Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チーナ

2016年12月号掲載

チーナ

メンバー:椎名 杏子(Vo/Pf) 柴 由佳子(Violin) リーダー(Gt/microKORG) 林 絵里(Contrabass) HAPPY(Dr)

インタビュアー:石角 友香

-HAPPYさんは今、自分の中で盛り上がっているビート感とかありますか?

HAPPY:椎名さんが出したのかわからないですけど、"この曲のドラムはどんなの?"って話になったときに1回、mouse on the keysの名前が出て。で、Akira Kawasakiさんみたいなドラムを叩けって言われて、"え~っ!?"ってなりました。

椎名:ははは! 言ってた、言ってた。

HAPPY:恥ずかしいことなんですけど、まだ自分の中のドラムがすごく固まっている段階ではなかったので、あっちこっち行ってるときにそれを言われて。それで一生懸命、ポスト・ロックっぽさ、男らしさを――

-男らしさなんですかね(笑)。テクニカルな感じはしますけど。

HAPPY:そうですね(笑)、テクニカルな感じになるようすごく頑張りました。

-エレクトロニカからスケールが大きくなっていくのはTrack.6「魚」ですね。あのアイディアはどなたですか?

椎名:あれはリーダーですね。microKORGでやり始めて、"ピアノじゃないんだよね"って話になって。

リーダー:身も蓋もないことを言うと、ああいう音が聞こえただけなんですよね(笑)。

椎名:何、神様みたいなこと言って(笑)。

リーダー:いや、ほんとそうで。音が聞こえて、最後にうわーっていくイメージがあったんですけど、それをどう持っていくかは結構悩みました。

柴:自分で言うことじゃないんですけど、この曲は歌詞がいいので、そこは書いておいてください(笑)。私が道を歩きながら聴いて、泣いた曲なんで。"椎名って、こんなにいいこと言う人だっけ?"みたいな(笑)。

-ホーリーな始まり方をして、生身な感じで広がっていくところが好きです。

リーダー:敵対心じゃないんですけど――チーナフィルがあって「魚」ができて、そのフィル・アレンジが簡単に浮かんじゃったんですよね。でもそれをしたくなくて、このアレンジに持っていったところもあります。

-あと、主人公の気持ちっていう意味ではTrack.7「キャラメルの包み」は泣けますよね。

椎名:それは最後に作ったんですけど――

リーダー:味噌汁みたいな曲にしたかったんですね。いいことを言ってくれるなら何でもよかった、みたいな(笑)。

椎名:フル・アルバムだから入れたいし、入れられる曲ですね。あと、間奏でヴァイオリンとmicroKORGがユニゾンするところがあるんですけど、それも今まではあんまりなかったなっていうちょっとシュールでクールな感じで、やってて楽しかったです。

-大きく物事が動く歌詞じゃないけど、心情が浮かびます。

椎名:私、小説が好きなんですけど、特に女性が書いてるものが好きなんです。一番好きな作家は角田光代さんで、あとは江國香織さん、川上弘美さんとか。女感っていうか、ちょっとした言い回しが好きで、「キャラメルの包み」はその感じを意識しました。あと、ROTH BART BARONと対バンで一緒になったときに、えっちゃん(林)がすごく好きだと言ってて、ちょうどそのとき私もROTH BART BARONのCDを車で聴いてたんですね。それで、"やっぱり車で聴く音楽っていいよな"と思って、車で聴いてる感じをイメージして作りました。

-林さんは昔からROTH BART BARONが好きなんですか?

林:一緒に出演したフェスで初めてライヴを観て好きになっちゃって。その場でCDを買うなんてことは全然しないんですけど(笑)、ギリギリ閉まりかけの物販に行って買いました。

-わかります。求心力のあるライヴですもんね。そしてインストのTrack.5「Schwarzwald」では椎名さんが豪快にピアノを弾いています。

椎名:この曲は、"ほんとにCDに入れるの?"って最後まで言い続けて。

HAPPY:悪ふざけみたいなもんだと思って作ってた曲なので。

椎名:実は、柴ちゃんはヴァイオリンで1回、LUCKY TAPESのサポートをしたんですけど、私は面識がそんなになくて。でも、ああいうバンドが好きで、ヴォーカルの高橋 海君のソロ・ライヴも観に行ってすごく才能があるなと思ってたんです。そのころ、自分からは新しいものが出ないなって曲作りで悩んでて、ふざけて作った曲が「Schwarzwald」で(笑)。めちゃくちゃクラシックで、キラキラ感もない、なんか泥臭い感じですね。結局こういうのしか出ないというか(笑)。半分ふざけて作ってリーダーに送ったら、"まじで良い曲作ったね。天才だ"みたいに言ってたよね? すっごく褒めてくれて、ますますわかんなくなっちゃって(笑)。