という力強いメッセージが貫かれたタイトル・トラックで幕を開ける、HEADLAMPのニュー・ミニ・アルバム『タクトを振れ』が完成した。初のフル・アルバムとなった『ON THE GROUND』から1年ぶりとなる今作には、失敗や悲しみも積み重ねてきた過去と、大きな夢を託す未来と、その狭間にある"今"という時間の中で、自分自身の命を全力で燃やそうという熱い想いが込められている。制作の過程には納得のいく曲を作れない時期もあった。だからこそ自分自身と向き合い、改めて"音楽を楽しむ"という原点へと立ち返った今作について、ヴォーカル 平井一雅に訊いた。

-まず、前作『ON THE GROUND』(2017年リリースの1stフル・アルバム)リリース後のツアー(2017年7月から11月にかけて開催した"『ON THE GROUND TOUR 2017』~おーいこっちだよ!夏を賭けて翔けて駆け抜けろ!~")の手応えから訊かせてください。かなりの本数を回りましたよね。

そうですね。ツアー・ファイナル(2017年11月26日に心斎橋BRONZEで開催)に向けて、うちの社長に"生まれ変わる気でやれ"って言われてたんですよ。

-そう言われて自分の中では飲み込めたんですか?

いや......ムズいなって思いました。どう生まれ変わればいいのかわからんくて。終わってみても、正直言うと、生まれ変わった感はないんですよ。爆発的に動員が伸びたわけでもないし。でも積み重ねられたものはあると思うんです。みんなが今までより深いところまで、HEADLAMPの音楽を聴いてくれるようになったというか。

-それはどういうときに感じるんですか?

相談してくれる子がいるんですよね、自分の悩みとかを。それで、"あ、そういう立場になれたんやな"と思ったんです。『ON THE GROUND』に込めたことっていうのは、"負けたと思ったら、そこが敗北やから"みたいなことだから。そういう部分まで聴いてくれた人と、ちゃんと繋がりを作れてるのかなと思いましたね。

-自分の悩みって誰にでも相談するものじゃないですもんね。

俺も、あんまり人に相談しないんですよ。曲で解消していくところがあるから。だから相談してくる子に対しては、どれだけ本気で答えてあげられるかっていうことが大事だなと思いますね。"就職どうしたらいいですか?"とか聞かれるんですよ。でも、俺就職したことないから、"どうしたらいいんですか!?"って思うんですけど(笑)。

-そう聞かれて、どうやって答えるんですか?

ちょっと抽象的なんですけど、"どこでも生きていけるよ"って伝えるんですよ。ここじゃないとダメっていうのは、ほんまに好きなことで見つけるべきやけど、就職するっていうことには嫌なこともあるし。嫌なことでも、どうにでもなるもんやし。

-"ここだけしかない"って、あんまり自分を追い詰める必要もないというか。

そう。っていう気持ちで、"面接では君の良さを出せばいいんじゃないか"っていう話をしたりしますね。俺が学生のときは、"大会があるので勇気をください"とか相談されたこともあったから、年をとったなぁあと思いますけど(笑)。

-何せ10年目のバンドですからね。ちなみにツアー・ファイナルになった、心斎橋BRONZEと渋谷のTSUTAYA O-Crestは見事ソールド・アウトをして。

ギリギリでしたけどね(笑)。自分たちとしてはかなり挑戦だったので。

-どんなライヴになったと思いますか?

この9年は無駄じゃないんだなと思いましたね。普段の生活で達成感を味わうことって、あんまりないじゃないですか。でも、みんなで達成できたのが嬉しかったんです。俺らは"ついてこい!"っていう感じじゃなくて、みんなで乗り越えていきたいんですよね。肩を組んで歩いて行けるような。そういうことを感じるライヴでした。

-そういうツアーを終えて、リリースされるミニ・アルバム『タクトを振れ』ですけども。リード曲の「タクトを振れ」は軽快なリズムがリードする、バンドの新機軸ですね。HEADLAMPのリード曲って、毎回新しいアプローチでくるから驚かされます。

ありがとうございます。それが自分たちのやりたいことなんですよね。ジャンルではなく、HEADLAMPっていうジャンルになっていきたいから。