Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チーナ

2016年12月号掲載

チーナ

メンバー:椎名 杏子(Vo/Pf) 柴 由佳子(Violin) リーダー(Gt/microKORG) 林 絵里(Contrabass) HAPPY(Dr)

インタビュアー:石角 友香

-今回のアルバムに至るキーポイントしては、椎名さんの個人的な悩みが結構大きいわけですね。

椎名:ははは! なんかそうなってますね。

リーダー:もう常にじゃないですかね? チーナを始めてからこの人はずっと悩んでて。

-それは椎名さんの出自がクラシックで、ルーツ・ミュージックとかソウルを消化してるミュージシャンを見ると自分の中にはないと感じるわけですか?

椎名:やっぱり新しいものや、自分で"あ、これ初めての感じだな"っていうものを探してるから、いろんなアーティストの曲を聴いて取り込みたいなっていうのはいつもあるんですけど。最終的に、そんなに器用でもないから、私は私のものしかできないんだってところに行き着くんですよね。

-でも今回、楽曲として逡巡したままの曲は入ってないと思いますよ。

椎名:そうですね。歌詞とかも前の方が暗かったりしたんですけど、以前はその先にきっと希望があるからと思ってたところがあって、甘えもあったから、暗い歌詞が平気で書けてたんですね。でも、それこそHAPPYはまだ20代ですけど、私たちは30代になって、もうどうしようもないなって思うことって人生においていろいろあるじゃないですか(苦笑)。それに、絶対に明るい未来があるとは限らないってことを考えると、暗い歌詞を書いたってしょうがないし、っていう気持ちが今はすごくあって。もともと今回のフル・アルバムは、明るい作品を作りたいっていうのは絶対的にあったんですけど、それは、ほんとにつらいときは明るい曲が聴きたいだろうなと思ったからなんです。

柴:(椎名は)もともと歌詞と人間性がリンクしてる人で、"この人こんなだったんだ"とはならないというか(笑)。で、表向きには厳しいことを言うんですけど、根底にあるものが優しいなと思うことが多くて。それが、前作まではすごく考えて、裏とかを探さないと優しさが見つけられなかったんですけど(笑)、今回はわりと優しさが上の方まで来て、伝わりやすくなってるんじゃないかなって印象があります。

-そして、特に柴さんと林さんの楽器の使い方がさらに自由になったなって気がしてるんですけど。

柴:それはチーナフィルで作品を作ったことも結構大きいと思います。今までは、ストリングスっていうヴァイオリンの扱いに対して、ちょっと敵対視というか、"私ひとりでやれるもん"みたいな強がりがあったんですけど、チーナフィルをやることによって、"これひとりでやったら面白いかもな"とか、ひとりということで制限があるのが明確になったぶん、すごく自由にできるようになって。「ラスト15分」(Track.10)のアウトロも、10人ぐらいでやったらめちゃくちゃいいと思うんですけど、"ひとりでやっちゃお"みたいな覚悟ができたのは、私にとって、チーナフィルと両方やったことでできたすごい差だったと思います。

-林さんはいかがですか?

林:昔より楽譜を書かなくなりましたね。昔はほんと、最初に全部決めてやってたんですけど、最近は書かない方が新しいことができるときが多かったので、レコーディングの直前に書くぐらいの感じで。正直、楽譜を書くのが面倒っていうのもあるんですけど(笑)。アレンジしてるときに細かく決めなかったのが、前とは結構変わったかなと思いましたね。

-前作以上に、いわゆる"弦が入っていてアコースティックな要素のあるバンド"というイメージでは括れない作品になりましたが、今後どういう場やシーンに乗り込んでいきたいですか?

椎名:フェスにいっぱい出たいです。でもなんか、やっぱりチーナでは太い音楽をやって行きたいとCDを作って思いました。自分たちが思ってたよりも、チーナはサウンドとかが濃いというか。もうちょっとアコースティックっぽくなっちゃったり、それこそ小さくまとまっちゃったりするのかなと思ったら、全然そうじゃなかったんですよね。

林:最近の売れてるバンドさんのCDとか新しい曲を聴くと、チーナとはタイプが全然違うんですよね。でも、結果的にやっぱりチーナはこういう人たちだし、最先端のオシャレなバンドではないんで。だからダメだとかは全然思わないし、さっき椎名が言ったように、常に新しいものを目指していろんなことをやっていって、そのうえで私たちは結局こうだっていうことが今、チーナというバンドの流れなんだと思います。

椎名:でも、わかってほしいって気持ちは絶対にあって。歌詞に関しても、みんなが聴いて、もっと普通に"いいな"と思ってもらえるものにしたいっていう気持ちは前よりもどんどん増していってますね。